« ソマリア難民 | トップページ | テリート400mm/F6.8は楽しい »

2011年9月25日 (日)

引き伸ばしレンズはすごい高性能レンズ

_dsc0149
 NEX-5Nを買ってからレンズ遊びにはまっているが、行き着いたのは引き伸ばしレンズ。今までも撮影用に使うと近接の性能はいいという話は聞いていたのだけれど、開放でピントを合わせて、絞って撮影するという一眼レフカメラでは使い難いため、使ってみようとは思わなかった。また現在入手しやすいベローズでは大体100mmぐらいで無限遠が使えるため、蛇腹も長くなるしベローズも大きくなる。
 しかし、ライツベローズⅡとNEX-5Nとの組み合わせは違う、この教会の写真はELニッコール50mm/F4で撮影している。さすがに無限遠は出ないが、このくらいの距離なら撮影できる。
_dsc0094
 この写真は犬山市にある明治村に保存されている明治時代の写真館で撮影したもの。人口光源がまだこころもとない時代のため、自然光がきれいに入るように設計さらた自然光スタジオだ。そこで撮った次男の海斗。ELニッコール75mm/F4で撮影。これだけ美しい描写の写真はほんとうに久しぶりに撮った。
_dsc00062
 そして圧巻なのがライカの引き伸ばし機フォコマートの専用レンズフォコター50mm/F4.5だ。夕方着いたために昼間のテストができなかったので室内で蛍光灯下で娘を撮ったが、ものすごいシャープネス。レンズを変えたときからそれまでとのコントラストや色抜けの違いが目で判った。仕事で使うキヤノンのEFレンズでこんなシャープな写真撮ったことがない。
 引き伸ばしレンズは、中距離ぐらいまでの撮影で、明るさが必要のない場所であればものすごい高性能だ。それこそズミクロンやプラーナーを超えているでしょう。そしてそんなレンズが数千円から、外国製品でもせいぜい1、2万円で入手できる。でもレンズは単純な構成で無理に明るく作っていない物ほど性能がいいはずだ。その典型が引き伸ばしレンズだ。
 うーん。これはちょっとはまってしまうかも。


|

« ソマリア難民 | トップページ | テリート400mm/F6.8は楽しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 引き伸ばしレンズはすごい高性能レンズ:

« ソマリア難民 | トップページ | テリート400mm/F6.8は楽しい »