« 何が隠れているのかな? | トップページ | ジャンクレンズで撮るのが楽しい »

2011年11月24日 (木)

ジャンクレンズ遊びが楽しい

 ミラーレス一眼を使うようになってレンズ遊びが楽しい。
 これの大きな理由がレンズの性能がそのまま出るからだと思う。昔はあるレンズを使いたかったら、そこの会社のボディを使ってフィルムで撮るしかなかった。写真の出来にはレンズの描写も関係するが、同時にボディの性能、たとえばファインダーの精度や、ファインダースクリーンのピントの合わせやすさ、またフィルムの平面性、ミラーの上下によるショックで発生するブレ。こういったものがレンズの性能を損なっていて、結局カメラボディの性能が良い会社のレンズほど、写りが良いという評価に繋がっていた。
 それの最たるものがM型ライカだと思う。標準レンズまでのピントは連動距離計で精度が良く、ミラーがないからブレも少なかった。
 アダプターを使って色々なレンズで遊んでいるが、楽しいのが中古屋の店頭で転がっているジャンクレンズ。1,000円から2,000円ぐらいで売っている古いレンズだ。しかし、これらの描写が侮れない。
_dsc56402
 これはどんな中古屋にも転がっている。ペンタックスのスーパータクマー55mm/F1.8。私のは1,500円だった。開放で手持ちで撮った写真を、画面の2割ぐらいにトリミングしたアップだ。画面右側が黄色いのは蛍光灯のフリッカーのせい。
 このレンズはカニ足という工具があれば、レンズユニットだけを簡単に取り外せるので、ヘリコイドを利用したくて2つ購入していた。1つはそうやって今はベス単レンズのヘリコイドと化しているが、もう一本はバラす前に写真を撮っておこうと思い撮ってみたら、これがなかなか凄く良い写り。開放からそこそこシャープでボケ味も肌の描写もとても綺麗。1,500円の描写とはとても思えない。というか最近の高級レンズにこの描写ってないんじゃないかなあ。
_dsc0010
 そしてこちらは、今日980円で購入した望遠レンズ、ミノルタ オート テレ ロッコールPF 135mm/F2.8。1,050円の値札が付いていたがドラゴンズの優勝残念セールで割引があって、980円だった。フィルターも買えない値段。
 ところがこの980円レンズで写してみると、これがなかなか良い。赤い色の出が良い傾向があるようで、紅葉に向けるととても綺麗。2絞りぐらい絞っているがとてもシャープでなだらかな階調。これだけ写れば文句ない。

 ミラーレス一眼は、実はカメラ業界にはとても恐ろしい革命になる可能性がある。というのは、60年代からのカメラやレンズの進歩を否定してしまうことにもなりかねないからだ。60年代からのカメラは、いかにミラーが付いたカメラで正確にピントと露出を合わせ、ぶれずに写真が撮れ、さらに狙った瞬間が捉えられるか、ということを軸に進化してきた。
 しかし、その最前提の「ミラーがついたカメラ」の部分が取れてしまうのだ。
 するとピントと露出が正確にあって、ブレずに、狙った瞬間が撮れれば、もう今の高級一眼レフと最新レンズは不要になってしまうのだ。これはカメラメーカーにとってはとっても恐ろしいことかも知れない。ミラーレス一眼の背面液晶をタッチして部分拡大してのピント合わせの精度はAFを遥かに超える。スポーツ以外でAFの必要なんてないんじゃないということにも気付いてしまう。そして高感度が平気で使えるので手ぶれ補正の必要性も感じない。ちなみに琴子の写真はISO6400、紅葉はISO1600で撮っている。
 980円でこれだけ写るレンズが転がっている時代に、20万円の高級ズームレンズを買う理由ってなんなんだろう。


|

« 何が隠れているのかな? | トップページ | ジャンクレンズで撮るのが楽しい »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャンクレンズ遊びが楽しい:

« 何が隠れているのかな? | トップページ | ジャンクレンズで撮るのが楽しい »