« ジャンクレンズ遊びが楽しい | トップページ | 名古屋に雪が降った »

2011年12月 3日 (土)

ジャンクレンズで撮るのが楽しい

 ミラーレス一眼で使うレンズだが、最近はまっているのが古いミノルタのロッコールレンズ。なんといっても中古価格が安い。ミノルタのレンズはフランジが短いために、他のデジタル一眼レフにアダプターで使用することができないために中古価格が安くなっている。でもミラーレス一眼ならこれが使える。
 そしてさらにカビが生えていたり、問題があるジャンクレンズが格段に安い。
_dsc5676
 これはMC W ロッコール24mm/2.8 ライカのエルマリート24mmに採用された銘レンズでもある。フィルターに当たりがあるため格安(5,000円ほど)で購入できた。性能はさすがに素晴らしい。ミノルターライカMーNEXと二つのアダプターを使っているが、ライカMーNEXのアダプターは台湾製のヘリコイドを内蔵しているものを使用している。これだと17cmまで近接ができる。素晴らしい広角マクロになる。
L1a
 これはなんと1,000円購入したロッコールTC135mm/4。プリセット絞りの古いレンズだが、自動絞りでないがためにきれいな円形絞りが採用されている。カビだらけだったが、3枚玉なので比較的簡単にすべての玉を清掃できた。とてもシャープな写り。
_dsc5934_2
 これも同様に1,000円で入手したMCテレロッコール200mm/3.5。後玉と前玉にカビがあったが、それぞれを清掃したら綺麗になった。このレンズもとても素晴らしい写り。
 このジャンクレンズで綺麗な写真を撮るのって、なんかとても気分がいい。レンズの分解清掃は古いロッコールレンズの場合はヘリコイドと絞りリングを外さなければ結構簡単にできる。ネットで分解例の写真を見て、1、2本ジャンクレンズをダメにして練習すればコツが判ると思う。

|

« ジャンクレンズ遊びが楽しい | トップページ | 名古屋に雪が降った »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャンクレンズで撮るのが楽しい:

« ジャンクレンズ遊びが楽しい | トップページ | 名古屋に雪が降った »