« XF55-200mmで運動会を撮る | トップページ | 画質には「美しさ」や「繊細さ」が重要 »

2013年5月27日 (月)

Really Right Stuffのプレート&グリップ

Dscf9378

 注文していたReally Right Stuff のX-Pro1用のグリップ+プレートが届きました。XF55-200mmを付けた状態では、これが使い易いだろうと思っての注文です。フジ純正のグリップだとSDカードやバッテリーの脱着ができないので、ここのプレートがいいですね。
 グリップ感はさすがに素晴らしいです。望遠レンズを使っての操作性は格段に増します。ケチして1個しか注文しなかったのですが、これならもう一つのボディやX-E1用も欲しいなあ。
 新しもの好きの私はRRSも早かった。多分日本では最初の方だと思います。カナダのカメラマンから教わり、彼に買ってもらって、カナダで受け取ったのを覚えています。その時に長野五輪をやっていたから1998年ですね。
 当時のRRSはただの鉄工所の親父さんで、日本からはFAXでやり取りしていたのですが、色々親切に質問に回答してくれていました。クレジットカードが使えなかったので、郵便局で郵便為替(マネーオーダー)を作って送付していました。
 XF55-200mmで先日の運動会を撮るような時には、外付けの光学ファインダーを併用しています。私が使っているのは古い日本光学製の35-135mmズームファインダー。大きさがズームで可変する倍率変動型のファインダーです。覗く位置によって視差が出たりするので、慣れが必要ですが、動体のタイミングは取りやすくなります。

|

« XF55-200mmで運動会を撮る | トップページ | 画質には「美しさ」や「繊細さ」が重要 »

コメント

こんばんは!私もライカを使っていた時の光学ファインダーをX-E1で使っています。レンズといい昔からの財産の活躍できる環境を作って下さったフジに大感謝です。XF55-200mmは入手してませんが、真剣に検討してみます。

投稿: もやし | 2013年5月27日 (月) 23時04分

もやしさん
 XF55-200はライカで撮れなかった望遠が撮れるようになるので、とても便利です。画質は間違いなく素晴らしいです。
 X-E1に光学ファインダーっていいですよね。

投稿: 小原玲 | 2013年5月28日 (火) 02時06分

小原様
旅先でBlogを拝見して、さっそく戻ってきてからRRS社のXE-1用グリップを注文し、手元に届いたところです。純正グリップよりも握りやすいし、バッテリー交換も楽になりました。
実は2台のXE-1に純正グリップをつけてしばらく旅に出ておりましたが、途中でグリップは外してしまいました。というのは大容量のメモリーを使っていても、バッテリーだけはどうしても撮影途中で取替えが必要になり、気がせいている時には、グリップを外すちょっとした手間が気になるからでした。
ただXE-1とRSS社のグリップの組み合わせでは、カードの出し入れにちょっと気を使います。バッテリードアーがX100のようにベースプレートと平行に開くようだと、カードの出し入れが楽になりもっと使いやすいのですが、XM-1でもこの問題は解決されていないようですね。
小原さんのご活動の範囲がどんどん広がっているようで、それに合わせるようにBlogの話題も多彩になってきました。毎回楽しく愛読させていただいております。どうかご自愛下さい。中原

投稿: 中原英二 | 2013年7月 2日 (火) 05時00分

中原さん ありがとうございます。
このグリップとても使い易いですよね。純正品に穴を開けてバッテリー交換できるようにしようと検討した人もいるのですが、中にステンレスプレートが入っているので諦めたそうです。

投稿: 小原玲 | 2013年7月 3日 (水) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Really Right Stuffのプレート&グリップ:

« XF55-200mmで運動会を撮る | トップページ | 画質には「美しさ」や「繊細さ」が重要 »