« X-E2の魅力(3)「カタログデーターにはない魅力」 | トップページ | X-A1ってお母さんカメラに最適に思えます »

2013年10月20日 (日)

α7,α7RとNEX6+Speed Boosterのどっちが魅力あるか

 SONYの新製品のフルサイズミラーレスα7、α7Rが話題ですが、同時開発された純正レンズの開放値が暗いのが気になっています。
 35mm/F2.8, 55mm/F1.8という単体レンズとF4のズームが同時発表されましたが、フルサイズの一眼レフの世界では、さすがにかなり暗い開放値で、アマチュアでもあまり使わないような開放F値です。なんで小型の35mm/1.4, 50mm/F1.2にしなかったのかな?と。それなら正直富士のXシリーズよりも魅力が出ます。せめて、なんで35mm/2や50mm/1.4にしなかったのだろう? 実際先行していたレンズ一体型のRX-1は35mm/F2なのですから。
 それに標準レンズが50mmでなくて、55mmというのも気になります。なんで5mm伸ばす必要があったのか。この5mmって昔一眼レフにミラーボックスがあるが故に増えた5mmです。それなのにミラーがないカメラにこの5mmがある。55mmは実際には誤差値を含んでもう少し実焦点距離が長い可能性もあります。
 もしかしてセンサー周辺画質をあげるためには、開放値を暗くして、焦点距離をちょっと長くしないといけなかったのかなと、うがった見方をしてしまいます。いや、そうなのかも知れません。
Dscf6816
 だとしたらこのSpeed Boosterを使ったAPS-CサイズのNEX6(知人のカメラです)とどっちがメリットが多いのかなと思っていました。こちらなら50mmのF1.4の開放のボケ味がそのまま使えます。それこそSONY純正でAマウントレンズがAFが作動するSpeed Booster風のレデューサを作って、NEX6からローパス抜いた方が、α7やα7Rよりミラーレスならではのメリットが大きいのではないかなと思ってしまいます。
 もちろん高画素数、フルサイズセンサーのメリットも画質に現れます。多分にα7Rはそうとう綺麗な絵を出してくると思っています。でも少なくともたとえば建築物やインテリアや風景を撮るカメラマンで、すでにニコンD800Eを持っているプロがα7Rに移行するメリットって何かある?と思ってしまいます。軽さと引き換えに単体レンズを暗くするデメリットがあるかぎり移行できないのではないだろうか?
 どうせ新レンズをいっぱい出すのだったら、何も明るいレンズが作れない?Eマウントにこだわらなくて、もっと未来を見据えたフルサイズミラーレスにふさわしいマウントで出せばいいのにと正直思いました。

|

« X-E2の魅力(3)「カタログデーターにはない魅力」 | トップページ | X-A1ってお母さんカメラに最適に思えます »

コメント

初めまして。何時も楽しませて頂いております。と云うか勉強させて頂いています。
小原先生の作品やブログから影響を受け、今年の頭からXE1,X20,XPro1と買い、現在はPro1とRX1rを中心に自己満足の世界を楽しんでおります。α7rが出まして、デザインは兎も角、内容は略思っていた通りで、直ぐ予約しようかなと思ったのですが、同時発売の35mmがF2.8だったので躊躇しております。本当に、何故F1.4にしなかったのか。専用レンズが来年の春までに数本揃うようなのに、残念です。
もし35mm/F1.4,50mm/F1.2などのレンズが同時発売されていたら、コンパクトでフルサイズ、価格もペイ出来る範囲。きっと小原先生もα7r二台体制もお考えになったのではと思いましたが、如何でしたでしょうか?取り止めのない初米になってしまいました。今後も宜しくお願いいたします。

投稿: 湖のそばで | 2013年10月21日 (月) 02時09分

α7rはマウントアダプターを介してほとんどすべてのMFレンズの母艦機です。
すなわちレンズ遊びのマシン。
いままでとても高価なライカM(90万)しかなかった分野に20万円のマシンが参入というわけです。
それだけでもとても意義があると思います。

投稿: KY | 2013年10月21日 (月) 08時58分

湖のそばでさん
 どうもありがとうございます。35/1.4, 50/1.2だったらとても興味を持ったと思います。ただし、現在使っている富士のX+Speed Boosterではすでに35/1.0, 50/1.0として、フルサイズのF1.4のレンズが使えています。
 なので画素数とセンサーサイズ以外は、かえって性能ダウンになってしまいます。またフルサイズミラーレスの欠点で、新開発のためにレンズが非常に高価ということもあります。
 F1.0で撮れているのに、あえてF1.4やF1.2にするために支払うのには、レンズが高価すぎると思います。
 ミラーレスのメリットには一眼レフに比べて、機材が安くなるということがありますが、今回のフルサイズミラーレスはそれが出来ていません。55fmm/1.8の10万円近い値段はとても払えません。中古のプラナーの50/1.7なら1万円ちょっとで買えます。しかもSpeed Boosterで使えばF1.3でそれを使えます。

投稿: 小原玲 | 2013年10月21日 (月) 12時43分

KYさん
 こんにちは。はい、私もNEX5nユーザーですからそれを期待していました。ところが、純正レンズが35/2.8や55/1.8ということは、このカメラのセンサーがマウント遊びに適さないということを示しているようなものです。
 APS-Cのクロップで使う分には今までと同等でしょうが、フルサイズで使うと周辺の画質が非常に悪いと思います。特に広角やバックフォーカスが短いライカMのレンズは、フルサイズでは使い物にならないものが多いでしょう。だから純正でもこんな暗いレンズしか作れないのです。
 あまりこのことをはっきり書くのは酷だと思って、実はブログ記事ではボカして書いていました。マウント遊びができず、純正でも35/2.8とか55/1.8のレンズしか使えないようなマウントなら、いっその事、新マウントにしてしまえばいいのにと思った次第なのです。
 またはSpeed Booster方式の方が、Mレンズは使えませんが、マウント遊びでの周辺画質の劣化は押さえられるので、それの方がレンズも安くなり、よっぽどミラーレスメリットが多いと思ったわけです。

投稿: 小原玲 | 2013年10月21日 (月) 12時50分

小原様

 つまらない、独り言のようなコメにご丁寧なお返事有難うございました。又、ダブって送信してしまいお手数をおかけいたしました。プラナー50/1.7も買って、フォクトUWH12mm,SWH15mmをMーEアダプターを付けて楽しみたいと以前から思っていたのですが、、。でも、ちょっと思い切って買って使ってみます。使ってみて駄目なら”次に期待”でもいいかなと。使ってみた印象など又報告出来ましたらさせていただきます。有難うございました。これからも勉強させて頂きます。

海斗君がすっかり大人びて来てビックリしました。これからが楽しみですね。
(”XF23mm/1.4Rは文句無しに銘レンズ”でのポートレートを見て)
私は常々、小原様はカメラだけで家庭を築き、お子様を立派に育てられている事に頭が下がる思いでいました。
立派な事だと心から敬意を感じておりました。これからの益々のご活躍、楽しみにしております

投稿: 湖のそばで | 2013年10月21日 (月) 14時45分

湖のそばでさん
 どうもありがとうございます。
 もう素直にカメラのテストモデルをやってくれるのが、発達障害のある海斗だけなんです。上と下はもう面倒くさがって。
 α7、α7Rの新型センサーは多分にいい絵を出してくると思います。なので購入する価値はあると思います。

投稿: 小原玲 | 2013年10月21日 (月) 15時51分

友達に小原さんのブログを教えてもらい、毎日観させていただいてます。
これからも宜しくお願いします。
貴重な情報源です笑

私もスピードブースターの購入を検討していたので参考になりました。
X-PRO2がどのようなカメラをだしてくるのか、某電気屋店員によれば、a7と同じフルサイズミラーレスの可能性もあるとかないとか…
その辺も踏まえて購入に踏み切りたいと思います。
これからも勉強させて下さい笑

今後のご活躍、影ながら応援しております。

投稿: 初カメラ | 2013年10月29日 (火) 22時02分

初カメラさん
 どうもありがとうございます。
 私はSpeed Booster をとても愛用しています。これがあるとフルサイズセンサーよりもAPS-Cの方が魅力あるシステムに思えます。
・1EV明るくなるのは凄いこと、レンズの代金に換算したら数十万円の価値。
・写りは中央部は縮小されるために、よりシャープに写る。
・連写や書き込みなどはAPS-Cの方が早い。
・特に富士のX-E2にはデジタルスプリットがある
こんな理由です。

投稿: 小原玲 | 2013年10月29日 (火) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: α7,α7RとNEX6+Speed Boosterのどっちが魅力あるか:

« X-E2の魅力(3)「カタログデーターにはない魅力」 | トップページ | X-A1ってお母さんカメラに最適に思えます »