« X-E2 ならスポーツも撮れる | トップページ | X-A1の「美肌モード」を試してみました »

2013年10月28日 (月)

X-E2 電源オフでも絞りとシャッタ−速度が判るのがいい!

Dscf0014

 富士フイルムの二つの新型カメラ、X-E2, X-A1のインターフェイスの違いです。X-E2の方は一番目立つダイヤルがシャッタ−速度と露出補正になっていて、絞りの数値もレンズで読めます。X-A1の方は逆に数字がなく、撮影モードの選択になっています。
 これはX-E2が絞りやシャッタ−速度をコントロールするプロやハイアマチュアの用途、X-A1が露出がどうこうとか考えないで写真を撮りたい一般の方の用途を想定しているからでしょう。 でも他社のカメラではプロやハイアマチュアを想定しているようなものでも、X-A1のようなインターフェイスになっているものもあります。これには閉口しています。私ならとても仕事のメインでは使えません(サブでは使えます)。
 私たちが写真を撮る時には、今カメラの絞りとシャッタ−速度が何になっているか?ということを認識していることがとても重要だからです。それはカメラの電源を入れる前からすでにです。
 私たちが選択したいのは、PかAかSかMかではなく、その先の「絞り5.6」とか「シャッタ−1/180」とかの具体的な数字なので、P, A, S, Mのダイヤル選択だとさらにもう一つ選択をしないといけないので、2アクションになってしまいます。
 X-E2の方式ならPにしたければ両方をAに、絞りを決めたければ決めたい数字にセット。その際にシャッタ−をカメラに決めてもらうのならA、自分で決めるのならその数字と、直感的に選ぶことができ、しかもカメラでの電源がオフになっていてもそれが判ります。今はプロ用一眼レフでも電源がオフなら数字が判らないのです。
 絞りやシャッタ−が直感的に見えるかどうかは撮影スタイルにも影響します。私はライカR4、R6をメインに使っていた頃には、露出は絞りを優先的に決めることが多かったです。ところがその後EOSを使うようになったら、なぜかPにすることが増えてしまいました。「PはプロフェッショナルのP」とか冗談で言っていました。Pでも露出が当たるということもあったのですが、一番の理由は電源をオフにしている状態で、シャッタ−や絞りが判らないのが不安で、電源をオンにしてすぐにシャッタ−を切ってもPなら失敗が少ないからでした。
 ところがX-Pro1やX-E1を使うようになって、私はまた絞りを優先的に決める撮影に戻りました。レンズの描写がとても良く、開放近くの絞りの選択でどんどん写真が変わるという面白さがあるからでもありますが、絞りが電源をオフの状態でも見えるというのが大きいです。
 私がぶらさけている富士のXシリーズを見て、触るプロカメラマンの友達が購入するきっかけになる理由で多いのは、この絞りとシャッタ−の数字が電源オフでも見えることです。「やっぱりカメラはこうでなくては」とプロの多くが言います。
 そうそう、このカットはXQ1で撮影、とてもシャープでびっくりしました。

|

« X-E2 ならスポーツも撮れる | トップページ | X-A1の「美肌モード」を試してみました »

コメント

X-E2+XF55-200mmの写真。
インパクトが強いですね。
決してコンパクトカメラには見えない。
ぜひ今度、Xpro-1と55-200、18-55を付けた写真もアップしてください。
出来れば何か比較出来るもの、文庫本などとともにお願いします。

一眼レフに比べて小さいと思っていたけど勘違いでした。
それほどX-E2+XF55-200mmのインパクトは大きかったです。

投稿: うら | 2013年10月28日 (月) 16時05分

うらさん
 そうですか。55-200mmは200mm時には、焦点距離と同様の200mmの長さになります。この焦点距離よりも全長を縮めるズームレンズは、構造上画質が悪くなりますから、私はこれの方がいいですね。
 お望みの写真ですが、ちょうどその組み合わせのものが過去のブログ記事にあります。文庫本はありませんが比較対象の物はあります。
http://reiohara.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/x-pro1-x-e1-8b3.html

投稿: 小原玲 | 2013年10月28日 (月) 16時14分

こちらのエントリーにとても共感しましたので、思わず凄く久し振りにコメントします。

1年程前にX-Pro1を初めて見て最初に惚れた部分がコレです。他のメーカーではほとんど無いですよね。シャッターダイヤルと露出リングが同時に存在するデジカメ。
私はプロでもハイアマチュアでも無いので露出の感覚はかなり曖昧ですが、このエントリーに書かれていることを最近久し振りに実感しました。…と言ってもPro1やE1,E2では無く、学生時代に使っていて四半世紀振りに引っ張り出した初代F-1なんですが。それにしてもマニュアル機の使い易さを、写真を撮っている時では無く、カメラを持っているときに実感したのは新鮮でした。と言うかすっかり忘れていた感覚でした(しかし昔はクソ重いと思っていたF-1も、最近のデジイチと比べるとなんとコンパクトで軽いことw)。ちなみに私もデジイチをいつもPにしていますが同じ理由です。

Pro1を知って早々にデジイチから乗り換えようと思ったのですが、諸事情(主に金欠)により、今はPro2を心待ちにしているところです(チルト式モニターとWi-Fiとコマ落ち少ないEVFが追加されれば充分!)。
ホントにもう、デカくて重いデジイチ持って歩くのが嫌で、普段一番使うカメラがiPhoneアプリだったりするのが泣けて来ます。日常、綺麗に何かを撮りたい瞬間に、大抵カメラを持っていないというジレンマ…。

投稿: moriy | 2013年10月29日 (火) 20時31分

moriyさん
 私も初代F-1を使っていました。プロになった最初の頃もまだそれを使っていました。雑誌でデビューしたときにはニコンでしたが。

 ほんとX-Pro1になってから、なぜかPで撮ることがなくなったなあと思い、考えてみたら電源オフの時でも、数値が見えるからなんですね。
 持ち歩けてこそのカメラだと思います。一眼レフはどこかで間違った方向に進化してしまったのではと思っています。フィルムの頃には、一時は今のX-Pro1ぐらい小さいボディもあったのですから。

投稿: 小原玲 | 2013年10月29日 (火) 21時07分

早々に返信コメント頂き恐縮です。

小原さんも初代F-1ユーザでしたか。私はF-1の後はEOS10、デジイチ移行時にNikonに。ただ、F-1だけは処分出来ず押入の肥やしになっていたのですが、去年引っ張り出して来てNEOPANを入れてます。

カメラの携行性の件、実は素人こそ…と思ってます。撮影の為に出掛けることなんてほぼ無いですから。だからと言っていくら高性能/高機能でもコンデジ一台に集約出来ない。やっぱりカメラ好きなんですね。

ずっと一眼レフを触っていたこともあり、レンジファインダー機はノーマークでX-Pro1に気付くのが遅かったのですが、「これこそ!」と一目惚れでした。

投稿: moriy | 2013年10月30日 (水) 11時21分

moriyさん
 私は今でも一番好きなボディはX-Pro1です。スピードや操作性はX-E2の方がはるかにいいのですが、手に持った時の安心感がいいです。また光学ファインダーならではの撮影もありますし。

投稿: 小原玲 | 2013年10月30日 (水) 23時33分

あと、ボディの金属の質感もPro1の方が断然好みです。撮影と無関係ですが…w

投稿: moriy | 2013年10月31日 (木) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: X-E2 電源オフでも絞りとシャッタ−速度が判るのがいい!:

« X-E2 ならスポーツも撮れる | トップページ | X-A1の「美肌モード」を試してみました »