« X-E2, XQ1が発表になりますね | トップページ | X-E2の魅力(2)「新技術はどうして富士からばかりなの」 »

2013年10月19日 (土)

X-E2の魅力(1)「キビキビ、サクサク、ランランラン♫」

 X-E2, X-A1, XQ1と3つの新しいカメラが富士フイルムから発表になりました。私は発表会で販売店むけのトークをした関係で、一足先にX-E2の試し撮りをしていました。実は先日の北海道のアザラシ記事ではX-E2の試作機で望遠撮影して撮っています。
 X-E2は外見は液晶が大きくなったなあ、シンクロ用の1/180秒シャッタ−がついたな、後はどこが変わったのかなあといった感じで見ていたのですが、EVFを覗いて、周囲をパチパチと撮っただけで、すぐに好きになりました。
 今までの富士のXシリーズのカメラに少なからずあった、もったり感がなくなりました。なので、もうサクサク撮れます。X-TransCMOSという演算処理の負荷が大きいセンサーを使っている以上、ベイヤーセンサーのカメラに比べて、処理速度を早くするのは大変なのはずなのですが、もう遜色ないスピードです。というかむしろ他社のミラーレスよりもキビキビ、サクサク撮れます。
 そして、Xシリーズのカメラに共通している、撮った画像を再生しながら、コマンドダイヤルを押して画像を拡大したときの喜び「こんなにシャープに写っているのか」は当然X-E2にも引き継がれています。このボタンを押して画像を見て、嬉しくなって「ランランラン♫」という気分がとても嬉しいです。
 今までは「モサモサ、ノッソリ、ランランラン」だったのが、「キビキビ、サクサク、ランランラン♫」になりました。

|

« X-E2, XQ1が発表になりますね | トップページ | X-E2の魅力(2)「新技術はどうして富士からばかりなの」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: X-E2の魅力(1)「キビキビ、サクサク、ランランラン♫」:

« X-E2, XQ1が発表になりますね | トップページ | X-E2の魅力(2)「新技術はどうして富士からばかりなの」 »