« X-E2の魅力(1)「キビキビ、サクサク、ランランラン♫」 | トップページ | X-E2の魅力(3)「カタログデーターにはない魅力」 »

2013年10月19日 (土)

X-E2の魅力(2)「新技術はどうして富士からばかりなの」

 そして、特筆したいのが富士のXシリーズだけの新技術です。X100sから搭載された「デジタルスプリット」はレンズ交換ができるX-E2で、いよいよ本格的に使うことができます。純正レンズでの使用のみならず、古いMF時代のレンズでもピント合わせが、迅速に行えます。ほとんどの場合は、拡大しなくてもこのスプリットで合わせられます。そしてさらに慎重に合わせたいときには拡大して、精度をあげることもできます。
 また点像復元の機能が付き、絞りを小さく絞ったときの画質劣化がなくなりました。これは風景などをパンフォーカスで撮るときには欠かせない技術です。それが富士のXシリーズにしか入っていません。
 デジタルスプリットに隠れて目立ちませんが、X-E2の「ピーキング」はとても優秀です。先の超望遠での北海道のアザラシの撮影では、スプリットよりもピーキングを多用しました。アザラシの体には直線がないからです。他社のミラーレスのピーキングはビデオカメラの技術を流用しただけなので、写真で使うにはちょっと精度が悪くてかえってピンぼけを作ったりしたのですが、富士のピーキングは写真撮影用に新規に作られた技術です。これを信用してしっかりプロのピント合わせができます。
 オートホワイトバランスの優秀さは富士のカメラの特徴です。これは他社のカメラから移ったプロカメラマンはびっくりします。
 つくづく思います。なぜこういったデジタルカメラの新技術はいつも富士フイルムからばかりなのだろう?と。最近の他社のカメラの発表はほとんど、「センサーが大きくなりました、画素数が増えました」だけなのと大違いです。
 こういった新技術がデジタルカメラをどんどん便利にしていくのですから。もう画質は今のXシリーズで十分なのです。展示会で飾られていた畳3畳の大きさに引き伸ばされたプリントを見て、これ以上をなぜ望む?と思います。

|

« X-E2の魅力(1)「キビキビ、サクサク、ランランラン♫」 | トップページ | X-E2の魅力(3)「カタログデーターにはない魅力」 »

コメント

いつも貴重な情報ありがとうございます。
いつか富士のXシリーズにするつもりで、ニコンのフラッグシップを買わずにがんばっています。
仕事で使うにはある程度のはったりも必要なためXーS1のAPS-Cサイズを待っています。
高感度、色。ローパス。そして今回のAF性能。
もうどれをとってもフジがますます好きになっています。

質問良いでしょうか?
ニコンのD4は91000ピクセルのRGBセンサーを使いWB等を判断しています。
フジは未だに256。
でもWBはかなり優秀。
256でも大丈夫な程フジの蓄積されたデーターが優れているということでしょうか?

ニコンは、高画素に走りノイズリダクションの機能で補完しなければ高感度撮影は無理。
今では、D4かフジのXシリーズ高感度での選択肢が有りません。
もしよろしければ教えてください。

投稿: うら | 2013年10月19日 (土) 16時22分

うらさん
 どうもありがとうございます。
 ニコンのオートホワイトバランスは私は使ったことがないので、語れませんが、富士の開発の方々はほんと色への意識が強いです。
 やはりカメラメーカーと元フィルムメーカーの違いは大きいですね。

投稿: 小原玲 | 2013年10月19日 (土) 23時31分

うらさん
 どうもありがとうございます。
 ニコンのオートホワイトバランスは私は使ったことがないので、語れませんが、富士の開発の方々はほんと色への意識が強いです。
 やはりカメラメーカーと元フィルムメーカーの違いは大きいですね。

投稿: 小原玲 | 2013年10月19日 (土) 23時33分

点像復元機能=絞りを小さく絞ったときの回析現象による解像度低下を復元する機能(技術)。
点像復元機能はどのXFレンズが対象になるのでしょうか?全てのXFレンズが対象でしょうか?
”1つの型の単焦点距離XFレンズごとに点像復元のやり方のデータを持つならば”、今後出る単焦点距離XFレンズごとにファームウエアの追加変更が発生し、ズームレンズの連続変化する焦点距離に対応するのも大変なはずです。
この様な疑問に対し、何かご存じですか?

投稿: 田中 | 2013年10月21日 (月) 22時09分

田中さま
 点像復元ってすべてのレンズが対象かと思うのですが、どうなのでしょう?少なくとも私はそう思っていました。
 これは私ではなくメーカーに確認していただいた方がいいかと思います。お役にたてませんが、宜しくお願いします。
 

投稿: 小原玲 | 2013年10月21日 (月) 22時21分

横から失礼しますが、点像復元はレンズごとに演算してる
とかフジのサイトには書いてありました。
http://fujifilm-x.com/development_story/ja/developer/lens_modulation_optimiser/

オンオフできるから、点像復元で悪い影響もあるはずだ、という人もいますが、どうなんでしょうね?

投稿: ひでたけ | 2013年10月21日 (月) 23時33分

ひでたけさん
 どうもありがとうございます。レンズごとに演算しているのですね。
 点像復元はまだあまり積極的に使っていなくて、私には絞った時の画質に文句はないぐらいの感触しかありません。そもそもあまり絞らないで撮る方が好きなので。
 X100Sの時にはオンオフが入っていなかったのですが、確かにX-E2には入っていますね。X100Sの時には比較が難しかったのですが、これなら比較できますね。
 近々比較を試してみますが、いかんせん試作機なので発売前に画像をアップできないんです。その点ご了承を。

投稿: 小原玲 | 2013年10月21日 (月) 23時46分

2013年10月21日(月)22時09分 投稿の続きです。
メールにてフジより教えてもらった点像復元機能に付いてです。
・ 個々のXFレンズ内ファームウェアに点像復元機能のデータ (あるいは、データ+アルゴリズム、[この辺の範囲は不詳]) を保持し、カメラ内メモリに読み込んで働かせる。----カメラ内ファームウェアに全てのレンズの点像復元機能のデータを抱え込まないので、メモリ容量増大やファームウェア更新の観点で、カメラは楽になる。
・ 全てのXFレンズが対象予定。
・ F5.6 から 最少絞り でこの機能が働く。
私はF11付近からこの機能が働くようにすると思っていましたが、それより開いた絞りで働くことになっており、驚きました。回析効果以外の劣化も復元するのではないでしょうか。

投稿: 田中 | 2013年11月 8日 (金) 21時53分

田中さん
 どうも情報ありがとうございます。今日はちょうどこのカメラの開発をしている大宮事業所でトークをしてきたので、詳しく聞いてくれば良かったです。でもこの情報は私も参考になりました。ありがとうございます。

投稿: 小原玲 | 2013年11月 8日 (金) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: X-E2の魅力(2)「新技術はどうして富士からばかりなの」:

« X-E2の魅力(1)「キビキビ、サクサク、ランランラン♫」 | トップページ | X-E2の魅力(3)「カタログデーターにはない魅力」 »