« X-E2 マウント遊び | トップページ | たまには他社のカメラもほめよう ペンタックスK-3 »

2013年11月 5日 (火)

今必要なのは身軽で高性能なサブカメラなのに

Nikon_df_silver_t001

 噂のニコンの新製品のカメラの写真が出ましたね。シャッタ−ダイヤルのみならず、ISOダイヤルまで復活したのは素晴らしいですね。ただこうなると絞りリングがないのが痛い!!。絞りリングがないからM,A,S,Pのモードダイヤルや上面液晶が必要になってしまう。
 あとこのカメラだとモードAにしたときに、シャッタ−ダイヤルの数字がいきるのか、液晶の可変するシャッタ−速度がいきるのか戸惑うことになりますね。
 多分このカメラを使う報道カメラマンが一番嫌がる失敗は、撮影時にMからAにモードダイヤルが勝手に動いてしまい、予期したシャッタ−速度と違うシャッタ−速度にセットされ、シンクロミスやブレを発生することでしょう
(追記11/6: 読者の方からモードダイヤルは上に持ち上げて回すタイプかも?との情報がありました。もしそうならば話は変わりますね。)
 このモードダイヤルが妙に動かしやすい位置にあるために、その失敗は多いに発生すると想像できます。大事な撮影でその失敗をして、このカメラを投げたくなるカメラマンの姿が目に浮かびます。モードなんて、撮影中にはめったに動かさないのだから、こんな動かし(動き)やすい位置に無い方がいいわけです。これはどう見ても露出補正ダイヤルと場所が逆ですね。
 そもそも、このダイヤル位置だと撮影中にファインダーを覗きながら露出補正をすることができません
 あとせっかくISOダイヤルがついたのに、AutoISOが見当たりません。ないのかなあ?
 やっぱり一番のがっかりは、ミラーがありフルサイズなので厚みがあることでしょうね。どうせならミラーレスでこれ作れば良かったのにと本当に思います。ニコンを使う報道カメラマンには、サブの小さくて高性能なカメラが必要です
 すでにニコンD4を2台持つ報道カメラマンの多くが、腰や首を痛めて、カメラマン寿命が短くなっています。だって歴代の報道カメラマンで一番重い機材を首から下げているわけですから(スピグラやニコンF2時代の方が軽いんです!)。
 実際30歳を超えた報道カメラマンで、針やマッサージや整体のお世話になっていない者などいないといっていいくらいでしょう。それで重いからといってゴロゴロバッグで現場に来る者も多いようです。報道カメラマンが被写体を求めて走りながら、ゴロゴロとキャスター付きバッグを引っ張っている姿を想像してください。そうしてしまったのはカメラメーカーです。
 どこかでカメラマンが本当に求めているカメラと、カメラメーカーが売りたいカメラとの差が出来ているのです。その解消のための新機種なのでしょうが、私から見たら中途半端です。
 現役の報道カメラマンの中で富士のX-E2と23mm/1.4を求める者が増えてきています。私の知人の報道カメラマンでもすでに何人かが予約を入れています。やはり必要になってきているのでしょう、身軽で高性能な機材が。
 多分2、3年のうちに富士のXF23mm/1.4で撮られた写真が、ピューリツアや国際報道写真展の賞を受賞すると思います。
私が現役の時に、明るくて、開放から使えて、寄れて、シャッタ−音が小さくて、軽いカメラは夢でした。難民キャンプの取材などで重宝するはずです。報道写真はスポーツ写真だけではないのです
追記:
このニコンの新カメラ、上面液晶があるのだから、シャッタ−ダイヤルではなく、数字がないコマンドダイヤルであった方が、使い易いのではないかなあ。結局シャッタ−ダイヤルを付けたことが、失敗要因や複雑さを増してしまって、残念な結果になっている。
 

|

« X-E2 マウント遊び | トップページ | たまには他社のカメラもほめよう ペンタックスK-3 »

コメント

健康に不安がありスポーツ撮影じゃないならD800なりD600を使えば良いんです。それでもD4を選んだならその人たちにはD4が必要だったんです。
Dfにしてみればあれはプロ機ではなく趣味性の高いものです。OLDレンズを使って撮影を趣味とする人にこそ向いた機種であると一目でわからないのは不思議です。色眼鏡を外した方がよろしいのではないですか。

投稿: | 2013年11月 5日 (火) 11時49分

匿名さんへ
 後輩世代の報道カメラマンたちが腰や肩を痛めて、現場を離れざるをえなくなっていく姿を何人も見ています。D800やD600でもまだ重いんです。一番重いのはレンズですから。
 この新機種はOLDレンズを使う人にいいとの話ですが、すでに私の先輩格のニコンの使用が体に染み付いて、目をつぶってでも写真が撮れるような元新聞カメラマンの大先輩から、「複雑すぎて判らない」と別途メッセージをいただいています。
 まあこのブログは単なる個人ブログですから、「こんなこと考えている奴もいるんだ」ぐらいに思っていて下さい。

投稿: 小原玲 | 2013年11月 5日 (火) 12時15分

軽量プロ機が必要であるとの話は否定しません。
ただ、このDfは「サブカメラ」として開発されてません。それはD800かD600が担います。これらが重いとあれば非難の矛先はD800とD600です。Dfではありません。
フィルムカメラと同じ操作性ではないから、OLDレンズユーザにも中途半端であるとの意見はそういう見解もあっていいでしょう。ですが、フィルムカメラのUIではデジタルカメラの広い汎用性を網羅できません。マニュアルカメラとしての「撮影する喜び」がUIで表現できているかどうかです。その評価はまだ出来ないはずです。

簡単にいえば、あなたの夢のカメラはまだ出来ていません。ですが、夢のカメラではないからといって否定するにはまだ早いのではありませんか、という事です。

投稿: | 2013年11月 5日 (火) 12時45分

匿名さん
 このカメラが仮にボディがそのまんま富士のX-E2にISOダイヤル増やして、富士のXFレンズのように絞りがついた軽い新レンズが1、2本あって、専用Speed BoosterでフルサイズのニコンレンズのAFが駆動して、だったらどんなに身軽に撮影できるカメラができただろうと思うんです。そしてoldレンズユーザーなら目をつむってでも撮影ができるでしょう。
 そういうのを求めているカメラマンはニコンユーザーにも多いと思うんです。

投稿: 小原玲 | 2013年11月 5日 (火) 12時50分

Dfを叩いてX-E2を褒め上げるという記事の構成に問題があると思いましたのでコメントを書きました。
ニコンファンが求めているものは小原さんの言う通りだと思います。
夢のカメラはニコンが作ってほしいと思います。
もっとも私はキヤノンユーザーですが。今更FDレンズを活かすOLDキヤノン復活とか洒落にならんわ。

ただちょっと思ったのは先輩カメラマンにフィルムカメラと全く同じ操作感のデジタルカメラを使ってもらったとしても、「おれ、パソコンとかわからんし」の一言で結局何も変わらないんだと思います。
フィルムカメラで名作を残せばいいんですよとお伝えください。私よりも何倍もいい写真を撮る人でしょうし。

ではこれで失礼します。

投稿: | 2013年11月 5日 (火) 13時04分

匿名さん
 たびたびありがとうございます。 先に書いたようなカメラだったらFM2ぐらいの大きさでできたと思うんです。そういうカメラをニコンには作って欲しいですね。

投稿: 小原玲 | 2013年11月 5日 (火) 13時12分

父親世代の方には愛されるカメラになるでしょうね。
ただネガ用のレンズがデジタルで使えるのでしょうか?
デジタル時代に合わせた品質のレンズがやはり最適に思えます。

このカメラのニコン側のかきこみに
「電源OFF時も含め、ISO感度、シャッタースピード、露出補正などの設定値を常時視認できるという安心感と、設定を随時、ダイレクトに変更できるという利便性が、撮影により集中できる環境を提供します。」
おもわず、吹き出してしまいました。
このフレーズは小原さんが言っていた事。

新しい時代には、シンプルであり、最新技術を取り入れたレンズ設計。
なのに古いレンズも活かせますでは違うような気がします。

以前ニコンに聞きました。
デジタル用レンズが必要なのか?
答えは
「デジタルになって同じ面積で密度の濃い描写が求められる様になった。それに答えられる様に作られたのがデジタルレンズ。」

古いレンズで上手く写るのでしょうか?

投稿: うら | 2013年11月 5日 (火) 13時50分

うらさん
 それであえて画素数を押さえているのだと思います。解像度をあげるとレンズのあらが出てしまいますから。でもそこはかえって好感が持てます。
 やはりダメなのが、絞りリングを付けなかったことですね。これが付いていてX-E2と同じ方式なら、モードダイヤルも上面液晶も要らないのですから。
 常時視認できても、シャッタ−ダイヤルの数字が正しいのか、液晶の数字が正しいのか、判断に迷うような視認では困ってしまいますね。
 ほんとこれがX-E2そのまんまにISOダイヤルつけたようなカメラだったら、どんなに使い易かったかと思います。

投稿: 小原玲 | 2013年11月 5日 (火) 14時37分

先程ようやくオフィシャルサイトでも公開されていましたね。
Dfと同時発売の50mm f/1.8G SpecialEditionというがあるんですが、これがまたシルバーのリングで“飾った”だけの絞りリング無しの“Gレンズ”で…;
ところで、ISO AUTOなんですがスペック上は「感度自動制御が可能」とありますので、操作方法は解りませんが付いてはいるみたいです。

Dfは、オールドレンズを持つお金に余裕のあるコアなニコンファンや、レンズも含めて一眼レフの大きさ自体に満足感/優越感を感じる層向けなんでしょうね。基本的には昔からのニコンのイメージが好きな人向けなんだと思いますので、私がX-Pro1で富士のカメラに惹かれた様に、Dfでニコンの新規ユーザになる人は多分ほとんど居ないでしょう(デジイチ自体がそんな存在かもしれませんが)。どちらも外観は懐古主義的ですが、製品の立ち位置が正反対な気がします。

やっぱり私もFマウント対応のミラーレスを出してくれた方が面白かったと思います。なんだか今のNikonを見ていると、NIKKORシステム云々というより、“ミラー+ペンタ”という日の丸技術を死守するのに必死という風にも見え…。Dfを初めて見たときは、カメラの良し悪しそのものより、Nikonの新製品に惹かれない寂しさを感じてしまいました…(もうすぐ元Nikonユーザ)。

しかし、XF23mmF1.4は良さそうですね。X-Pro2を買う際にはちょっと無理してこれ1本だけ買って持ち歩こうかな…。

投稿: moriy | 2013年11月 5日 (火) 14時44分

moriyさん いつもありがとうございます。
 ほんとちょっと違えば、すごくニコンユーザーが欲しいカメラになったかと思います。でもそのちょっとの違いが、コンセプトの曖昧さになって、懐古趣味の人たちにも使いにくいカメラになってしまっている。ここまでやるのだったら、上面液晶とモードダイヤルは無しのX-E2型で作って欲しかったかなあ。
 X-E2とXF23mm/1.4の組み合わせはとても素晴らしいです。多分このニコンのカメラと35mmレンズと、画質は十分に張り合うでしょう。

投稿: 小原玲 | 2013年11月 5日 (火) 14時52分

こちらこそ、いつもご丁寧に返答頂きありがとうございます。
 カメラに限らず意匠は凄く大切だと思ってますが、やっぱり道具は必要な性能も含めて使用感が一番ですから、Dfはちょっと残念でした。Xシリーズの設計に真摯な感じを受けるのはその辺り設定がきっと丁寧なんでしょうね。
 X-E2は少しだけ店頭で触りましたが、Pro1,E1にあったストレスを感じませんでした。勿論店頭では画質については解らない訳ですが。E1とE2では同じレンズでも随分画質が違うんでしょうか。その辺りも伺いたいですが、スレ違いなのでまた今度にします… (^^;

投稿: moriy | 2013年11月 5日 (火) 17時05分

小原さん、はじめまして。

星空撮影と動物撮影を兼ねて、X-E2を買おうか迷っていたところに、今回のDfの発表です。
元々NikonユーザーでF100から現在はD800を愛用しておりますが、自然撮影を趣味にしております。
そこで、サブカメラとして検討しているのですが、X-E2は動物撮影に向いていますか?
XF14mmとX-E2の組み合わせは星空撮影にベストな組み合わせかと思うのですが、こと動物撮影となるとどうなのかな、と。。。
EVFが不安なのです。
イルカやクジラの水上撮影をメインに撮ることを考えると、星空も動物も網羅できる、Dfの方がまだいいのかなと思っているのですが。

宜しくお願い致します。

投稿: ニコ爺 | 2013年11月 5日 (火) 17時44分

盛り上がってますねー。
買う買わないにせよ、いろんなスタイルのカメラが出てくるというのは
嬉しいことですね。ダイヤル横の液晶を取って露出ダイヤルがあれば
とは思いますが。それでもAFが効いてかつボケるというのは
魅力的です!

私個人としては富士フイルムのフルサイズなんてのが出たらいいなと
思ってますが、仮にフルサイズが出たとして、寄れる明るい50mm
なんてレンズは実際に作れるでしょうか。あったらいいですねぇ♪

投稿: NAO太郎 | 2013年11月 5日 (火) 20時11分

こんばんは!
小原さんが仰っている事、私はとても共感出来ます。

>どこかでカメラマンが本当に求めているカメラと、カメラメーカーが売りたいカメラとの差が出来ているのです。

私は各社のデジイチ、ミラーレス一眼を色々使ってきましたが、ユーザーとメーカーが歩み寄るような姿勢を持っているのは、フジフイルムとリコー(ペンタックス)だと思っています。
他のメーカーが全くそういった事が無いとは言いませんが、その2社が特にユーザーフレンドリーなカメラを出していると思うんです。
特に、今回のX-E2のサイトを見るとそれがよく感じ取られました。
また、あまりネットには書かれませんが、フジのアフターサポートにも素晴らしさを感じています。

各メーカー、新機種はどんどん出して欲しいですが、あくまでユーザーありき(ユーザー目線)のカメラが出てくると、より良くなっていくのではないかと思う今日この頃です。

本題からそれたコメント、お許しください。。

投稿: カメラくん | 2013年11月 5日 (火) 21時17分

ニコ爺さん
 どうもありがとうございます。動物写真家の私がXシリーズだけで撮影していますので、向いているとは言えます。利点ですが、
1)線が細く写るセンサーなので毛並みが綺麗に描写される
2)色が綺麗な記憶色が出るので自然の色が美しい
3)ミラーショックがないので望遠レンズが使い易い
4)暗い望遠レンズでも明るくピント合わせができる
5)シャッター音が小さいので動物を刺激しない
6)軽い、小さい、飛行機の手荷物で全セット運べる
7)星空の色は、ニコンと比べ物にならないくらい富士が綺麗です。比較するのが可哀想なくらい違います。星の一つ一つに色があるのが判ります。
などなどです。
欠点は一眼レフに比べ、AFの動体予測が遅い、ぐらいかなと。

投稿: 小原玲 | 2013年11月 5日 (火) 23時31分

NAO太郎さん
 いつもありがとうございます。最短撮影距離は画角ではなく、焦点距離で決まりますから、センサーサイズが小さいカメラほど、寄る事ができるレンズが作りやすいわけです。
 なのでフルサイズ50mmになるとせいぜい45cmぐらいがせいぜいだと思います。APS-CのXF35/1.4なら28cmで撮れるので、必ずしもフルサイズがメリットが多いとは限りませんね。
 富士もフルサイズは検討中とのことですが、他社がすでに作っているようなカメラは作らないと思います。それを超えるものを作らないと意味ないでしょうから。そう期待しています。

投稿: 小原玲 | 2013年11月 5日 (火) 23時35分

カメラ君さん
 いつもありがとうございます。
 そうなんです。富士はユーザーの声を凄く聞いてくれます。私がX-Pro1の時に出した要望は、なんだかんだすべて適えられました。度重なるファームアップはほんと素晴らしいです。別物のカメラに変わりました。
 あとサポートの対応もいいですね。
 社員の方はカメラで上を目指そうと、すごく真剣に取り組んでいます。向上心にあふれているので、ユーザーの声にすごく真摯に耳を傾けてくれています。この点はほんと素晴らしいですね。

投稿: 小原玲 | 2013年11月 5日 (火) 23時38分

私も露出補正ダイヤルとモードダイヤルが逆だろ!とまず突っ込んでいたので、小原さんと同じ意見で安心しました。

X-E1のレイアウトが必ずしも理想ではないけれど、こういう機種が出ると比較して、あぁフジのUIは理に適っていたんだなと再確認できました。

そして、小原さんがベタ褒めするのも色眼鏡ではなく、現場のシビアな状況において現状の最適解を提案していることへの賞賛なのだなとわかります。

ニコンはフラグシップは素晴らしいけれど、中級機を作るのが下手。
フィルム時代からの評判を踏襲するような機種になってしまうのではないでしょうか。
それにしても高い。X-E2と23mm、35mm、60mmが買ってお釣りがくる値段ですね・・・

投稿: じゃいろ | 2013年11月 6日 (水) 00時39分

じゃいろさん
 ありがとうございます。
 はい、露出補正ダイヤルとモードは逆ですね。
 私の選択基準は単純明快で、「好き!」が写るかどうかなんです。それには静かに使えて、気持ちの良い色がでることが大事です。
 なぜかこの気持ちの良い色がでるカメラが現状は富士しかないのです。
 ほんと今回のニコンのカメラは中途半端ですね。もっと思い切って変えて来て欲しかったです。

投稿: 小原玲 | 2013年11月 6日 (水) 00時51分

小原さん、はじめまして。いつも楽しみにブログを拝見させて頂いています。

 モードダイヤルのことが話題になっていますが、このダイヤル一度つまんで上に引っ張って回さないとモード変更出来ないようになっているのではないでしょうか? どこかの動画で見たような記憶があります。 そのまま回そうとしても回らないと思います。

 個人的にはDfは大変興味深い機種です。 単焦点レンズでじっくりとポートレートを撮りたいと思っているのと、DXサイズで1600万画素という点が個人的にぴったりなんです。 値段がさすがに高価なので熟考している最中なのですが・・・・・。

投稿: mic | 2013年11月 6日 (水) 17時36分

micさん
 どうもありがとうございます。そうですか、それならかなり違いますね。失敗が防げると思います。ブログに追記しておきます。

投稿: 小原玲 | 2013年11月 6日 (水) 17時41分

 すみません、DXサイズで1600万画素ではないですね。FXサイズで1600万画素です。 お恥ずかしいミス、すみません。

 小原さんからの返信感激しておりますっ!

投稿: mic | 2013年11月 6日 (水) 18時10分

ニコンFMから使い始め、30年以上ニコンの一眼レフとつきあっています。
個人的な話ですが、マニュアルから入った人間からすると今でも、滅多に露出補正は使いません。

露出補正を使わないといけないような撮影では、マニュアルを使った方がはやい。

黒服、白服、逆光、日陰、雪景色、強い光の映り込みなどいちいち露出補正など面倒。
光なんてそんなに変わらない。
こっち向いて順光、振り向いて逆光、また振り向いて順光。
そんな撮影では、レンズの絞りをファインダーのぞきながら変えた方がはやい。
昔、ネガの頃iso400のフィルム使って、iso320に設定して肉乗りしたネガ作ってた。
デジタルになってそれが出来なくなったから露出補正を代わりに使っています。

昔人間からすると、滅多に使わない露出補正は左で十分。
このカメラのコンセプトは古いAiレンズも使える事。
露出補正必要の無い、その機能を使ってこなかった世代向けのカメラなのではと思いました。

投稿: うら | 2013年11月 6日 (水) 23時20分

micさん
 1,600万画素に押さえたところは好感もてますね。

 

投稿: 小原玲 | 2013年11月 7日 (木) 00時51分

うらさん
 振り返ればニコンは昔のMF機でも左側に露出補正が付いていたものがほとんどでしたね。シャッターダイヤルがあるのにPやAがあって、混同しやすいのはニコンFAもそうだったかなと。でもこのカメラのインターフェイスよりは、ニコンFAの方がまだ直感的に操作できますね。
 でもニコンFAでもモードが動いていた失敗よくあったのを思い出しました。

投稿: 小原玲 | 2013年11月 7日 (木) 00時55分

タイトルに同感です。プロの方の切実な願いなのだと思いますが、私のような素人にも同じです。OMが受けたのもそこでしょうし、海外のサイトでは体の大きな人たちが相対的におもちゃカメラのサイズにさえ見えるOMやPenを嬉々として使っている様子がわかります。

腰痛持ちなのでフィルム時代の軽い一眼レフが本当に懐かしいです。写真の焼き付けも自分でやってわくわくしてました。あの気軽さ、わくわくさ、楽しさはもう戻ってこないのでしょうか。
ほんとう、時々いま持っている機材を全部処分したくなります。かといってフィルムに戻っても楽しむインフラがもう消滅しているし。。

合唱祭でお撮りになられた方法(数日前の記事です)はとっても勉強になります。有り難うございます。23mmで撮られた会場の様子は、私も子どもがいる親なのでなんだか勝手に感激してます。惜しげもなく情報を公開していただき本当に感謝です。有り難うございます

少し勉強して失敗写真も量産しながら露出も画角も楽しんで、条件があったときは写りも綺麗というあたりが私のような素人には最も望ましく、その点でいろいろと試させてくれるフジフィルムに期待大です。が、Pro2が出るならまとうかなと微妙な気持ちです。心理的なひっかかりだけだとおもいますが完全にEVFだけ、というのはなんだかつらいです。お金持ちなら2つ買って試しますが(笑)。

投稿: ごん | 2013年11月 7日 (木) 09時53分

ごんさん
 どうもありがとうございます。
 ほんと小さくて身軽に撮るためにスタートした35mm版カメラが、いつのまにかその当初の目的と乖離し、どんどん大きくなってしまったことに、閉口しています。ライカで映画のフィルムから始まった35mm版が、いつの間にか映画を撮るmovie カメラになり、写真もムービーのコマ撮りのように高速連写で撮って、1枚選ぶというへんな形になってしまいました。
 X-E2には光学ファインダーは入っておらず、その点が残念なのですが、光学ファインダーは外付けすることもできます。私はライカの光学ファインダーを必要に応じて外付けしますが、それの方が身軽で、光学の見えも良かったりすることもあります。

投稿: 小原玲 | 2013年11月 7日 (木) 12時31分

I feel he laid out an elaborate program of scheming and discussed the distress that awaited us

投稿: bottes de pluie enfants | 2013年11月 8日 (金) 14時31分

小原氏はただのフジフィルムの宣伝係。
あなたの活動をみてると・・・そりゃフジフィルムを
持ち上げなきゃ食えないよねw

投稿: 小原はフジフィルムの宣伝係 | 2013年11月11日 (月) 22時03分

小原はフジフィルムの宣伝係さんへ
 好きなカメラのことを個人ブログで書いているだけです。基本的には私は写真集や著書の印税で生活をしている写真家です。
 時々トークの仕事をいただきますが、好きでもないカメラのことは褒められません。それはトークを聞いている人が見れば、本当にそう思うのかどうか判るかと思います。
 報道カメラマン時代にはニコンを愛用していました。でも今のニコンに使いたいカメラはありません。でも私が作品を撮るのに、あきらかに良いカメラがあるのならそのカメラを使いますし、そのカメラを褒めます。
 単にそれだけのことです。

投稿: 小原玲 | 2013年11月11日 (月) 22時28分

Nikon dfくらいちゃんとした操作系統を盛り込もうとデザインするならば、絞りのある新しいレンズがあることが前提ですが・・・いっその事軽さとコンパクトさの追求のために液晶画面を廃止にして、ソニーのQXのようにスマートフォンから細かな設定や画像がビュー出来ますというくらい、挑戦的な懐古主義であっても良かったのではないかと思いました。

Nikonの光学ファインダーとセンサーをもってすれば、デジタルの時代であっても液晶画面の無い昔ながらのデザインでも安心してMFで撮影に集中して頂けます!くらい男前でコンパクトなカメラを出して欲しかったです。

投稿: kazuyuki | 2013年11月16日 (土) 02時06分

kazuyukiさん
 はい同感です。最初ハイブリッドファインダー?との情報があったせいもあって、がっかり感があります。ミラーレスで作ればFM2の大きさでこのカメラが作れたのにと思います。

投稿: 小原玲 | 2013年11月16日 (土) 07時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今必要なのは身軽で高性能なサブカメラなのに:

« X-E2 マウント遊び | トップページ | たまには他社のカメラもほめよう ペンタックスK-3 »