« 今日は名古屋でのトークイベント | トップページ | フィルムシミュレーション X-E2, X-A1 »

2013年11月 2日 (土)

次は有楽町ビックカメラでトークをします

 来週は東京、有楽町のビックカメラさんでトークをします。ちょうどX-E2の発売日の11月9日(土曜日)です。X-E2の実機も持って来ていただけるようなので、どれだけ使い易いカメラになったか実感できると思います。
 X-E2にはカタログでは判らない魅力がいっぱいあります。たとえば私が一番大事にしている「”好き!”という気持が写るか?」という部分などカタログの仕様では判りません。ぜひ触ってみていただけると、どこまでミラーレスカメラが進歩したのか、なぜ私はこのXシリーズだけで仕事をしているのか、お判りになるかと思います。宜しくお願いします。
開催日】11月9日(土)、10日(日)
【時間】両日とも13:00、15:00(各回30分)
【会場】ビックカメラ 有楽町店
    地下2階 カメラコーナー特設ブース
【参加費】無料(自由席、満席の際には立ち見となる場合があります)
ビックカメラ有楽町店のアクセス情報はこちら

Dscf0281

 今日の名古屋でのトークの模様です。
 LIFEに掲載されThe Best of LIFEに選ばれた天安門事件の写真を撮った時の話をしています。前日に一眼レフを没収されていて、ライカM3一台しか残っていなかった私ですが、この時に一眼レフを持っていたらこの写真は撮れなかったのでは。
Dscf0283s
 アザラシの赤ちゃんとの出会い。またこの写真を雑誌に発表した日に、ある読者がとった行動を見て、動物写真家に転身していきます。私にとって忘れられない1枚です。
Dscf0182_2   
 取材の出発前日に、取材荷物に入りきらなかったプロ用一眼レフと高級レンズ3本を売って、X-Pro1のセットを入手してカナダに飛び、流氷の上のアザラシの赤ちゃんを撮って、X-TranCMOSセンサーの虜になってしまった。
 ・・・・・のような出だしで話は始まります。
 天安門事件の写真も、アザラシの赤ちゃんの写真も、私の中では大きな意味があります。それが私がカメラに何を求めるかという部分に繫がっていきます。
 ぜひとも宜しくお願いします。

|

« 今日は名古屋でのトークイベント | トップページ | フィルムシミュレーション X-E2, X-A1 »

コメント

(長文失礼します)
昨日は自由感想文みたいなレスにお返事をいただき有り難うございます。今日そのビックカメラ有楽町で富士フィルムのカメラいじってみて、俄然Pro1を使ってみたくなりました。

手に吸い付くようです。XFシリーズのレンズなら断然にPro1のほう、23mmF1.4などなら特にそう思いました。先週六本木で100sをさわったときにも衝撃を感じたのですが、今日のは忘れかけていた感触との再会です。
アウディ・ロードスターに試乗したあとで、会場の帰りに知人のオースティン・ヒーレーに乗せてもらって買えるとき、むしろそのカニ目のほうを気に入ってしまった感じです。pro1のふてぶてしく見えて可愛い面構えと手に吸い付くような感触は抜群です。もちろんカニ目より素材には贅沢を施しているのは知っていますが(笑)。

ブログで小原様がPro1を褒めておられる理由の数々を読んで納得しました。最新の機種を前にしてPro1買ってしまいそうです。そういえば悩んだあげくそういう買い物をするというのを他でも結構しています。
デジタルのポストモダンが始まるならきっとフジフィルムからでしょうね。

投稿: ごん | 2013年11月 3日 (日) 03時13分

ごんさん
 なんだかんだどれか1つだけ、カメラを長期持っていくとなった場合に、私はいまだにx-pro1を選ぶと思います。スピードや操作性はX-E2の方がはるかにいいのですが、X-Pro1の手にしたときの安心感はまたかけがいのないものです。
 今色々な新製品がでたおかげでX-pro1の価格がだいぶ下がっています。それを考えればけっして悪いチョイスではないかと思います。

投稿: 小原玲 | 2013年11月 3日 (日) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次は有楽町ビックカメラでトークをします:

« 今日は名古屋でのトークイベント | トップページ | フィルムシミュレーション X-E2, X-A1 »