« X-A1とX-E2持って猫カフェ行ってきました | トップページ | 今日は名古屋でのトークイベント »

2013年11月 1日 (金)

たまには他社のカメラの話題を

Nikon_teaser_05_02

 ニコンのティザー広告に使われたこの写真にとても関心があります。ニコンもようやくシャッタ−ダイヤルを復活させたのですね。これなら古い絞りリングが付いているレンズを使えば、電源オフでもシャッタ−や絞りが何にセットされているか判りますね。
 あとペンタプリズムの左側(向かって右側)にもダイヤルがありますね。ソニーのα7、α7Rが同様のデザインなのに、この部分が空いているのが勿体ないと思っていました。ニコンはさすがに、ここのスペースを無駄にしなかったですね。
 さてどんなダイヤル機能が付いているのだろう?
 どうせなら巻き戻しクランクが付いていて、それを30回廻すと手動発電されて、バッテリーが無くなってもシャッタ−が1枚切れるとかなっていたら面白いなあ。昔のカメラには非常用メカニカルシャッタ−があったのに、今のカメラにはないからなあ。
 昔御巣鷹山の山頂で生存者の救出現場を撮影中に、ニコンのバッテリーが無くなって(旅先からの急行だったので)、非常用シャッタ−でカラーポジを撮ったのを思い出します。露出計も動かず、カンだけで露出を合わせて撮ったものです。当時のプロカメラマンなら誰もが当然できたスキルでした。
 ところでこのニコンのカメラだけれど、なんだかんだ今の富士のXシリーズで何ら困る事がないので、私は買わないかな。でも良いカメラを作ってきたなあと思います。使っていて楽しそうです。

|

« X-A1とX-E2持って猫カフェ行ってきました | トップページ | 今日は名古屋でのトークイベント »

コメント

>どうせなら巻き戻しクランクが付いていて、それを30回廻すと手動発電されて、バッテリーが無くなってもシャッタ−が1枚切れるとかなっていたら面白いなあ。

このアイディア凄くいいですね!
ビックリしました。
本当実現して欲しい機能です。(実現出来そう)
小原さんのブログの影響でX-Pro1を手にした一人です。
これからもブログ楽しみにしています!

投稿: ひろ | 2013年11月 3日 (日) 07時53分

ひろさん
 どうもありがとうございます。
 実は冗談のように書いたこの話ですが、10年程前にデジタルカメラにすべての仕事カメラが変わったころに、現役バリバリの新聞社のカメラマンと話していたことなんです。
 彼は巻き上げレバーを何回か巻けばとか言っていました。やはり海外取材先での充電に困っていたからです。当時にそれを某社の設計者に伝えたこともあります。形にはならなかったですね。
 XQ1のマイクロUSB給電があると、この発電がなくてもたん乾電池で対応できます。上位機にもついて欲しい機能です。

投稿: 小原玲 | 2013年11月 3日 (日) 09時35分

事情は書けませんが実は少し前からこの機種の詳細を知っていましたけど(明日発表です)、Xシリーズを知り小原さんのblogを読み込んでしまった今は、ほとんど心を動かされませんでした (^^; 最近のデジイチの中では悪くは無いと思うものの、やはり大きさ重さが…。一応まだNikonユーザなんですけどねぇ…; まぁ、昔のレンズを持っていてマニュアル撮影が好きな人には良いかもしれません。

そう言えば、この間書いた初代F-1ならバッテリーレスで撮れますね。昔、旅先でボタン電池がすぐに手に入らず、仕方無く適当に撮ったら意外にマトモに写っていて、いっとき自分の腕を過信してました(笑)

投稿: moriy | 2013年11月 4日 (月) 21時37分

morifiさん
 画像出ましたね。ISO感度ダイヤルがついたのが素晴らしいですね。さすがニコンです。よく写真のことを判っています。
 あとはハイブリッドファインダーがどんなものか興味津々ですね。
 X-E2が出る前だったら、私もこのカメラ入手したかも知れません。ただX-E2の出来がいいので、一眼レフの必要性を感じなくなっています。

投稿: 小原玲 | 2013年11月 5日 (火) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまには他社のカメラの話題を:

« X-A1とX-E2持って猫カフェ行ってきました | トップページ | 今日は名古屋でのトークイベント »