« X-E2トーク ワールド・ビジネス・サテライトで放送されます | トップページ | X-E2 XF14mm/2.8の魅力 »

2013年11月14日 (木)

X-E2 使いこなしで知っておく必要があること

 このブログの読者や有楽町ビックカメラのトークに来ていただいた方から、かなりの人数の方から「X-E2買いました」報告をいただいています
 私はこのカメラに籠められたメーカーの良心を高く評価していますので、このカメラは売れて欲しいと思っています。私を信用して購入された皆様どうもありがとうございます。

_dsf8557

_dsf8561
 他社から乗り換えてX-E2を使う際に、2点だけ戸惑いやすい部分があります。それを説明させてください。
1)長秒露出のセットが判りにくい。
 ホタルやオーロラや星空はX-E2が得意とするところです。実際撮り比べてみれば、他社のカメラとの違いは一目で判ります。星の色がきちんと出ているか、小さな星がノイズリダクションで消えていないか(他社ではよくあります)、色が美しいかどうか。
 ただし、このような撮影で使うシャッタ−秒数例えば8秒とか、120秒とかをどう設定するかについて、このカメラの設定方法は判りにくいです。
8秒にセットする場合
 シャッタ−をTにセットして、背面のMEMUの左右の< >ボタンで露出を選択します。1/2秒から30秒までのシャッタ−速度はこれで設定します。星空でしたらXF18mm/2をつけてISO3200でF2開放8秒ぐらいで綺麗に写ると思います。
120秒などBで長秒露光を行う場合
 シャッタ−をBにしますが、この際に「DRIVE」で「1コマ撮影」を選んで下さい。「高速/低速」の連続撮影だとBができません。また絞りは「A」以外にセットしてください。この部分がクセがあります。これで上記のようにMEMUの左右の< >ボタンで「Bulb」が選択できます。
 とても判りにくい設定方法で、プロの方でも最初戸惑います。しかし、これは通常良く使うシャッタ−速度を設定しやすくするためのダイヤル表示との、うらはらですので、我慢してこれに慣れて下さい。
_s067012  
2)マクロ撮影モードがある
 このカメラでもっともお勧めの組み合わせがXF35mm/1.4を付けて、絞りは開放にして、好きな被写体にグッとよって撮る方法です。狭い被写界深度でピントが浮き上がって、「好き!」が強調されます。このレンズでの近接は28cmまで寄れるので、フルサイズ一眼レフに50mm/1.4を付けた近接50cm以上に、浅い被写界深度で撮ることができます。ボケを最も生かせる組み合わせはフルサイズではないのです。
 シャッタ−はAでいいと思います。  こうやって撮るときに背面の「MACRO」で花マークのマクロを選んでください。実はXF35mmの時にはオフでも結構近接できますが、寄る時には基本は「マクロ」を設定です。これもこのカメラならではの撮影に必要な知識ですので忘れないようにしてください。
Dscf8327
(X-A1 XF35mm/1.4 F1.4開放 シャッタ−A)
 そしてこんな風に、貴方の「好き!」に向けてシャッタ−を押してください。きっと貴方の「好き!」が写るはずです。ここでマンゴープリンの写真にしようかなと思ったのですが、さすがにクドそうなので、先日の猫カフェ「ひとやすみ」の写真にしました。この写真はF1.4開放で撮っていますが、ちょっと絞ったF1.8ぐらいとF2.8ぐらいを使い分けると表現が変わって面白いと思います。

|

« X-E2トーク ワールド・ビジネス・サテライトで放送されます | トップページ | X-E2 XF14mm/2.8の魅力 »

コメント

まだ買っていませんがボディと単焦点2本(小原様お勧め)は購入予定に設定してます(資金繰りの問題だけです、笑)。
星空の写真は今までうまくできてないのでこの御指南は有り難いです。うまくとれるようなら海外の仕事のお伴にX君を連れて行きます。夜空も海岸も美しいところが海外には山ほどあると感じています。
空手の写真はプロでも難しいのだ、と知り勉強になりました。合唱祭の写真など撮りに行っても、ホワイトバランスやらなにやら失敗ばかりして室内写真は面倒だと実感してます。それもフジのカメラでもっとらくになればいいな、と期待しています。

投稿: ごん | 2013年11月14日 (木) 08時49分

ごんさん
 はい。星空の撮影にはとてもこのカメラは向いています。星空でもAWBで撮ってもいいぐらいです。ただし、私は少しAWBをブルーにシフトしたり、時にはタングステンで撮ってブルーを上乗せしています。夜のイメージにするためです。
 室内撮影がほとんどAWBでいけてしまうので、撮影がとても楽になっています。富士のカメラのAWBとAEはものすごく当たります。これも富士の社内に蓄積された色の秘伝みたいなものがあるからだそうです。

 

投稿: 小原玲 | 2013年11月14日 (木) 10時46分

いつも楽しく拝見させていただいています。
小原さんのブログのお陰で、EX-1レンズキットを購入し撮影を楽しんでいます。ありがとうございました
 
XE-2すごく惹かれますが、とりあえずは単焦点のどれにするか小原さんのブログ見ながら思案中です。

投稿: good358 | 2013年11月14日 (木) 16時02分

good358さん
 ありがとうございます。
 私の1押しレンズはやはりXF35mm/1.4です。それは、開けて、寄ってボカシて「好き!」を浮かび上がらせることができるからです。値段も23mmに比べて手頃ですし、1押しはXF35mm、2押しは23mmです。

投稿: 小原玲 | 2013年11月14日 (木) 16時07分

このマクロボタンはどの程度の距離から使えば良いのかが
今一つ分からないですよね。説明書にも明確な距離は
書いていませんでしたし、できればシームレスにカメラのほうで
判断して切り替わってくれると使いやすいと思います。
マクロになってるの気が付かないで、離れた所を撮って
ピントが合わないということもありましたし。

投稿: ひでたけ | 2013年11月14日 (木) 20時29分

ひでたけさん
 XFレンズの中には全群が移動するようなXF60mm/2.4マクロのようなレンズがあります。全群をシームレスに行ったり来たりするわけにはいかなかったのではと思っています。
 たしかにこのマクロ機能に分かれるのは面倒なのですが、使いこなしで慣れるしかないかなあと。

投稿: 小原玲 | 2013年11月14日 (木) 20時39分

全群繰り出し方式レンズは、撮影距離によるボケの美しさを追求したために採用した、という内容のカタログ文章を読んだことがあります。

AFの遅さは全群繰り出しによる画質とのトレードとして35mmと60mmの性質と理解しています。
マクロボタンもフォーカスリミッターと考えれば、マクロ撮影の速度を上げる有用な機能と思います。

しかし、問題だと思うのは・・・

マクロボタンを押して、左右カーソル押して、OKを押す、3アクション必要であること。

AF-S時のシャッター半押しと、MF時のAE-LOCKボタンによるAFで、挙動が異なり、後者であればマクロモードでなくても最短にピントあったりちぐはぐなことです。
レンズやファームウェアのバージョンによって変わってくるのかもしれませんが、これまではそういう症状がありましたので、メーカーにはMF時の親指AFにも力を注いで欲しいものだと思います。

ちなみに小原さんはシャッターボタン半押し派ですか?親指AF派ですか?

私は親指派で、X-E1のボタン配置は気に入っています。更にAE-LOCKができるX-E2はそれだけで買おうかなと思うアップグレードなので凄く惹かれています。

投稿: じゃいろ | 2013年11月15日 (金) 01時17分

じゃいろさん
 私は人差し指派なんです。初期のほんとトロいオートフォーカスで親指押しがないころから、AFのカメラを使ったので、そのまま習性が残っています。EOSの時には親指にもしたのですが、なんかしっくり来ず、Xになって人差し指に戻っています。
 そうですねマクロのアクション多すぎですよね。
 このあたり次に開発者に合う時に話しておきます。

投稿: 小原玲 | 2013年11月15日 (金) 01時31分

小原さん、いつも返信ありがとうございます。

使い方に賛同していただき嬉しいです。
メーカーにメールするより、小原さんから要望してもらったら、話早そうですね(笑)

しかし、X-E1でフジフイルムにメールした要望のほとんどが律儀に叶えられてメーカーの信頼度も、ニコン、ミノルタ、ペンタックス、オリンパス、パナソニックとレンズ交換式カメラを使っきた(てる)私の中ではNO1です。

投稿: じゃいろ | 2013年11月15日 (金) 12時15分

じゃいろさん
 はい。富士フイルムさんはとても真摯に対応してくださいます。基本姿勢が写真文化に対して真面目という点なのですね。その良心がこもったようなカメラがX-E2かなと。

投稿: 小原玲 | 2013年11月15日 (金) 12時52分

X-Pro1 が発売された頃の ”MACRO 機能” (MACRO ボタンを押し、液晶モニター or ビュー ファインダー に MACRO のアイコンが付いているとき) は次のものでした。
・ 『至近距離撮影における AF精度 と AF合焦速度 を速くする』

最近のレンズやカメラのファームウェアの更新で、『 』以外の機能が追加されたか、フジに聞きました。回答は”追加されていない”とのことです。また『 』の機能は、すべてのレンズ交換タイプの Xシリーズ カメラに共通とのことです。

『 』には、至近距離におけるMACRO画像改善機能は含まれていません。
従ってMACRO ボタンを押したとき、MACRO を謳っている ”XF60mmF2.4 R MACRO” レンズを除く、他のレンズの至近距離の撮影では、MACRO 画像改善がある訳ではなく、現在のレンズが持っている力による撮影ということになります。

投稿: 田中 | 2013年11月18日 (月) 22時40分

田中さん
 どうもです。
 「MACRO画像改善機能」という機能があるカメラを、私は知らないのですが、どこかあるのでしょうか?通常はやはりAFを使い易くするためのMACRO機能だと思います。
 APS-Cはフルサイズに比べて焦点距離が短いので、近接が有利です。今のところ「現在のレンズ」が持っている力で、撮れる撮影で私はかなり満足しています。

投稿: 小原玲 | 2013年11月18日 (月) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: X-E2 使いこなしで知っておく必要があること:

« X-E2トーク ワールド・ビジネス・サテライトで放送されます | トップページ | X-E2 XF14mm/2.8の魅力 »