« X-E2 XF60mm/2.4マクロの魅力 | トップページ | 線が太いカメラ、線が細いカメラ 遠景比較 X-E2 »

2013年11月19日 (火)

線が太いカメラ、線が細いカメラ X-E2 

Photo

 私は良く「線が太い」とか「線が細い」という表現でカメラの描写を区別している。そのことが理解できない、また半信半疑の方も多いと思うので、実例を撮ってみました。
 上はフルサイズ一眼レフのEOS5Dmark2に、コンタックスプラナー50mm/1.4をつけて、絞りF5.6で撮影したもの。Jpegです。
 下はAPS-CのX-E2に同じく、コンタックスプラナー50mm/1.4をつけて、絞りF5.6で撮影したもの。Jpegです。
 撮影位置は同位置から撮っていますので、x1.5で画角が狭くなるX-E2の方が大きく写っています。なので縮小して、文字幅を同じサイズにしました。
 まず本筋とは違うのですが、どちらも家庭用LED照明下のオートホワイトバランスなのに、色がこれだけ違います。富士のオートホワイトバランスの優秀さが目につきます。またローパスレスの下のX-E2の方が明らかにシャープです。
1
 そして本題の「線の太さ、細さ」ですがいかがでしょう?(トリミングして判りやすくしました)
 下のX-E2の方が「線が細い」ことが判るかと思います。これが私が常々主張するカメラごとの線の描写の違いです。この線が細い方が動物の毛並みとかが繊細で優しく写り、人肌の毛穴が目立たなく美しく写ります。私が撮りたい「好き!」を美しく写す写真には、この「線が細い」描写が必要なのです。

追記(2013.11.23):当初私は「線が太いセンサー、細いセンサー」とこの線の太さ/細さの起因が、センサーだけにあるかのような記述をしていましたが、色々と再検証したところ、センサー以外の要因もあると判断しました。それはローパスによる滲みとか、カメラ内での画像エンジンの処理とかです。結果「センサー」を「カメラ」に換えて文章を訂正いたしました。

|

« X-E2 XF60mm/2.4マクロの魅力 | トップページ | 線が太いカメラ、線が細いカメラ 遠景比較 X-E2 »

コメント

文字のシャープさは、写真を拡大しなくても明らかですね。文字以前に、色味が全然違うのに驚きです。

FujiのXシリーズは色が良いので、旅行で撮った写真は、その時見た風景の雰囲気を切り取ったかの様に再現してくれるので、旅行から帰ってからのプリントで振り返るのが断然楽しみになります。

投稿: Marcoa | 2013年11月20日 (水) 00時30分

キャノンからにらまれたりしませんか?。
小原さんが心配です。(笑)
でもキャノンはローパスレスは出しませんね?。
なんででしょう?。

投稿: KY | 2013年11月20日 (水) 00時42分

私もPro1とE1を使っています。
小原さんのページは毎日チェックしています。
毎回参考になる記事を感謝です。
今回のテストは特別分かりやすく刺激的でした。
凄いです。
ありがとうございます。

投稿: mazekocha | 2013年11月20日 (水) 07時29分

Marcoaさん 
 ありがとうございます。はい、AWBの精度があまりにも違うので私も驚いています。この白が出ていないとRAWで撮って現像で白を出す必要がありますが、X-E2ならJpegでいけてしまいます。

投稿: 小原玲 | 2013年11月20日 (水) 07時58分

KYさん
 ありがとうございます。キヤノンだけでなくニコンも線を太くしています。この2社は競争して太くしあっているかのようです。スポーツ写真にはそれの方がいいのかなと思います。画面が引き立ちますから。ソニーも線は太いです。オリンパス、パナソニックは私は調べていません。
 線を太くしているメーカーは、写真に一番大事なものを忘れていると思い、ここで公開しました。

投稿: 小原玲 | 2013年11月20日 (水) 08時01分

mazekochaさん
 ありがとうございます。
 すごく明確な違いが出ますが、なぜかこれをカメラ雑誌などでは指摘してきませんでした。でも写真の種類によってはとっても大切なことなので、あえて5Dmark2には可哀想ですが、あげさせていただきました。

投稿: 小原玲 | 2013年11月20日 (水) 08時03分

小原様
 ここのところの更新頻度がとても多くて毎日楽しみに拝見させております。
繊細とかシャープとかを文章でお伝えするのは本当に難しいと思います。
人によっては写りすぎて絵が固くなるという方向の理解をされる方もいらっしゃいます。
繊細でシャープだからこそ階調が豊かで柔らかくなるという事を気づくにはやはりXシリーズを実際に使用して実感していただく事が一番ですね。

ps・23mmf1.4を購入しました・・・35mmも素晴らしいですが、これも凄いですね。

投稿: ふくだ | 2013年11月20日 (水) 08時08分

ふくださん
 ありがとうございます。今閲覧してくださる方がすごく増えているので、それに答えるためにも、更新頻度をあげています。
 画素数やセンサーサイズばかりが話題になる一方で、この「線の太さ」の問題をあげるカメラ雑誌などがなかったこともいけなかったと思います。
 私は動物を撮るので、ヒゲの描写でこの問題にすぐに気付いていました。
 23mm/1.4と35mm/1.4はレンズ構成がとても似ていて、35mmの前に2枚レンズが入っているような構成です。なのでボケ方とかシャープさがとても似ています。

投稿: 小原玲 | 2013年11月20日 (水) 08時34分

X-E1やE2の受光素子はCanon5D-IIに比べて約2倍の素子密度であり、言い換えれば5D-IIは画像(文字)の輪郭をE2より約2倍のサイズの素子で表現しているのですから、輪郭がぼやけて線が太くなるように見えるだけ、という可能性があります。
「線が細くなる」か否かの検証は、以下のような比較をしなければ説得力がありません。
 まず
①受光素子上ではなく画像上で同じサイズの像(この場合は文字)となるようにE2の撮影距離を伸ばして撮影したものを比較する。すなわちE2の方の写真を1.5分の一に縮小せずとも5DIIと同じ画像サイズになるように撮影して比較する。
 次に
②E1やE2の受光素子とほぼ同じ素子密度(10%ほど高密度)を持つCanonのAPS機(たとえばEOS-7Dとか70D)で同じ距離から撮影した画像を比較する。

投稿: Optman | 2013年11月20日 (水) 08時48分

Optmanさん
 ありがとうございます。
 はい。もちろんその部分は考えました。センサーサイズ、画素数が違う以上まったくの同じ比較はできません。
 ①のように撮影距離を変えるとレンズ性能が変わってしまいます。近接の方が画像が悪いという問題が現れます。②は昔やったことがあります、現在ここにデーターがないですが、同じ結果が出ます。
 またこの画像比較では素子密度の違いによる変化を超えて、線が太い、線が細いがいえるかと思います。
 線が太くなる傾向は、要望からそうなったと聞いています。スポーツを撮る新聞社などからみたら、線が太い方が画面から来る印象が強いのです。なんといってもプロ機の大口購入者は新聞社・通信社ですから。同様に高感度でのノイズのボカシもそうです。
 結果、線が太くて、ノイズを妙にぼかした「塗り絵調」ができてしまったわけです。しかしこれも印刷のドットが荒い新聞ではまったく問題になりません。
 これがあるので私は一眼レフをやめたというのも大きな理由です。

投稿: 小原玲 | 2013年11月20日 (水) 09時00分

すぐにフルサイズを言う人がいます。
たまたま昔、ライカがフルサイズを作ったからそれが標準になっただけ。
その時にいまのAPS-Cサイズを採用していたらどうなっていたのでしょう。
ネガの頃は、その大きさの違いは画質に直結していました。
でも今は、センサー技術の発達でそれほどの差があるのでしょうか?
むしろ、イメージサークルが小さいことによるレンズ設計のしやすさ、1.5倍などメリットの方が多い。
今回の小原さんが取り上げてくださった比較記事。
これを見ると今更フルにする必要性を感じません。
小原さんはフルにこだわっていますか?

投稿: うら | 2013年11月20日 (水) 09時54分

うらさん
 私はフルサイズの利点は
1)光学ファインダーが大きくなって見やすい
2)50/1.4のようなレンズでボカすことができる
だと思っていました。
欠点は
●周辺画質があまりよくない。
●レンズが高価で思い。総じて機材全体が重くなる。
●焦点距離が長くなるので近接は不利
だと思っています。
しかしミラーレスになって、利点の1)はEVFになったことで意味がなくなりました。2)もSpeed BoosterができたことでAPS-Cでも可能になりました。
 となると欠点だけが残ってしまったということになります。
 フルサイズでも次世代の有機センサーが出てくれば、レンズも小さく軽くなりますし、周辺の画質も向上しますので、その頃には欲しいかと思います。

投稿: 小原玲 | 2013年11月20日 (水) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 線が太いカメラ、線が細いカメラ X-E2 :

« X-E2 XF60mm/2.4マクロの魅力 | トップページ | 線が太いカメラ、線が細いカメラ 遠景比較 X-E2 »