« 線が太いカメラ、線が細いカメラ 遠景比較 X-E2 | トップページ | 相生山緑地の問題で河村たかし市長に要望してきました »

2013年11月20日 (水)

XFレンズの魅力 XF18mm/2

Dscf5788

(X-M1 XF18mm/2 F2開放 3.2秒 ISO6400)
 Xシリーズのレンズの中で一番選択に迷うのが18mmだ。
 XF18mm/2、 X100s+ワイドアタッチメント、XF18-55ズーム、XC16-50ズームと4つの選択があるからだ。
 まず侮れないのがX100s+ワイドアタッチメントで18mm/2相当になるが、周辺までシャープでしっかりした像を結んでくれる。アタッチメントを使用している劣化などまったく感じない。X100sの身軽さと静粛性もあって結構好きな組み合わせだ。
 またXF18-55ズームも写りがいい。周辺部に限ればXF18よりもいいかも知れない。なので微妙な構図を決める風景には使い易い。
 XC16-50ズームはなんといっても安価で軽量な割に写りがいい。強い逆光の時にだけXF18-55と差が出るかもしれないが、通常使用では十分に使える。16mm側への引きが必要な時にはこれを使う。
_dsf4792edit
(X-Pro1 XF18/2 F10 1/400 ISO200)
 そして本題のXF18mm/2だが、中央部の解像力は高い。そして近接でもシャープでありながら柔らかな描写を持っていて、「味がある」広角レンズだ。ただし周辺部の解像が、ごくわずかに劣るため、レンズレビューなどではその指摘が強かった。
 私はこのレンズも愛用している。広角レンズでF2という明るさで、しかも開放の描写がいいレンズって実はあまりない。特にシャープだが「味のある」柔らかみの残った描写のレンズは貴重だ。
 周辺部の多少の欠点はその中央部の良さでカバーしてしまっていると思う。何も壁面ばかり撮るわけではないからだ。
 特に報道写真やドキュメントで、広角で撮るときには、中央の寄ったところがきっちり写っていれば、それで十分なのだ。開放で寄れる数少ない貴重な広角レンズだ。周辺にこだわって、このレンズの中央部の画質の魅力を使わないのは勿体ない。
 周辺もこうやって絞って撮ったものを見る限り特に欠点があるとは思えない。
 XF23mm/1.4ほどの優等生レンズではないが、XFレンズの名に恥じない性能は持っている。このレンズの良さをきちんと判って使えばいいだけの話だと思う。そしてなんといってもパンケーキサイズの大きさは魅力だ。

|

« 線が太いカメラ、線が細いカメラ 遠景比較 X-E2 | トップページ | 相生山緑地の問題で河村たかし市長に要望してきました »

コメント

いやぁ、ここ最近は小原さんのレビューが毎日更新されるので
毎日楽しみで仕方ありません。
18mmF2、実は気になっていました。
28mm、50mm、85mmさえ揃えば撮れないものはないだろうと
思っていたからです。でも今は魔法のレンズと格闘中なんです。
今まで欲しい欲しいと思っていた画角に慣れるまで
しばらくかかりそうです。当面はズームレンズで我慢ですね。18mmは。


56mm。。。早く出ないかな。。。

投稿: NAO太郎 | 2013年11月21日 (木) 00時05分

NAO太郎さん
 ありがとうございます。そうですね、優先順位からいったらF1.4とF1.2レンズの方が上だと思います。特に「魔法のレンズ」が最優先でしょう。
 18-55のズームの性能がいいので、あれを持っていればXF18は無くてもいいレンズかと思います。でもすべて単体ばかりの組み合わせも、動きやすいということはありますね。

投稿: 小原玲 | 2013年11月21日 (木) 00時13分

実はこのレンズけっこう好きです
交換レンズなしでスナップに行くときにはこれだけで出かけます
いままでXFレンズで撮影した写真の、中で一番気に入った色が出た写真を撮れたのがこのレンズだったのです
寄れるのもいいですよね
14ほどパースを強調したくない時とかもいいですよね
一般人が普通に写真撮るときに周辺部の画質、そんなに気にするものなんてすかね。ぼくは全然気になりません。それよりもこの小ささ、寄れる、しっかりした描写、あと夜景とかの色もすごくいい色だとおもうんだけどなー。
ばくは、あと23買えば全部揃いますね

投稿: 哲☆平 | 2013年11月21日 (木) 00時38分

哲☆平 さん 
 そうなんです。今はレンズレビューでちょっと欠点が書かれると、それを気にし過ぎてしまう方が多いのですが、欠点のない製品なんてありません。
 欠点があっても、それを打ち消す「好き」があればいいと思います。
 オーロラにはこのレンズ最高です。ほんと色がいいです。

投稿: 小原玲 | 2013年11月21日 (木) 00時43分

こんばんは。
最近、XF18mmF2を手に入れました。
中央部の解像力は18-55mmよりも良くて、寄れる事、明るさ、コンパクトさが魅力のレンズですね。
私はズームレンズよりも単焦点で撮っている方が、悩まず構図を決められるので好きです。
ただ、シーンによってはレンズを取っ替え引っ替えするので、サブカメラの必要性を感じています…

投稿: カメラくん | 2013年11月21日 (木) 00時51分

カメラくんさん
 そうなんです。単体レンズだけの撮影って潔いのと、開放描写の魅力を強く出せるので、私も好きです。
 XF18/2だとポケットに完全に入るので、レンズを取っ替え引っ替えするときにもいいですよね。

投稿: 小原玲 | 2013年11月21日 (木) 00時59分

すみません。
ちょっと話がズレますが、結構悩んでいますので、
相談させてもらいました。
超広角・単焦点レンズが欲しくて、今、フジノンXF14mm/F2.8と、カールツァイスTouit12mm/F2.8
で悩んでいます。※今X-E1を所有してますが、X-E2に替えようかと思っています。
建築の仕事をしていますので、広く撮れることが最高のアドバンテージなのですが、パースペクティブに真面目な絵の撮れるツァイスレンズと、フジノン特有の柔らかさのある唯一無二のレンズで悩んでいます。
建築写真以外にもスナップシュート的な撮り方もします。
どちらが良いと言うのは難しいことだと思いますので、小原さんの思いを聞かせてもらえたら嬉しいです。

投稿: てらちゃん@ジャカルタ | 2013年11月21日 (木) 04時03分

てらちゃん@ジャカルタさん
 私はTouit12mm/2.8は実は使ったことがないんです。
 なので他の人が使った際の話しか知らないのですが、写りは素晴らしく良いようです。どちらも歪みがないレンズですね。欠点はMFの操作性が今ひとつなのと、距離表示の精度があまりよくないと聞いています。
 12mmと14mmというのは似て非なるものだと思います。用途も似ていますが、違います。スナップシュートに12mmは使いにくいと思います。建築でも14mmで狙って、狭いときには12mmという使い方になるかと思います。しかし、12mmは画角では大は小を兼ねるという面もありますね。
 私はパノラマ的な撮りかたも良く行うので、14mmで画角が足りない時にはパノラマ雲台を使って、そこから切り出す絵の方が好みです。なので14mmの下はパノラマ用に魚眼レンズを使っています。

投稿: 小原玲 | 2013年11月21日 (木) 08時20分

はじめまして。
ブログは以前から拝読させて頂いておりましたが、初コメントです。

X-E1のレンズキットを購入し35mm・60m・23mmと単焦点を揃えましたが、そうなると18mmも単で行こうとズームを手放して全て単焦点のラインナップになりました。

某所で周辺の描写が・・とか、ズームがあれば別に・・と書かれていましたが、小原さんが仰るように壁ばかり撮ってる訳ではないですからね^^

コンパクトさと明るさに寄れるので、ストリートフォトでは私が持っている中ではこのレンズが一番扱いやすいです。

投稿: Norick | 2013年11月21日 (木) 09時01分

小原さん
早速のお返事ありがとうございました。
「似て非なるもの」なるほどですね。そういう考えはなかったのでありがたいお言葉です。
シロート発想で、広すぎて使いづらければ後で切り取ればいいじゃん、という甘えた考えしかなかったので、またまた悩んでしまいます(笑)
作例等見ながらもう少し楽しく悩みたいと思います。

小原さんのブログ、いつも楽しみにしています。
アドバイスありがとうございました。

投稿: てらちゃん@ジャカルタ | 2013年11月21日 (木) 15時00分

18mmF2ですが、購入したのですが、
レンズそのものの歪曲収差をカメラ側で補正しているのですね。
周辺の解像度うんぬんはその影響があるのかも。
私は、素の状態での歪曲の大きさのビックリして、
それをカメラ側で補正してしているという仕組みが気に入らず売ってしまいました。
でもあのコンパクトさは歪曲収差のカメラ補正ありきなのだろうと思います。

投稿: KY | 2013年11月21日 (木) 18時45分

Norickさん
 ありがとうございます。やはり周辺がどうこうと聞くと心配に成って、このレンズを選ばない人も多いのですが、私が使ってきた広角ズームで周辺まで素晴らしい解像のレンズって記憶ありません。どれもそれなりに周辺は劣るものです。
 でもこの18/2は中央部の描写はすごくいい。開けて、寄って、パースで強調するような写真にはもってこいなんですね。
 ストリートでの身軽さもいいですね。

投稿: 小原玲 | 2013年11月21日 (木) 19時11分

KYさん
 はい。このレンズはカメラで歪曲収差を補正するレンズですね。似たようなものではSONYのRX1, RX1Rのツァイスゾナー35/2がそうですね。
 どちらもミラーレスの薄型広角レンズならではの歪曲収差をカメラ内補正です。
 でもこのレンズ以降、富士はカメラ内補正をしなくてもいい、広角レンズに切り替えてきましたね。その分、描写は良くなりましたが、サイズは大きくなりました。
 小ささと周辺の描写の問題は兼ね合いなのかなと思います。

投稿: 小原玲 | 2013年11月21日 (木) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: XFレンズの魅力 XF18mm/2:

« 線が太いカメラ、線が細いカメラ 遠景比較 X-E2 | トップページ | 相生山緑地の問題で河村たかし市長に要望してきました »