« Xシリーズの新ファームウェアが公開 | トップページ | ライツベローズⅡ+X-M1 »

2013年12月20日 (金)

未来の新聞カメラはミラーレスでしょう

Nikondf

 12月13日にニコンDfのことを『「数年後に「あの時にあんなカメラ出してなくて、もっと別のカメラを出しておくべきだった」と会社をあげて猛省するような気がしてならない。』と書いてから、ブログの閲覧数がうなぎ上りになっていて驚いています。
 何でだろうと友人たちに聞いたら、あちこちのカメラ掲示板で、このブログのことが話題になっている、とのことでした。おもむね私への批判ですが、中には未来のカメラ像についての議論もあるとのこと。
 私の写真家人生でプロになって最初に使ったのがニコンです。学生時代にコンテストの商品でもらって使っていたキヤノンF1のシステムを止め、ニコンF3とFM2でシステムを作り直しました。当時はストロボの1/250秒シンクロが報道写真を変えていたので、シンクロスピードが大きな理由です。
 そして当時のニコンは本当に壊れなかった。私のF3はF3Pではなく、F3をF3P風にホットシューやら、液晶照明やら、報道機材課が改造してくれたものだったのだが、撮影に支障があるような故障は一度も記憶していない。FM2はモータードライブとの相性で時々肝心な時にシャッタ−が落ちないというトラブルがあって、何度も修理したが、1/250シンクロが切れるのがそれしかなかったので大事なカメラだった。
 ニコンを止めたのはつまらないきっかけだった。ある時大切な撮影の前にボディかレンズの修理を依頼しに報道機材課に行ったら、顔なじみのおみくじみたいな名前の窓口の女性が「小原さんはNPSのカードの更新が切れているので修理受け付けられません」というわけだ。当時私は1年の半分は海外取材をしているような売れっ子報道カメラマン、「LIFE」誌にも大きく扱われていた頃です。日本にいる時間は短く、事務手続きができなくてカードの更新をしていなかったのだ。でも普段はその女性の上司たちが、何も言わずに修理してくれ、その女性もそれを横で見てきていた。
 修理ができなければ、翌週からの撮影に支障を来たす。なんとかしてと懇願しても「ダメです!」なので、「じゃあいいです」と行ってその場で銀座の中古屋に行って、ニコンを売り払ってきました。そしてライカRに変えました。
 ニコンに恨みでもあるの?とか言われたら、このおみくじみたいな名前のお姉さんにはあります。でもカメラとしてのニコンは当時の私の過酷な報道現場での撮影をさせえてくれたのでありません。
 ライカRはまあ故障やトラブルの多いカメラでした。ライカMはまったく故障と縁遠かったのですが、Rの方は何台ボディを持っていても心配でなりませんでした。先輩の写真家のR使いの人は、5台ボディを持っているが絶えず2台が修理中と言っていました。それでも丈夫なニコンに戻れなかった理由があります。それは写真の質感です。
 ニコンの時代には平面のように写っていた写真が、ライカRに変えて立体感があるように見える写真に変わったのです。あとモノクログラビアでも階調の美しさは一目で判りました。焼き込み覆い焼きをしていないストレートプリントでも、十分にデスクに提出できるプリントになるのです。ニコンの時には焼き込み、覆い焼きをしないと見せられませんでした。
 そして私はアザラシの赤ちゃんに出会って、動物写真家に転身していくのですが、その時ライカRを使っていたことは大きかったと思います。アザラシの赤ちゃんの毛並みがとても優しく写りました。
 その当時に撮った写真を多く入れて構成したのが、先日にiBooksでベストセラー(総合4位)になった「アザラシの赤ちゃん」です。
 で、肝心な色々批判されている未来予想図ですが、私はこうなると思っています。これから1年ちょっとはまだフルサイズ一眼レフの時代が続きます。それは現状ではそれの方が撮影に優位だからです。ウォークマンが出たあとも、米国にいくと黒人のストリートダンサーたちは大きなラジカセをかついて持ち運んでいました。
 でも来年あたりから、スポーツをミラーレスで撮るプロ写真家が出始めます。最初はスポーツカメラマンというより、新聞の地方支局の記者が高校野球で使ったり、オリンパスの依頼で本田選手を撮るカメラマンだったりでしょうが、少しずつ出始めます。
 そしてそういう写真が新聞や雑誌に掲載されだします。そしたらミラーレスでいいじゃないかと、プロのスポーツカメラマン以外は次々にスポーツをミラーレスで撮るようになってきます
 そんな記者がミラーレスで撮った写真が、新聞写真部のカメラマンがニコンD4で撮った写真を上回る場面が、来年か再来年には登場することでしょう。撮影に身軽さというのは大きな要素があります。ニコンD4に400mm/2.8に一脚で、カメラマン席にひしめき合って通信社と似たような写真を撮っている新聞カメラマンより、観客席からミラーレスで手持ちで撮った写真の方が、角度や構図が斬新で素晴らしいということが現れ始めるでしょう。
 それに2、3年後に今の新聞写真部が今のままの規模であるとは、私にはとても思えません。経済効率を考えたら、すでに普段は記者に撮らせて、スポーツなど必要な時だけ単発で依頼すればすむような話です。そしてそんな時に必要なカメラはニコンD4ではありません。そもそも紙の新聞自体が数年先まであるかどうかすら怪しいのに、新聞写真部がそこまで今の規模であるとは思えません
 だいたい新聞写真をフルサイズセンサーで撮るなんて、645の銀塩フィルムで新聞写真を撮るような話です。だれがどう見てもオーバースペックです。しかもJpeg-Sで圧縮を海外送信などでは3とか4まで小さくしているのですから。
 なので私はニコンDfのヒットのおかげで、未来の新聞カメラが登場するのが遅れるだろうなと思っているのです。オジさんの開発者が懐古趣味で作ったカメラがオジさん達にウケた。それはそれでいいと思います。
 でも若い開発者が未来の写真界を考えて作った、そういうカメラがニコンからもキヤノンからも出て来ていない。それを指摘している訳です。今はオリンピックでキヤノンの白かニコンの黒かの話題になっていますが、次かその次あたりからは、黒白ではなくて、大小の話になっていると思います。そんな未来の新聞カメラを作った会社が未来のカメラを制すると思います。
 だってすでに富士のXシリーズだけで仕事をしていて、写真はなんでも撮れるし、写真自体は良くなっているのだから。使っている私にはそれが判ります。

|

« Xシリーズの新ファームウェアが公開 | トップページ | ライツベローズⅡ+X-M1 »

コメント

いつも楽しく拝見しています。
Xpro1にはじまり、X-E2とXQ1を買い増しして楽しんでいます。

おっしゃるように一眼レフからミラーレスに主軸は移るのでしょう。
しかし、花の命は短くてじゃないけれど・・・ミラーレスの時代も短く、未来の報道記者の手には「とてもカメラには見えない映像通信機器」が握られているのかもしれません。

投稿: 大木ぼん堂 | 2013年12月20日 (金) 14時29分

大木ぼん堂さん
 はい。当初はビデオが新聞写真を駆逐していくかと思われました。でもビデオは画像の確認にも、見るのにもその秒数や分数時間がかかってしまいます。速報性のあるものには、この1分ですら重いです。
 なので静止画の世界は残ると思います。でもスポーツ写真を動画切り出して撮るようになるのは、ありえますね。

投稿: 小原玲 | 2013年12月20日 (金) 14時37分

私はDfを見た時、京セラ最後の1台として、ヤシ京マウントでこういうのを作って欲しかったな、と思いました。
高性能高機能じゃなくてもいいから、フィルム一眼レフ時代のレンズと使い方をそのまま引き継げるボディ。MF(マニュアルフォーカス)レンズなので、もっとシンプルでコンパクトで10万円程度で。APS-Cでも、出来れば細々とでも作り続けて欲しかったです。そうしたら今でもプラナー50/1.4を使っていたと思います。

私もDfは爺が爺向けに作ったカメラだと思います。ニコンの本流は今後数年も一眼レフで、その亜流商品ですし。ただニコワンを成功させていたら、Dfの存在意義は違ったと思います。

ニコンはニコワンをこれからの時代を担うと言うより、新しい可能性を切り開くカメラにしたかったようですね。
ニコワン発表時は、企画コンセプトやシステム構想などは、本気の硬派路線でした。あのまま続けていたら、売り上げはイマイチでもマニアが強く支持したと思います。
しかし、その後のモデルチェンジやシステム展開を見て、ニコワンへの期待は諦めました。実際に二束三文の中古価格を見ると、そう思った人も多かったのでしょうね。
残念ですが、うちのニコワンは顕微鏡専用になるかも(笑)

ブログのコメント対応、お疲れ様でした。閲覧数PVの伸びはすごいですね、皆さん一日何回も見に来たんでしょうね。私もですが(^^;
それにUU(人数)も結構増えましたね。この中の何人かはこれをきっかけに現状に疑問を持つかもしれませんね。

投稿: (^・^) | 2013年12月20日 (金) 16時52分

(^・^)さん
 たぶんニコワンの開発陣は、D4シリーズの開発陣にあれこれ言われて、思い切ったことができないのでしょうね。
 この手のカメラは、思い切って下克上しないといけないのに。
 かつてキヤノンがEOS5Dmark2で1Dsを下克上しましたが、そういうのが欲しいですね。
 ブログの閲覧数が増えるのは小さなメディアを持ったようなものなので、とても嬉しいです。雑誌の編集者や広告主に気兼ねしながら書くのと違い、自分で自由に書けますから。

投稿: 小原玲 | 2013年12月20日 (金) 17時34分

"ブログの閲覧数が増えるのは小さなメディアを持ったようなものなので、とても嬉しいです。雑誌の編集者や広告主に気兼ねしながら書くのと違い、自分で自由に書けますから。"

小原さんの執筆には何枚も目のウロコを落とされました(笑)
これからも現場からのプロ目線でウロコ落とさせてくださいな!

私、ここ数年カメラ誌を買わなくなりました。
まずネット上での報道の早さ、そして…全ての方でもないでしょうが、所謂提灯記事ばかり感がアリアリですから。

投稿: まよねえず | 2013年12月20日 (金) 23時47分

まよねえずさん
 ありがとうございます。
 はい、これからも小さいメディアを育てていこうと思います。宜しくお願いします。

投稿: 小原玲 | 2013年12月21日 (土) 00時34分

小原様

読んでいてちょっとこれは、と思うようなコメントも時々見かけますが、そのひとつひとつに、丁寧に返事をしておられるのに、感心します。
カメラの将来に関する小原さんのご発言は、一年くらい前から全くブレていないし、また写真を撮ることを職業にしている人の、言葉の重みを感じさせるブログに、感服しながら、愛読しています。

日本のカメラ業界のリーダーともなれば、四半期ごとの業績優先で、二年先を心配するより、いますぐ利益のあがる製品に注力せざるをえない、という事情はあるのでしょうが、しかしコダックもデトロイトの自動車メーカーも、そうやって競争力を無くしていきましたよね。70年代までの米国車が、なぜあんなにばかでかいしろものだったのか、今では信じられないほどですが、カメラの世界も同じことではないでしょうか。

また、「小さなミラーレスカメラは、からだのおおきい北米人には向かない」、とも言い切れないように思います。これまでは、写真を撮る道具として、一眼レフの方がミラーレスより使い勝手が良かった、ということではないですか。サイズの問題ではないように思います。

キャノンからフジXシリーズに変えてみて、写りのいいことはよく分かりました。これからは、もっと握りやすいグリップだとか、XEにティルト・スクリーンの採用などなど、道具としての使い勝手の良さの面も、あわせて追求して欲しいものと、願っています。

投稿: 中原英二 | 2013年12月21日 (土) 08時58分

小原さん、はじめまして。
Df騒動?でおじゃましました。
私は子どもの運動会撮りたくて、D4を買ってみて動きものを捉える能力の高さにびっくりしていました。しかし、システムとしての大きさと重さには閉口しています。
最近、E-M1やらα7やらを触ってみて、漠然と感じていたことを小原さんがスッキリとおっしゃっていたので、感銘を受けました。
下の子が中学に上がる頃は、ニコンのレフ機は使っていないような気がしています。

投稿: 2800rpm | 2013年12月21日 (土) 09時22分

このスレッドを見て、小原さんの論調を理解してくれて、発言してくれている人たちも多くいるを知って安心しました。最初に発言したほうは、某お買いもの掲示板と同じで、本質が見えていない人ばかり。別に、レトロカメラの個体についてどうのこうの言ってるわけではない。今、この時代に何を考えているのか?こんなことで、写真文化が守っていけるのか、そういう問題提起であることがまるで分かっていない。要するに、人生の中で、写真がそれほど重要ではない人がいかに多いか、バカ高い装身具を買うことを趣味としている人がいかに多いか、特に日本に、ということを、証明しただけです。ただ、やっかいなのは、メーカーにとっては目先の利益は、そういう妙な人から生まれてしまうので、そちらに走ってしまう。
しかし、本来、写真の楽しみを知らない人が、そうそう長く、写真を撮るための機械に目を向けているでしょうか?
今はクルマってやつが、下火なので、無駄遣いの場所が無くって、たまたま、デジカメに向かっているだけなのかもしれません。

どうして、本質を見ないで、具象的なことばかりにこだわる人が多いのか、物事を抽象化して考える能力に欠ける人間が多いのでしょうか。

小原さんは何も、Dfという個体についてどうのこうの言っているわけではない。
デジタル化以来始まった急激な変化についていかないと大変なことになる、そいつは、供給者側も、そして、Userも。
カメラは、下手をすると道具として誰も幸せにしないものばかりになり、職業カメラマンも、撮影を楽しむプロもアマチュアも含めた写真愛好家も不幸になる。
もちろん、ただのコモディティに堕したカメラは文化の創出などとは縁遠いものとなり、家電売り場の一角にあるただの道具となりはてる。

かつてのオーディオが今や、MP3プレイヤーになり、再生機器も、低価格ミニミニコンポになってしまった歴史を見れた、スペック優先、ユーザー無視、目先の利益ばかりを見て、ポリシーもフィロソフィーもないものを乱発していれば、早晩、ユーザーに見放されて、必要なものが一応提供はされている、程度のものになってくるのは、間違いないのではないでしょうか。

一度失ったものを取り返すのは容易ではないはずです。
フィルムの時代に、出来上がった、カメラメーカーとUserのコラボレーションともいえる独自の写真文化。
もちろん、メーカーにはUserを育てることで市場を創出したいという企業としての論理があってのことでしょうが、その中にも、写真愛好家としての視点、自分たちも幸せになるという視点があったような気がするのです。

私は、カメラメーカーの変節、特に、自らを育ててくれた銀塩写真文化を簡単に捨て去り、デジタルにシフトしていった過程に、大きな疑問と不安を持ちました。

本当にこんな姿勢で良いのだろうか?
こんなことをしていたら、本来、エレクトロニクスのメーカーのほうが優位のはずなのだから、そのうち、とんでもないことになるのではないか?

ところが、大手は、一眼レフ構造というものは、家電屋には作れないとたかをくくって、銀塩からのキャリーオーバーの上に胡坐をかけば何とかなると思っていた節があります。

EVFの性能向上とともに、ミラーレスのファインダーは、撮影結果、補正効果がリアルタイムに確認できるファンダーとして、こちらのほうが、良いという人も出てきている。
覗きこむスタイルよりも全体が俯瞰できる背面液晶のほうが、ファインダーとして好きだという人も出てきている。(というよりも、私も、中判の左右逆像でも、全体を俯瞰するファインダーが撮りやすいと思っていました。)
狭い窓を覗き込むだけがファインダーだと思い込んでいる経験の低いシロートが、デジカメの背面液晶を見るスタイルを批判しているのは笑止でした。シノゴや8X10の撮影スタイルを見ても、覗きこまなきゃダメだというのでしょうか。ウエストレベルのハッセルを見ても?まあ、そういうもの自体が消えて行っていますが。全体の構図を把握することを考えれば、俯瞰するスタイルも十分にあると思います。シロート写真が、やたらに余計なものが写っているのは、覗きこむファインダーの四隅を見渡すという作業が、難しいからです。コンデジ風の背面液晶撮影のほうが、構図を俯瞰して見渡せるので、余計なものが入りにくく、構図も安定しているように見えます。
デジカメが可能にしてくれた、EVFや背面液晶ファインダーなどの利点を理解もせずに、制約があった光学ファインダーのスタイルを絶対だと思っている似非アマチュアを見ても、変化に柔軟についていけない人間の言うことなど以下にあてにならないかが分かります。
アングルファインダーやマグにファイヤーなんて大げさなものが無くても、液晶がくるりと回転して、部分的拡大もできるEVF、どんなに便利なモノかは、撮影に工夫や努力をしてきた人にしかわからない。装身具として首から下げてるだけの人には分からないんです。

フォーマットも、でかければいいというものではなく、テレセンの問題も含んで、マイクロフォーサーズのように、最適化を考えることが重要だということも、良くわかってきている。古い小口径マウントで、フルサイズなどなると、どんな無理があるのか、そいつは、異様に前玉のでかいレンズが証明していないか?

とにかく、本来、デジカメには必要のないレフレックス構造を死守して、レガシーユーザーのブランド盲信を利用して、高くて重いものを売りつけようとする戦略には、大きなほころびが出てきている。

そして、何もよりも、新興勢力?いや、フジ、オリンパス、パナなどのほうが、どうも、まじめにUserの方向を向いているような気がする。
Userと一緒に、写真文化を育てようとしているような気がする。

単に2大勢力の敵わないのでニッチを狙ったわけではなく、本来の使いやすい、買いやすい、それでいて、銀塩時代に生まれた写真文化を継承するだけの描写力、表現力、趣味性を持つ、新たな時代のカメラを作ろうという意欲があるように見える。
特にパナのミラーレスを使ってみて、彼らの意外なカメラ目線、カメラを使う人の気持ち、装身具ではなく道具として写真を撮る人の気持ちを分かっているインターフェイスにびっくりしたのです。

フジのカメラは、まだ、手に取っていませんが、実は、最近、Dfと並行して話題になったソニーα7の宣伝員が店頭にいて、やたらに、妙なスペック談義を続けて売りつけに来た時に、これって、カメラなのかなぁ?なにやら、電子ディバイスにふたを下だけに見える、全然欲しくならないぞ、と思った時、ふと、横にある、カメラらしいカメラを見つけて、へえ、フジフィルムのカメラなんだねえと。

こっちの方がよほどカメラらしい、と。
そいつは、外観からのイメージだけではないかもしれません。

ソニーのカメラには、写真家の夢が見えません。あるのは、スペックとツアイスブランドで、二大ブランドの美味い汁を横取りしてやりたいという、アプローチが違うだけで、狙っていることは同じ、としか思えない、ショーバイの匂いしかしません。下手をすると、N、Cとともに、写真文化を終焉に向かわせる尖兵となるかもしれません。

投稿: MAX 1 | 2013年12月21日 (土) 10時52分

小原様
くどいようですが、使い勝手のよさと言う点で、今後の改良に期待している点に、XEのレバー・ダイヤル類が、ちょっと触っただけではぐるぐる動かないよう、固めにして欲しい、というのがあります。
縦位置に急いで持ち変えている途中、フォーカスモード切替レバーや電源レバー、あるいは露出補正ダイヤルに手が触れると、設定が変わり面食らう、などはX100以来の変わらぬ悩みです。一眼レフでは経験しなかったことですが、皆さんはこの問題にどう対処しておられるのでしょうか。

投稿: 中原英二 | 2013年12月21日 (土) 10時56分

>中原さん
X-E2では硬くなりましたよ

投稿: ok | 2013年12月21日 (土) 11時31分

中原英二さん
 ありがとうございます。はい、かつての車産業やテレビ産業が、ほとんど同じような流れになっていますね。
 グリップに関しては色々と要望を出しています。作ってくれるといいなあ。あとティルト液晶も私は欲しい派です。

投稿: 小原玲 | 2013年12月21日 (土) 21時42分

2800rpm さん
 はい。D4の能力の高さは私も認めるところです。あれと同じ撮影はXではできません。でも好きなものを美しく写すという点では、D4はXシリーズに及びません。運動会の写真でも身軽だから撮れるいいシーンもあります。
 私たちが撮りたいのは新聞記者がオリンピックで撮るような運動会写真ではなく、子どもが一生喜んでくれるような、いい表情の写真だと思います。

投稿: 小原玲 | 2013年12月21日 (土) 21時45分

MAX 1さん
 長文のレポートどうもありがとうございます。大変興味深く読ませていただきました。
 はい、今他社のスペックの話ばかりをしていて、何がどう写るかといういう部分をおろそかにしています。そんな中、記憶色だの立体感だの言っている富士フイルムは、ほんと真面目すぎます。
 でもそういうカメラが今こそ必要だと思い、応援しています。

投稿: 小原玲 | 2013年12月21日 (土) 21時48分

okさん 中原英二さん
 はい、X-Por1やX-E1ではダイヤルが動きやすかったのですが、X-E2は少し固くしてもらいました。私のところに届いた試作機のダイヤルが軽かったので、ずれやすく、±3段の補正ができるため、ずれていた時に露出の誤差が大きいと指摘しました。固くなって使い易くなったと思います。

投稿: 小原玲 | 2013年12月21日 (土) 21時51分

小原さん・okさん
ご指摘ありがとうございました。X-E2を試してみようと思います。
遅ればせながら、「わが社のDNAは光学とメカニズム」というDf開発ご担当の方のインタビューを読みました。私はDfというのは、ひとむかし前、VWがカブトムシのデザインでリバイバル車を出したように、懐古趣味に訴え話題づくりを狙う一方で、一時的にでも利益に貢献すればよい、と割り切った商品だと思い込んでおりました。しかしこれ、本気なんですね。これで、小原さんが将来を危惧しておられる背景がよく分かりました。

カメラは精密機械の伝統から外れるべきではなく、またダイヤル操作そのものを楽しむもの、と考える人が結構いるだろうことは否定しませんが、でもいま大半のユーザーがカメラに求めているのは、使い勝手がよくて軽くて、ちゃんと構えてシャッターさえ押せば、思い描いている通りの色の再現をやってくれる、そんな効率のよい、写真を撮るためのすぐれた道具、ではないでしょうか。

今では旧型になったXF1をさいきん買い求め、家族のフラッシュ写真を撮ってみて、その肌色に驚きました。こんな小さなカメラだけど、フジも本気なんだな、と痛感しています。

過去の自社の遺産をいかに新製品に活かすという点で、「私たちは色を作る」というフジと、伝統的な「写真機づくり」へのこだわりを見せるニコンとは、お互いに違った方向に進みそうな感じですね。その結果がどう出るのか、やがて分かることでしょうが。

投稿: 中原英二 | 2013年12月23日 (月) 04時21分

中原英二 さん
 あとサムレストを付けると露出補正ダイヤルの誤操作が少なくなります。私は使ってはいないのですが、他の方のボディを触ってそれを実感します。
 XF1もとても良く出来ているカメラです。私は2台購入しています。
 あのカメラにも富士が目指すものが込められていますよね。

投稿: 小原玲 | 2013年12月23日 (月) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未来の新聞カメラはミラーレスでしょう:

« Xシリーズの新ファームウェアが公開 | トップページ | ライツベローズⅡ+X-M1 »