« LIFE誌との思い出 | トップページ | X-A1ホワイトとサムレストはよく似合うのです »

2013年12月27日 (金)

あの時にこのカメラとレンズがあったなら

Adscf8977

 昨日書いた記事のLIFEに載った天安門事件の写真を撮ったライカM3+ズミクロン35mm/2とX-E2+XF23mm/1.4です。
 あの天安門の写真を撮る前日か前々日に、私は中国の公安に捕まっていて、広角用の一眼レフカメラを没収されています。そして広角はライカM3とこのレンズしかない状態で、あの日の夜を迎えました。
 M3は予備の予備だったので、フラッシュ接点アダプターを持ってきていませんでした。なのでストロボが使えません。フィルムはISO400のフジクロームRHPがありました。そのフィルムを目一杯増感(+2.5EV)の指示をして、F2開放で1/8秒のスロシャッタ−で撮ったのが、手をつなぐ学生たちの写真です。すぐに、列がぐじゃぐじゃになり、実際に撮れたのは前後合わせて2、3枚だけでした。
 当時すでに広角ズームもありました。なので私が機材を没収されていなかったら、この写真をもっと安定した構図で、ストロボを焚いて撮っていたかもしれません。でもその写真が果たしてLIFEの編集部の心を捉えたか。ただのニュース写真ではLIFEは決して選んではくれません。
 ライカで「写れ」と念じて撮った写真だったから、撮れた写真なのではと思うのです。なので私はこの時から、便利なカメラが必ずしも人の心を打つ写真が撮れるのではない、とは思うようになりました。それに一眼レフだったら1/8秒の手持ちで、しかもバチャとやったら、あの緊迫した場面でどんなことが起こったか判りません。そしてミラーショックでブレていたでしょう。
 でももし、ライカと同じようなX-E2とXF23mm/1.4があの時にあったらどうだったか。絞りを1段絞ってF2にしても、ISO6400で1/30秒の露出が切れています。報道用なら12800も使えるでしょう。なので、もっともっと前の薄明の中からシャッタ−が押せていたと思います。私はもっともっと強い写真が撮れたかも知れません。
 私は必ずやこの2、3年のうちに現役のフォトジャーナリストがこのX-E2とXF23mm/1.4で、世界中の人の心を打つ報道写真を撮ると思っています。それに最も適したカメラだからです。実際X-E2を購入した後輩の現役ジャーナリストは数多くいます。必ずその時が来ると思っています。

|

« LIFE誌との思い出 | トップページ | X-A1ホワイトとサムレストはよく似合うのです »

コメント

こんにちは。親指ホルダー使われているのですね。このM3が誕生年が同じライカですね。。。私の同期M2より100,000分、人生の先輩ですが、とてもよい仕事を共にされてきたのですね。私のM型は小さな幸せばかりを撮影してきているだけなのですが。。大切にしていきたいですね。

投稿: もやし | 2013年12月27日 (金) 16時09分

小原さんM3と誕生年同じなんですか?
ぼくは持ってるM2と同い年なんです(笑)
お互い半世紀以上生きてきたんですね

M3と50ミリでなくて35ミリというところが
フォトジャーナリスト的なのかな

当時このX-E2と23ミリあったらほんとすごいでしょうね

投稿: 哲☆平 | 2013年12月27日 (金) 23時20分

哲☆平さん
 当時はM6メインで使っていました。これも天安門事件前に没収。
 M3は50mmとか90mmを使うために用意していました。あとどうせ露出計が作動しない21mmスーパーアンギュロンとかに。
 このM3今はシャッタ−が不良なんですが、同い年ということもあって、大事にしています。

投稿: 小原玲 | 2013年12月27日 (金) 23時49分

初めまして ayaGと申します。

少し前から読ませていただいております。
撮像素子の配列が碁盤の目ではなく、無秩序に並んでいるフイルムの粒子に似たFUJIの撮像素子にフイルムと同じような画像を期待していました。
X10が発売された時に店頭で覗いてみましたが、パララックスというのか見えているものと写るものの差が大きいので買いませんでした。
また、撮像素子の大きさに比べてカメラ筐体が大きく感じて、それも踏み切れない原因の一つでした。
その後に発売されたものもコンパクトカメラとしては大きく感じていました。
最近、鳥を撮影する人が次に買うカメラはX-E2と書いているのでX-E2を調べていた時に小原さんのブログに辿り着きました。
その人は、AFを使わずMFで合わせると言っていました。
X-E2は、APS-Cサイズの撮像素子を使っていて一眼レフの大きさを考えるならHEXARより一回り小さいのであの大きさで良いと思い、マウントを変えても良いと思うようになりました。
動くものの撮影については組み手で「予測」との書き込みがありましたが、果たして自分ができるかどうか分かりませんが訓練するしかないでしょう。

「没収」って「掠奪」ですね。
報道規制なら、フイルムやメモリーカードを取ればすむのにカメラ本体ごとというのは理不尽だと思います。
数年前、取材中射殺されて取材用のハンディ動画用カメラを取られて戻ってこなかった事件がありましたね。
殺されるよりましということなのでしょうね。

これからもお邪魔致します。よろしくお願いします。


投稿: ayaG | 2013年12月28日 (土) 14時04分

ayaGさん
 望遠レンズを頻繁に使う人だと、最近のAF望遠レンズがそれほど解像度が高くないように思えたことがあると思います。理由はシャッタ−ショックとか、センサーのボカシとか、レンズ構成玉が多すぎること、AF精度などなど色々あると思います。それらの複合的な問題かもしれません。
 それがBORGとX-E2などだと、MFになりますが、抜群の解像力の写真が撮れるわけです。しかもとても安価に。
 天安門では多くの海外メディアのカメラが没収されましたが、名乗り出ると誓約書を書くことで返してくれるのです。しかし、わざわざ名乗りでて誓約書を書くよりも、取られたままの方がマシ、こんな感じでした。

投稿: 小原玲 | 2013年12月28日 (土) 15時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの時にこのカメラとレンズがあったなら:

« LIFE誌との思い出 | トップページ | X-A1ホワイトとサムレストはよく似合うのです »