« トダ精光 TFX-02での360°パノラマ | トップページ | X-A1&X-M1のサイト »

2013年12月 3日 (火)

フジノンレンズが素晴らしいのは昔から

Dscf8587_2

 防湿庫の中から「たまにはシャッタ−を切ってよ」という声が聞こえたわけではないが、目についた電子&メカニカルシャッタ−のフジカST901のシャッタ−を切っておきました。
 富士のXシリーズを使う者は、誰しもがXFレンズの素晴らしに感動しますが、富士のレンズが素晴らしかったのは今に限る話ではありません。
 この写真のカメラについているEBCフジノン50mm/1.4の頃からとても素晴らしいレンズを作っていました。私はホタル撮影で色々な50mm/1.4レンズを試していますが、一番好きなのは、プラナー50mm/1.4を差し置いて、このEBCフジノン50mm/1.4なのです。M42マウントなのでアダプターを使っていまでも使用することができます。以前試し撮りしたカットがこちらです。今でも十分に実用できるレンズです。
 ただこのレンズ、後期型以外は放射性物質をかなり多く使用しているアトムレンズですのでご注意を。
 今ではフジノンと富士フイルムは同じ会社ですが、少し前までは別会社でした。なのでフジノンの方たちはレンズ専業メーカーならではの誇りをもったレンズ作りをされていたそうです。日本のツァイスのようなものですね。

|

« トダ精光 TFX-02での360°パノラマ | トップページ | X-A1&X-M1のサイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フジノンレンズが素晴らしいのは昔から:

« トダ精光 TFX-02での360°パノラマ | トップページ | X-A1&X-M1のサイト »