« シグマさんからカレンダーが届きました | トップページ | ブログの閲覧数記録がまた更新です »

2013年12月22日 (日)

新型グリップ、アルカスイス型クイックシュー付

Grip

 すでに海外の富士フイルムさんのサイトで発表になっています。
 これは待ち望んでいました。Really Right Stuffさんのクイックシューは金属(アルミ)部分がむき出しなので、寒冷地ではめちゃくちゃに冷えてしまうんです。そして重い。
 今までの純正のグリップはバッテリーやカードの出し入れもできなかったから、ホールド感は良くても、実際には使っていませんでした。
 今までカメラメーカー各社がなぜこれを純正で出さないか不思議だったぐらいです。すでにアルカ型クイックシューはプロの定番機材になっています。あと三脚穴が中央に来るのもパノラマ撮影にはとても助かります。
 まだ日本では発表されていませんが、これは絶対欲しいですね。
 そう言えば昔こんな記事を書いていました。まだX-Pro1が「ペケプロちゃん」の頃の話ですね。このクイックシュー問題も解決しました。

|

« シグマさんからカレンダーが届きました | トップページ | ブログの閲覧数記録がまた更新です »

コメント

あぁこれは良いですね。買いです。

グリップを買いましたが、グリップ側にある取付ネジと三脚穴がこれまた近すぎて、クイックシュー付のグリップを装着している状態で、バッテリー交換をする場合、
・クイックシューを外す
・グリップを外す
・蓋を開ける
の3ステップが非常に手間でした。

せめて
・クリックシュー付のグリップを外す
・蓋を開ける
という2ステップだったら良かったのにと思ってました。

しかし、この製品は、
・クイックシュー付のグリップの穴から蓋を開ける
という1ステップですね。素晴らしい。

投稿: じゃいろ | 2013年12月22日 (日) 11時14分

じゃいろさん
 そうなんです。しかも三脚に付けたままでもバッテリー交換ができます。とても助かりますね。

投稿: 小原玲 | 2013年12月22日 (日) 11時53分

こんにちは、一昨日持っているリコー製品を全てマップカメラに売ってきました(理由はフジの方が僕好みの写真が撮影できるので、最新版のGRも売りましたが、やはりXシリーズが出す写真に対して、RICOHの邦画劣っていると感じてしまったので一式全部売りました)15万円ぐらいになったので、X−Pro1かX-E2のどちらかを買おうとしています。
XF35f1.4は使いたくてしょうがないので、突如購入してしまうのも有りかなとも思っています。

投稿: zizili | 2013年12月22日 (日) 12時59分

zizili さん 
 ありがとうございます。
 すみません、ご迷惑がかかりそうな人がいる部分だけ、コメントを一部削除させていただきました。色々な人がこのブログを見ているので、すみませんが宜しくお願いします。
 今月号のデジタルカメラマガジンにも来年の話が色々書かれています。なのでzizilさんの予想は遠からずのような感じがします。ただX-E2はすでに相当な完成度がありますので、値段と性能を考えれば後で後悔はしない機種だと思います。

投稿: 小原玲 | 2013年12月22日 (日) 13時21分

こんにちは。これは早く欲しいグリップですね。プロをはじめユーザーの意向とフジの目指す写真のために真摯に改良を加えられていけば、過去の統計では予測の難しいパンデミック(医学用語と単なる世界的流行の意味があるようですが)が起こっても不思議ではないですよね。特に多くのプロが認めた最初のミラーレスになると良いですね。ローライSL66、シャッター押しました。シャッターロックが付いていたり久しぶりに触ると本当に精密な機械だったのですね。昔、ぶれないようにミラーアップしてからレリーズしたり、結構頭を使っていたことを思い出しながら、シャインプルーフの原理でしたっけ?で自宅を撮影してみました。。たまにはゆっくり過ぎる撮影も良いですね。

投稿: もやし | 2013年12月22日 (日) 13時44分

もやしさん
 はい、アオリができる66って、そのカメラならではでしたね。
 富士はとても要望を真摯に聞いてくれます。この点は大きくなり過ぎたカメラメーカーとはかなり違いますね。今後にもっと期待です。

投稿: 小原玲 | 2013年12月22日 (日) 13時48分

コンバンハ、一部削除了解しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
XPro−1用とX-E1のX-E2兼用のグリップが出るんですね。今このタイミングでもXPro−1用の純正グリップ迄出してくれるというのは、富士フィルムのXシリーズへの並々ならぬ意気込みが感じられます。僕も本体を購入したら一緒に買いたいです。

しかしReally Right Staffのグリップも、プロの方が使うのを想定しているのか、迫力ありますね。

投稿: zizili | 2013年12月22日 (日) 22時29分

zizili さん
 どうもご理解ありがとうございます。
 X-Pro1用のグリップをこの次期に出してくるということは、X-Pro1の後継機もしっかり考えてくれていることかなあと期待したりします。
 デジタルカメラマガジンの記事では、X-Pro1後継機は少し先になり、その前に別のものがありそうな感じでしたね。

投稿: 小原玲 | 2013年12月22日 (日) 22時41分

こんにちは、X-E1を使っています。カメラオタクなのでいろいろと持っていますが高感度は一番良いですね。むろん他もですが
ただ操作性が馴染めません。特にグリップした時にマクロボタンに触れてしまう事です。E2も同じ位置なので買い替えは躊躇しています。また再生時に拡大ボタンが一発で大きくなるといいです。ピント確認で何度も押すのは面倒 です。これはメーカーに言うべきですね
フジはS1Proからのユーザーです。遡ればフジペット35から(^_^;)

投稿: とうくろう | 2013年12月23日 (月) 08時45分

とうくろうさん
 私は比較的他社のミラーレスカメラに比べて、誤操作のボタン押しはないので助かっている方です。特に手袋をつけての操作性もいいと思っています。
 ただ実際にそれでお困りのようならサムレストを付けてみてはいかがでしょうか?親指の位置がずれることで誤操作が減るかと思います。
 再生画像のピント拡大はコマンドダイヤルを押すと一発拡大できます。私はこの操作が一番気に入っています。

投稿: 小原玲 | 2013年12月23日 (月) 10時14分

・ アルカスイス方式クイックシューと言っても、クランプで挟まれる “ベースの幅” が統一されておらず、メーカによって微妙に異なります。これに関係する実測などは、既にインターネット上に書かれています。グリップを先に or 優先して買う場合、同一メーカのクランプを買うか、現合(現物どうしを合わせる)してうまく合うクランプを買うとよいと思います。
・ フジの新型グリップの場合、どのメーカのクランプにうまく合うものなのでしょうか?
・ 2013年2月CP+ のフジ ブースに於いて、私は持参した 「X-Pro1 + RRS社 BXPRO1 set グリップ」 を見せました。フジの人は全体や底面や側面などの写真を撮っていました。こちらは、このようなグリップをフジでも出してもらいたいので、積極的に撮ってもらいました。聞かれたので、「グリップを付けたまま電池やメモリカードが交換できる。」とも答えました。毎年のCP+は、各自色々考え実装したものを持参すると、フジの人に知ってもらうよい機会になるようです。

投稿: 田中 | 2013年12月23日 (月) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型グリップ、アルカスイス型クイックシュー付:

« シグマさんからカレンダーが届きました | トップページ | ブログの閲覧数記録がまた更新です »