« Adobe CCシリーズの1,000円/月の受付は今日までです | トップページ | フジノンレンズが素晴らしいのは昔から »

2013年12月 3日 (火)

トダ精光 TFX-02での360°パノラマ

Kaito3

 先日撮影したトダ精光のXマウント用フィッシュアイレンズTFX-02での360°パノラマです。こうやってパノラマで見てみると、このレンズがシャープで色も綺麗に出ていることが判ります。
 360°パノラマで特にこのカットのように下がタイル地の撮影は、直線が多いためにとても繋げるのが難しいのですが、画角の狭いこのレンズよりも、画角が広いシグマ8mm/3.5(ニコンGマウント変換)やサムヤン8mm/2.8(Xマウント)で撮った方が、重なる部分が多いため繋げる作業は楽になります。
 ただ先日も書きましたように、デフォルメスナップのような用途にはこのレンズの方が向いています。このレンズでもじっくり作業すればこのように360°パノラマも撮影できますので、どちらの用途が主なのかで判断されるといいかと思います。
 また私はこの写真のように360°パノラマ用のカットをトリミングしたものが、広い場所の表現では自然な遠近感があって好きです。

|

« Adobe CCシリーズの1,000円/月の受付は今日までです | トップページ | フジノンレンズが素晴らしいのは昔から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トダ精光 TFX-02での360°パノラマ:

« Adobe CCシリーズの1,000円/月の受付は今日までです | トップページ | フジノンレンズが素晴らしいのは昔から »