« たまには英語の記事を | トップページ | I need the equipment for what I want to tell »

2014年1月15日 (水)

2014アザラシウォッチングのシーズンです

20140114180000_wis28ct_0007464866

 Canadian Ice Service のセントローレンス湾の流氷分布図です。現在北米に寒波が押し寄せているだけあって、今年は数年ぶりに流氷が早くから張っています。このまま続いてくれれば、数年ぶりにいいアザラシの赤ちゃんシーズンがやってきそうです。ただし、地球温暖化による影響は氷が無くなる時期に現れますので、この時期に氷が多いことが3月のシーズンの氷を確約するわけではありません。でも現時点では、この数年よりは良いことは間違いないです。
 しばらくカメラブログになっていたこのブログですが、毎年1月から3月はアザラシブログにもなります。アザラシの赤ちゃんは何も動物写真家やテレビクルーでなくても撮影に来ることができます。シーズンは2/27から3/14ぐらい(氷の様子で決まります)。主催者はシャトーマドリノ というホテルです。空港はYGRのコードでさがせるIles-de-la-Madeleineです。そこまでのエアチケットを手配し、ホテルにアザラシパッケージを申し込み、行き帰りの途中泊するホテルをネットで手配すれば、だれでも行くことが可能です。
 ただ冬場のカナダは悪天候による飛行機の欠航などトラブルがとても多いです。その度に自分で手配できる人なら問題ないのですが、それができない人はサポートのサービスがある旅行会社を使う方がいいかもしれません。アザラシウォッチングに多くの実績がある旅行社は
世界ツアーズ(個人旅行、ツアー)
ism(個人旅行、ツアー)
などです
(他の旅行会社で今年も催行中のところがありましたらすぐに記載しますのでご連絡を)

|

« たまには英語の記事を | トップページ | I need the equipment for what I want to tell »

コメント

ハクセキレイとの鬼ごっこ写真をブログにアップしました。
やっぱりチルトディスプレイは便利ですね。

風景や建物、他の鳥ではシャープネスのきつさはあまり目立たないので、色味などで画像処理が変わるのでしょうか。

公園のハクセキレイでも、ダイナミックレンジ100/200/400%で写真の印象が変わる気がしますし、慣れるまでしばらく試行錯誤してみます。AF枠とフイルム設定もやってみます。
ありがとうございます。

もうカナダ行きの時期なのですね。気をつけて。
今年は氷が遅くまで残って、たくさんのアザラシの赤ちゃんが無事に育つといいですね

投稿: (^・^) | 2014年1月15日 (水) 11時32分

(^・^) さん
 ありがとうございます。
 そうそう、自分のエアチケットもまだ申し込んでいなかったです。まずいまずい。

投稿: 小原玲 | 2014年1月15日 (水) 13時31分

はじめまして。ではないかもしれないですが、いつも楽しく読ませていただいています。
Xproを発売当初に買い、使えないカメラと見切りをつけ、すぐに売却をしました。最近になり、E2を購入し、かなりの使用感の向上に驚いています。

自分もいずれは行きたいと考えているアザラシツアーですが、今年はどのような機材で行く予定なのでしょうか?今後の参考にさえせてください。
また、自分たちのようなアマチアでしたら、どのレンズを携えるのがいいのかアドバイスを頂ければと思います。
今年はいい写真が撮れるといいですね。ブログ掲載お待ちしています。

追伸
格安だったA1ダブルレンズキットを勢いで購入しました。自分が買ったお店では初めて売れたそうです。安くていいカメラ、レンズなのに、なかなな販売側は苦労しているみたいですね。
もうすぐ出る新機種も楽しみですね。

投稿: reo | 2014年1月15日 (水) 19時12分

reoさん
 ちょうどいいタイミングなので、海外取材用の機材について書きますね。

投稿: 小原玲 | 2014年1月16日 (木) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014アザラシウォッチングのシーズンです:

« たまには英語の記事を | トップページ | I need the equipment for what I want to tell »