« こんな写真が撮れるかなあ? | トップページ | 眠り過ぎちゃったアザラシ »

2014年1月31日 (金)

あえてキヤノンの一眼レフを褒めてみる

 「決算は計画未達、キヤノン悩ますカメラ減速」(東洋経済オンライン)という記事がYahooニュースに載っていました。デジカメ業界の雄の業績がふるわないということです。ただし、これはキヤノンに限らず、デジカメはどこも苦戦しているのは確かなようです。
 今のキヤノンやニコンのフルサイズのシステムは必ずや将来重荷になるという趣旨の記事を今まで何度か書きましたが、結構それに近い流れになっているかのように思えます。ただキヤノンには業界全体のためにもここを頑張って欲しい。
 なので今日は珍しくキヤノンのデジカメを褒めます
 私が今までに使ったデジタルカメラで一番使ったのは、間違いなくEOS1Dsだと思います。100万円と高価だったのでボディは1台しか買えず(通常メインボディは2台買います)、それ一台を酷使したものです。このカメラには「ノイズリダクションの一括がけ」の機能も搭載されていたので、長秒露光をするホタル取材には、これしかないというぐらい重宝したものです。
 私はこのカメラ以降、銀塩とデジタルの併用をやめて、デジタルオンリーになりました。なので私にとってフィルムキラーのカメラだったわけです。
 そんな私がキヤノンのカメラを使わなくなった理由はただ一つ、富士フイルムのX-Pro1の方が絵が良かったからです。ほぼ10年たってフィルムメーカーが、カメラの画質でカメラメーカーを、今度は逆転したという構図です。
 でもこんな私が一つだけ使ってみようかと何度か思った一眼レフがあります。
 それはEOS KissX7です。なぜかというと大きさではミラーレスの優位性がないぐらい小型化に成功し、そのくせ諸々の性能が素晴らしく良い。言葉を替えればミラーがついたミラーレスカメラぐらいの大きさのわけです
 私から見たら1Dxが素晴らしいのは当たり前、でもあんなに大きくてうるさかったら、仕事には便利でしょうが、「好き!」は写らない。でもKissX7なら「好き!」は写ると思いますこんなカメラが作れるのだから、さすがキヤノンは底力があります。
 ほんとはKissX7に富士のX-TransCMOSか、せめてX-A1のセンサーと色が入っていれば私は文句無しなんですが。
 値段を見たらKissX7も富士のX-A1も信じられないような安さですね。間違いなくこれらのカメラはEOS1Dsよりも画質がいいと思います。それがここまで値段が下がりました。デジカメ業界がもうからないのも判るような話です。
 
 

|

« こんな写真が撮れるかなあ? | トップページ | 眠り過ぎちゃったアザラシ »

コメント

こんばんは小原さん。
1年前からX-E1を愛用している者です。

いつも楽しくブログを拝見させてもらっています。
ありがとうございます。
fujirumorのサイトと同じくらい愛読しています。

Canonの5DⅢを使用していたのですが、
X-E1の購入後、軽量なのに色と画質の良さにたまげています。
5DⅢは動体専用のカメラになりました。

Xの虜になり、次に買うX本体は、

①動体に強く
②防塵防滴
③一眼レフのようにしっかりしたハンドグリップ
 (後付けでも可)

と決めていました。

そして、ついにX-T1が発表されました。

①の動体に関しては、5DⅢと比較するとどうでしょうか?
国内外の街でスナップ撮りをしたいからです。
シャッターチャンスを逃したくない、この思いからきております。

ほとんど変わらないのであれば、
Canonのバカ高いレンズに今後投資する予定もないので、5DⅢを売却してX-T1を購入したいです。

あとは、X-Pro2が年内に登場するのではないかと心配です。それもフルサイズだったら、どうしようかと。

もしフルサイズが出た場合、
Xシリーズのレンズはフルサイズにも使えるのでしょうか?

もう欲しくて!心配で!眠れません!

小原さんがよく仰っている「自分の好き!」を撮る。
この言葉、大好きです。
すごく共感しています。
ありがとうございます。
最後はファンレターみたいになってしまいました。

投稿: CanonからFujiへ | 2014年1月31日 (金) 02時09分

X-E2を使ってからというもの、今まで使っていた某社フルサイズより綺麗に撮れる場合が多い。
 
 高感度もフルサイズの高感度に強いと言われる機種と比較してどうか?という感じで、私の中で35mmフルへのこだわりは徐々に無くなってしまいました。

APS-Cで全く問題ないので、フジにはどこへでも持っていける、今のシステムの大きさをキープしていって欲しいです。

投稿: kou | 2014年1月31日 (金) 10時35分

CanonからFujiへさん
 まだX-T1の実力については判りません。実はテスト機は少し使ったのですが、あくまでも性能を上げるためのテスト機なので、実機でないと評価できません。
 ただ推測ですが、5Dmk3の方が速度が速い、X-T1の方が精度が高いというのが大前提だと思います。スナップでもF1.4の開放とか使うのなら5Dmk3では無理ですし、F2.8以下のズームなら、EOSの方が専用位相差センサーなので速いんじゃないかなあ。
 レンズがこれからも次々出ますから、レンズ交換式がフルサイズに変わるとは思いにくいです。私は明るいレンズさえあれば、APS-Cで十分です。
 

投稿: 小原玲/Rei Ohara | 2014年1月31日 (金) 20時59分

kou さん
 はい、私はフルサイズに魅力は感じていません。なんといっても機材が高価になり、今の開発ペースで出て来られたら、とても買えません。
 明るいレンズさえあればAPS-Cで十分かと思っています。

投稿: 小原玲/Rei Ohara | 2014年1月31日 (金) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あえてキヤノンの一眼レフを褒めてみる:

« こんな写真が撮れるかなあ? | トップページ | 眠り過ぎちゃったアザラシ »