« 次期種の写真を見て気づくところです。 | トップページ | ハンドグリップの販売始まっていましたね »

2014年1月21日 (火)

これなら手袋を付けていても操作できますね

 富士フイルムの次機種ですが、外見的な一番の特徴は絞りリング、シャッタ−ダイヤル、ISO感度の3つが手動ダイヤル/リングで操作でき、それぞれに「A (Auto)」が付いていることでしょう。

 これなら絞り、シャッタ−速度、ISO感度、露出補正、そしてシャッタ−レリーズは厚手の手袋を付けていても操作できますね。しかも手動とオートを瞬時に使い分けられる。
 私は銀塩時代にも一眼レフよりもM型ライカを使っていたので、どちらかというとペンタプリズム型の出っ張りは好きではありません。写真を撮られる被写体に圧迫感を与えますし、周囲にもコンパクトカメラで撮っているかのように見える形がいいと思っています。
 しかし大型のEVFを小さいボディに入れるという形状で、一番効率がいいのがこの形なのでしょう。なのでこの形に納得はできます。この形だからこそISOダイヤルが上部に付いたのでしょうから。
 ただX-E2は同時に手放せないでしょう。私は広角はX-E2で、望遠はこの新機種という形になると思います。ファームアップでX-Pro1を別物のように機能アップした富士フイルムのことですから、昨年秋に出たばかりのX-E2ユーザーをがっかりさせるようなことはないと思います。なので案外新機種の登場で、これから値段が下がるだろうX-E2も狙い目だったりするかもしれません。
 用途によってはX-E2で十分だと私は思っています。むしろ出っ張りがない分のメリットもありますし。
 

|

« 次期種の写真を見て気づくところです。 | トップページ | ハンドグリップの販売始まっていましたね »

コメント

カメラの持つ機能性を100%理解したデザインですよね。これなら、絞り、ISO、シャッタースピード、露出が一目でわかります。そして、撮影者が自動設定にしたい部分をAに合わせるだけですから。サブ液晶パネルは本来カメラには不要なのがよくわかります。

これをNやCでは無くフジが作ってしまったのが、面白いですね。

X-E2のデザインも好きなので、当然併用になります。(^^)

投稿: kou | 2014年1月21日 (火) 12時57分

シャッターのダイヤルはスイッチでしたね、勘違いw

デジカメinfoに本物かとうかわかりませんが
より詳細な写真掲載されてますね
ファインダーすごい大きく見えます

これだとはっきりレバーの使い道わかる
あんまりメニューをひらく必要なくなるくらい充実してますね

ぼくも本当のところはPro1やE1、E2のスタイル好きです
でも、欲しいw

投稿: 哲☆平 | 2014年1月21日 (火) 13時13分

こんにちは。
非常に悩みどころですが、X-T1の価格次第でPro1を手放して買うか、もしくはX-E2を追加購入するかで迷っています。
後者の方が私の用途には合っているのかもと思いつつ。。

投稿: カメラくん | 2014年1月21日 (火) 14時21分

はじめてコメントさせて頂きます。私も仰るように手袋をつけた状態で操作できるということを考えて設計されていると思いました。防塵防滴であるカメラに、必然的に考えた結果、オールダイヤル式となっているのは、手袋をしたままではとても操作できないE-M5とは違うので羨ましいです。当初はクラシックデザインということで、賛否両論あったフジのカメラのデザインも、ここに来てずいぶん説得力ある形で展開してきたと思います。

いわずもがなの質問ですが、XE-2でもたぶん多少の雨でも平気な位の丈夫なカメラなのでしょうか。寒冷地での丈夫さは実証済みと思います。小原さんのブログでは、これまで余り防塵防滴装備の必要については書いておられないような気がします。これまでブログを拝読していて、一番気になったところです。そこから暴風雨ならいざ知らず、現行機でも結構十分に使えるのではないかと想像しています(そのような答えを想像しながら、小原さんのブログを拝読してきました)。

追伸-ファームアップの恩恵では、X-pro1の光学ファインダーの視野枠適正化で、随分使い易くなった実感がしています。仰るように、ファームアップで「あとあとまで面倒見のいい」フジは好感が持てます(お忙しいと思いますので無理にコメントのお返事はなさらないでもちろん結構です)。

投稿: まさどん | 2014年1月21日 (火) 14時27分

kouさん
 これがカメラの操作デザインの理想型でしょうね。すべての主要機能をダイヤルで視認しながら操作できると。
 ほんとニコンDfはこういうカメラであって欲しかったと思っています。液晶との併用ではどっちの数字がほんとうかと迷ってしまいます。

投稿: 小原玲/Rei Ohara | 2014年1月21日 (火) 14時52分

哲☆平さん
 これで少なくともPro2はフォトキナか年末商戦か、はたまた来年のCP+かということになりますね。
 なのでこの機種で今年のアザラシとホタル取材は乗り切ろうと思っています。

投稿: 小原玲/Rei Ohara | 2014年1月21日 (火) 14時54分

カメラくん さん
 次期種と比べるとX-E2のコストパフォーマンスは素晴らしいですよね。ものすごく早い被写体とか、超望遠レンズでの撮影とかが多くないのであれば、X-E2というのは当然ありうる選択なのかなとも思います。
 私の場合とてもISO感度の操作が多いと思っていたので、この次期種を選びますが、X-E2との併用になります。

投稿: 小原玲/Rei Ohara | 2014年1月21日 (火) 14時58分

まさどんさん
 はいX-E2はとても小さいのでレジ袋とかハンカチ一つでも、レインコートの代わりになってくれます。なのでとても水から防護しやすいです。もちろん防滴性能はないので、守ることが前提ですが、一眼レフに比べて困ることは少ないです。
 それで今まであまり防滴で困っていたことがありません。一眼レフは大きいので、簡単にカバーできないという面がありましたね。レンズつけたまますぐに防水カバンにしまうということすら大変ですから。

投稿: 小原玲/Rei Ohara | 2014年1月21日 (火) 15時04分

ココに色んな角度からの写真がありますね。
ダブルカードスロットは間違いないようです。
底面の接点は縦グリップ用でしょうか?
http://www.fujirumors.com/enjoy-more-x-t1-images-evf-specs-bigger-evf-than-e-m1/

投稿: まよねえず | 2014年1月21日 (火) 16時23分

まよねえず さん
 いや、まだまだ判りませんよ。
 この手の画像は試作機で、それが流失したのでしょうが、試作機がそのまま製品になるとも限りません。1/28を待ちましょう。

投稿: 小原玲/Rei Ohara | 2014年1月21日 (火) 16時48分

手袋で操作できるのは良いですよね。

ずいぶん、操作性が良さそうで期待できます。
指先が開くカメラ用の手袋もいまいちだし、
普通の手袋をしていると操作できないので、
結局、外して落として無くしそうで、
それになんと言っても気温がマイナスの場所で、
手袋無しはかなり厳しいし、
これは良く出来ていそうです。

年末に買ったばかりなのに、古い機材を処分して、
資金調達するか悩みますね。
オートフォーカスが早くなって、動き物に強ければ、
買いですが、連写性能がかなり高いようなので、
期待できそうですね。

X-Pro2はもう少し先のようなので、さらに悩みますね。
28日の発表を楽しみにしています。

投稿: カメラ小僧 | 2014年1月21日 (火) 17時29分

カメラ小僧 さん
 たしかに新製品のペースが短く、お金の用意が大変ですよねえ。
 でもこの機種はかなり自信作のようですね。1/28が楽しみです。

投稿: 小原玲/Rei Ohara | 2014年1月21日 (火) 20時14分

こんばんは。新機種の外観上のデザインとその機能は十分期待できそうですし、大きさも私にはベストのように思います。銀塩時代の一眼はCONTAX137MAをあえて選んでいたのですから。一方でX-E1,E2のデザインは、日常の多くの撮影を十分可能にしてくれる、現状では理想的なデザインと機能ですので今のところ私も手放せません。富士のファームアップのフォローは一緒に成長してきたようなものですので、どうもX-E1も手放せず困っています。コツを掴めば扱いも楽しいですので。銀塩M型ライカもローライもコンタックスも出番は少ない又は保管庫のこやしですが、こだわってメンテも安田さんにしっかりして頂きましたのでこれも無理。。。ライカ以外はあまり足しにもなりませんので。。という言い訳で真面目にカメラを増やしますか。本当に久しぶりに欲しいカメラですので2月1日は六本木(でしたっけ)を予約しました。小原さんの悩むところが少し似ていて嬉しいです。

投稿: もやし | 2014年1月21日 (火) 22時30分

もやし さん
 今回はお金がいっぱいいりますよねえ。56mm/1.2もかなり良いようで、見たらアザラシをこれで撮りたくなってしまったし、で大変です。

投稿: 小原玲/Rei Ohara | 2014年1月21日 (火) 23時00分

小原さん
おっしゃるとおり手袋をしたままの操作感は寒冷地での使用には重要!

以前駐在していた吉林省の長春は厳冬期なら氷点下30℃を下回ることも。
そういう場所ではデジタル一眼レフの、あの指を滑らせるように操作する
コマンドダイヤルや「ムニッ」と押し込むように操作するボタン式では
手袋をしたままだと感触が掴めず、どうにもこうにも使いにくかった。

またバッテリーの問題もあり、結局は電池不要のローライフレックスや
ライカのように手袋したままでも操作しやすいカメラ使っていたのですが、
それはそれでフィルム交換の時には手袋を外さなければ厳しい。

ある時、手袋をせずにライカを使っていたらキンキンに冷えた真鍮の底蓋に
小指が凍りついて取れなくなり、仕方がないのでそのまま懐に入れて解凍。
しかし氷の塊と化したライカに私の体温が奪われガタガタブルブル(爆)
ある時はローライフレックスのウェストレベルファインダーに触れていた
鼻の頭が霜焼けになり、ひどい目にあった……(遠い目)

そんなわけで、寒冷地での操作感はとても気になります。

投稿: hironeko | 2014年1月22日 (水) 00時21分

hironekoさん
 今度の機種での手袋の操作性は強く要望していたので、大丈夫だと思います。ダイヤルが色々ついているのはほんと助かりますね。

投稿: 小原玲 | 2014年1月22日 (水) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これなら手袋を付けていても操作できますね:

« 次期種の写真を見て気づくところです。 | トップページ | ハンドグリップの販売始まっていましたね »