« プロ用一眼レフではこれが撮れなかった | トップページ | ブログのPVの閲覧数が更新しました »

2014年1月10日 (金)

「革命への進化」が始まっています

995592_639563586106827_1012704644_n

 "EOLUTION to REVOLUTION" (革命への進化)が初まっています。富士フイルム英国のHPで見つけた進化図です。
 昨日書いた記事もそうでしたが、私は少し前まで大型の一眼レフ2台に大型ズームレンズを3、4本持って、サルの撮影に来ていました。そして通った10年よりも、この進化を遂げた今年は、たった1日で今まで以上の写真を撮ってしまいました。
 「革命」は近づいています。
 いい写真が撮れてこその「写真家」ですから。いいカメラの操作オペレーターは「カメラマン」。私はこの2つの言葉をこう使い分けています。私は報道カメラマンでしたが、今は動物写真家なのです。

|

« プロ用一眼レフではこれが撮れなかった | トップページ | ブログのPVの閲覧数が更新しました »

コメント

カメラという機械が凄い速さでホンモノの人間の「眼」に近付いている、ということでしょうか。それにしても富士の例の新製品が巻き起こした興奮はあちこちでまだ冷めやらぬようですね。

投稿: Bambi_dOr | 2014年1月10日 (金) 06時40分

Bambi_dOr さん
 はい。すでに昨年までの機種でも十分に革命だったのですが、たしかにまだ既存政権を打ち倒してはいませんでした。でももうすぐ・・・、きっと。大黒様のお告げを信じています。

投稿: 小原玲 | 2014年1月10日 (金) 06時51分

おはようございます。
偶然ですが、私も今年に入ってから所謂吉夢と言われるものをやたらと見ます。
富士山の夢も今朝見ました。(笑)

今噂されているカメラは、もしかすると私の理想型になるかもしれません。
私の理想はFM2の様な大きさと形、操作系もアナログなレンズ交換式デジカメです。
ニコンが出来なかった事を、フジはやってくれるのではと信じています。

X-E2を今のタイミングで買うか悩んでいましましたが、噂だとしてもそのカメラがこれから控えているので、一先ずキャッシュバックはスルーすることにしました。。

投稿: カメラくん | 2014年1月10日 (金) 10時00分

先生のブログに触発されて、XーE2を購入しました。
いろいろ撮り始めているのですが、
FUJIFILMのデジカメは始めてで、設定がなかなか決まりません。
出来れば参考に、先生の設定(画質関係やボタン関係)を教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿: デーブ | 2014年1月10日 (金) 19時54分

デーブさん、まずは自分でいろいろと撮ってみませんか?
だいたい、どのレンズを使用しているかも書かなければ、参考も何もないでしょう?
そういう「教えてくん」行為はやめましょ。

投稿: fivemini | 2014年1月10日 (金) 20時06分

E2を買うか迷っておりましたが情報が出てから考えたいと思います。
ありがとうございます

投稿: kimura | 2014年1月10日 (金) 20時17分

きっと書くよw
どの設定でもフルオートで他社のフルサイズを
超越した絵になるとか
フジの絵作りは最高でとか

参考になりますね?

投稿: 名乗るほどでは無い | 2014年1月10日 (金) 20時30分

「教えてくん」行為はダメだけど
「教えてやるよ提灯」行為はいいんですよw

投稿: 名乗るほどでは無い | 2014年1月10日 (金) 20時33分

ちょっと調子に乗りすぎました。許してちょ!

投稿: 名乗るほどではない | 2014年1月10日 (金) 20時50分

わくわく、どきどき……
でも私はX-Pro1かな。

投稿: hironeko | 2014年1月10日 (金) 21時37分

Pro1でいいんじゃない?
Pro2は出無いでしょう?
少なくともハイブリットの今後はフジ社内でも
悩んでるはず
今のオフセットされたOVFでは長い玉に限界がある

最後は結局一眼レフスタイルになるしかない

投稿: 名乗るほどでは無い | 2014年1月10日 (金) 21時50分

ここに書き込まれる皆さんは、ブログ主の小原さんとの会話を望み、また、そのそれぞれの会話を皆と共有することを望んでいらっしゃるんだと思いますよ。

投稿: FUJIFILMの色大好き | 2014年1月11日 (土) 01時17分

昨年、一眼レフを全て売り、X100Sに換えました。

個人的に色味や解像感が気に入った部分も大きかったのですが、ロバート・キャパも愛用した「35ミリ」に割り切ったカメラを作るあたり、写真文化や芸術に対する富士フィルムの情熱が感じられたからです。
写真家は、単なる記録者ではなく、その場・その瞬間の中に人間性や永遠性を求め、見出し、表現する芸術家であるべきだと、私は考えます。文化・芸術としての写真ですから、プロ・アマ関係なく。

「記録」としての写真を撮るのに一眼レフが必要であるならば、それを使えばいいと思いますし、小原さんはそこを否定などしていませんよね。
人間性を追求する、人類の営みとしての写真「文化」を考えた時に、真にそこへ向き合ってカメラを作っている人はいるのか?との問いかけを発している小原さんの勇気を、私は尊敬しています。

投稿: はやと | 2014年1月11日 (土) 03時16分

シャッターを押すだけなのが「カメラマン」で、いい写真を撮るのが「写真家」ですか?写真家とは、写真の内容に関係なく、生き方の問題、志の問題だと思います。写真を撮って稼ぐのが「カメラマン」、写真文化の向上のために食えなくてもがんばっているのが「写真家」だと思います。

メーカーの講師をしたり、メーカーの宣伝マンとなっている人は「カメラマン」でも、「写真家」でもありません。とくに、志の高さにおいて、絶対に「写真家」ではありません。

投稿: とあるカメラマン | 2014年1月11日 (土) 06時46分

カメラくんさん
 はい、大黒様はそんなカメラをお持ちでした。
 大黒様は「ニコンDfなんて作っている場合じゃないぞ」ともつぶやいていました。

投稿: 小原玲 | 2014年1月11日 (土) 07時15分

デーブさん
 まずはスタンダードのあproviaで撮って、それをカメラ内RAW現像で色々変えてみるのを他のしんでください。それをやって自分で好みを見つけるしかありません。
 私と同じ設定をしても、写真は楽しくなりません。自分でそれを見つけるところが楽しいです。
 設定は何を撮るかによって変わります。なのでまずは好きな被写体を見つけ、どんどん撮って下さい。そしてどこが好きなのか、どんどん考えてください。これを先にしてください。
 どこが好きなのかが判れば、あとはそれを強調したり、引き立てることが設定のキモになります。その部分を判らずに設定が先行してもうまく行きません。

投稿: 小原玲 | 2014年1月11日 (土) 07時19分

fivemini さん
 ありがとうございます。
 答えられる範囲では答えるつもりですが、おおよそ上に書いたような答えをしていくと思います。
 ご指摘のようにまず撮ることが大事ですね。

投稿: 小原玲 | 2014年1月11日 (土) 07時21分

名乗るほどではないさん
 昨日のサルの写真を見ていただければ、あれこれ言わなくても、なぜ私がこのカメラを選んだかが判るかと思います。

投稿: 小原玲 | 2014年1月11日 (土) 07時22分

FUJIFILMの色大好きさん
 ありがとうとございます。
 撮影に支障がでるような状態になったら、まとめレスにしようと思っているのですが、今ぐらいならまだ対応していこうと思います。

投稿: 小原玲 | 2014年1月11日 (土) 07時23分

はやとさん
 まさに私が伝えたいことを代弁していただきありがとうございます。
 そうなのです。私はフィルムの時代が終わって、しばらく立って、カメラメーカーが忘れてきてしまった「写真文化」を、もういちど写真を撮る道具に戻して欲しいのです、
 

投稿: 小原玲 | 2014年1月11日 (土) 07時26分

とあるカメラマンさん
 私は写真家なので、単に「カメラを売る」だけのメーカーのためにトークはしません。私は「写真文化」を広げようとしているメーカーだから応援しています。
 自分の写真家としての表現を守るための道具を確保するためであります。 

投稿: 小原玲 | 2014年1月11日 (土) 07時28分

昔、Pentax Auto110という超小型の一眼レフを買ったことがあります。
当時のフィルムは粒状が悪くて、画質的には、あまり良いものが撮れなかったのですが、目の前で構えても、一眼レフと相似形、というか、本物の一眼レフが、こんなに小さくてかわいいのかというので、撮られる人の表情が笑顔になります。

35ミリ判でも、一眼レフを目の前に構えられては、プロのモデルでもなければ、表情がこわばります。

私、67でいい表情が撮れたのは、子供しかありません。
子供は、かえって、面白がりますね。

サルの親子。
怖かったんでしょうねえ。プロ用一眼レフの放列が。
そして、それを持つ人たちの殺気が。

私は、趣味が風景撮影なので、どうしても、いまだにフィルム、それも、中判のレフ機にこだわってしまうのですが、日常の記録は、パナのマイクロフォーサーズになってきています。
今年は、どこかのタイミングで、フジを買ってみようと思っています。
思えば、フィルムで撮影する限り、フジの画を使っているわけですから、一番、なじみのある画が出てくるのだと思います。

私も、写真家のために、大事な機材を作ってくれるメーカーに生き残ってほしいと思います。
不思議なことに、ユーザーを向いているメーカーほど経営が苦しくなる傾向にあるような気がしています。

投稿: くじら怪人 | 2014年1月11日 (土) 13時09分

くじら怪人さん
ありがとうございます。ほんと写真に真摯に向き合っている、富士フイルムとか、あとペンタックス/リコーとか、オリンパスとかが苦労していますね。
でもそれも数年で逆転すると思います。カメラ主流の時代から、写真文化の時代に変わる革命が始まります。

投稿: 小原玲 | 2014年1月11日 (土) 18時45分

富士フイルム、PENTAX,リコー,Olympas、とあってCONTAXの名が無いのはどうしてでしょうか?

投稿: たこ人間 | 2014年1月11日 (土) 19時55分

名乗る程でないさん
 いい加減、小原さんの個人的ブログに書き込むのはやめてください。
 気分、悪いだけです。あなたの様な人は2ちゃんねるみたいな下劣な掲示板にででも参加しておいて下さい。もう、我慢できません。
私は、本名で書き込みます。
     岩野 稔

投稿: 岩野 | 2014年1月11日 (土) 21時34分

こんばんは。。
小原さん、又は、こちらに集われる皆さんは、とっくに既知かもしれませんが、八百富写真機店 高槻駅前店 店長Kさんが、ブログ「-お写ん歩- PENTAXカメラと一緒にお写ん歩♪」と言うブログを書かれています(ブログの名前にある様に、もともとペンタ好きな方の様です)。
そのブログの昨年12月30日の記事に、 昨年発売されたカメラを思い返す内容の書き込みがあります。
記事の内容はフルサイズデジカメから始まり、多くのメーカの良かったことを書かれ、最後に FUJIFILM 「Xシリーズ」を触れられています。
記事の中で、
『それ以外では地味にずぅーっと使うこと多い FUJIFILM 「Xシリーズ」 が僕の中で根付いています。
コンパクトなのに大伸ばしプリントでも十分満足いく高画質「X-Trans™ CMOSセンサー」搭載。
中でも FUJIFILM X-E2 は勤務店「高槻駅前店」で指名買いも多く、トータルで良く売れたのは記憶に新しいところです。』
と書かれています。
また、この12月30日の記事の冒頭にある写真は、京都のお店『古書と茶房「ことばのはおと」 』をX-E2+XF18-55mmで撮られたものですが、雰囲気のある写真で、好きです。

このブログ記事のアドレスは、
 ttp://www.yaotomi.co.jp/blog/walk/fujinon-xc16-50mm-f35-56-ois/
ブログのホームアドレスは、
 ttp://www.yaotomi.co.jp/blog/walk/
です。
※直リンクになると、小原さんにご迷惑になるかもしれないと思い、アドレス頭の「h」を省いています。
 ご覧になる方は、ブラウザのアドレス欄にコピペして、先頭に「h」を付加してください。
こちらのブログは、昨年9月、小生がX-M1の購入を検討している時、実際に使っていらっしゃる方の記事を探していて、たどり着きました。

小原様、もし、この書き込みが不適切でしたら、お手数ながらも削除頂けますようお願いします。

投稿: FUJIFILMの色大好き | 2014年1月11日 (土) 23時14分

あのね、断っておきますがフジは嫌いでは無いですよ
いいカメラだと思うE2は特に。
M1、A1はイマイチだけど
どんどん売れて次の資本はフルサイズでは無く
いっそ、最小の中判でも出せばいいかと思う

しかしね、他社(のフルサイズとか)と比べて勝った、負けたとか
挙句精神論ぶちまけて書いてるのがみっともないのね
数年経ってもニコキヤノの体勢は崩れないよ

もし、崩れたら私のライカセットくれてやるよw

投稿: 名乗るほどでは無い | 2014年1月11日 (土) 23時15分

八百富のK氏も知り合いだけど、基本営業ブログだからね
話半分以下で読むべき。
彼は足が少し弱いから軽いカメラが好きなんだけど
ハッセルが好きなんだよ

投稿: 名乗るほどでは無い | 2014年1月11日 (土) 23時21分

名乗る程でないさん
岩野 稔さんに同意です。
2chにでも書きこみして下さい。
富士フイルムは、現在、他社のミラーレスに追いつけず、売り上げを伸ばすことができないため窮地に陥っております。
小原さんも写真文化を守るため、手段を選べず、富士フイルムのXシリーズとライバル関係にあり破竹の勢いであるソニーα7、NikonDfを筆頭にパナE-M1、GM-1等も含め、ライバルカメラの欠点を上げては、少しでも他社カメラの購入を防ぐべく富士フイルムXシリーズの自己ひいきを行っている次第です。
小原さんの過去の書きこみを見て、またDNAからも考察の上、どういう人なのか察して下さい。
これ以上は、言えません。
富士のカメラは、APS-Cのセンサーしかありませんから、
フジでいうとこの
XF18-55mmF2.8-4が
フルサイズ換算27-82.5mmF4.2-6
せっかくの新発売のF4通しのズームレンズもフルサイズ換算では、F6です。
フルサイズとは、戦いようがありません。
また、m43についても、、、
これ以上は、辞めて起きましょう。
富士フイルムは、良いカメラです。厳しい情勢ではありますが頑張って下さい。

投稿: 謎の発達障害者 | 2014年1月11日 (土) 23時33分

炎上しないことを願いながら。。。

名乗るほどでは無い さん

>八百富のK氏も知り合いだけど、基本営業ブログだからね
>話半分以下で読むべき。

承知です。
多分、こちらに集われる皆さんは、カメラ店店長のブログだけで、どちらの側面から見て書いているかは、考慮して読まれていると思います。

他の方がイラつきを滲ませながら、貴方への非難を書かれていますが、「名乗るほどでは無い」という謙虚なハンドルネームと、ここに書かれている姿勢が合っていないと思います。
小生は、一言でいうと、「教えてやる」という、上から目線を強く感じます。

名乗るほどでは無いさんは、造詣の深い、参考になることも書いてくださっているのですが、ここは、小原さん個人のブログであり、その小原さんを慕ってここに集まる人にとっては、ここに第三者が「教えてやる」と強く感じる書き方でコメントされると、良い気持ちがしないと思います。

投稿: FUJIFILMの色大好き | 2014年1月11日 (土) 23時42分

なるほど。ではおしえちゃおっかなー
て感じで書きましょうか??

冗談はともかく、カメラってね
素人さんにはとても理解出来ない機械でね
カタログ見てもチンプンカンプンだったりするわけよ

それをさ、他社のカメラを名指しで批判して
そのカメラ使ってる人の気持ちはどうなのさ?
て、いくら個人ブログでも配慮がいるんじゃない?

だから構築的に反論してるだけ


投稿: 名乗るほどでは無い | 2014年1月12日 (日) 00時12分

いいかい皆様、よく読んでくださいね
以前、アザラシ君を撮るのに
自分は潜らず、タイマーセットしたカメラを沈める
みたいな記事があったけど

そこに愛だとか、好きとか感じますか?

少なくとも私は感じませんが変ですかね?

投稿: 名乗るほどでは無い | 2014年1月12日 (日) 00時24分

こちらは、小原さんの思いを書く個人ブログです。

ここに、来る来ないは、それぞれの自由です。

投稿: FUJIFILMの色大好き | 2014年1月12日 (日) 00時24分

だからそれがどうした
それで他社のカメラ使ってる人をキズつけていいのか?
お?

投稿: 名乗るほどでは無い | 2014年1月12日 (日) 00時35分

コメントは許可制にした方がいいかもしれませんね。

あくまで個人ブログなので一部のメーカーに
偏向していようが自由だと思います。

人生は有限、全てのキチガイと真摯に向き合う必要は
ないのでは。

投稿: 透明人間に評論する資格はなし | 2014年1月12日 (日) 00時39分

閲覧も許可制にしたほうがいいな。
有害だから。

それとよく読めよ
お猿撮るのに五月蝿いカメラじゃ撮れないって
可笑しいだろ?
自分だけ静かなカメラでも周りが五月蝿いカメラ
で構えてたら意味無い

投稿: 名乗るほどでは無い | 2014年1月12日 (日) 00時49分

必死に肯定するのも、否定するのも同類。
ということで、私も閲覧数アップの貢献の為に書き込み。

自分の考えに自信があるなら、自分の撮った写真で反論、対抗する人も居ていいのにって思う。
実際にその場に行かず、想像で語るとかねw

投稿: 初書き込み。 | 2014年1月12日 (日) 03時15分

名乗るものでは無いさん
>だからそれがどうした
それで他社のカメラ使ってる人をキズつけていいのか?
お?

このブログで小原さんが『特定のカメラメーカーを使うユーザー』を攻撃(口撃)したことなど、私は一度も見たことがないのです。どの部分がそういう表現になっているのでしょうか。仮にあなたが傷ついた方本人ならば、このブログのどの部分に傷つけられたと、はっきりと主張すればいいのではないのでしょうか。小原さんがブログ上でそういった趣旨の発言はなさっていないと思いますし、なさっているのであればあなたが立証すれば宜しいのではないのでしょうか。

それと言葉遣いも、最近は良くないのが目立っていますよね。他のブログの読者にもかなり毒を吐いていますよね。

>Pro1でいいんじゃない?
Pro2は出無いでしょう?
少なくともハイブリットの今後はフジ社内でも
悩んでるはず
今のオフセットされたOVFでは長い玉に限界がある

最後は結局一眼レフスタイルになるしかない

との発言がありますが、X100SやX-Pro1に搭載されているのはハイブリットファインダーですよ。長玉の時や大きいフードを装着ときにはOVFならたしかにケラれますが、ハイブリットファインダーなのでOVFとEVFを使い分けることができるので、あなたがおっしゃる長玉装着時にはEVFを使い標準や広角の単焦点などは好きな方を使うことが出来るというメリットをご理解しておられないように感じます。そして『1台で色々なものが撮影できる』こういう拡張性の高さは、あなたがご主張なさっている『一眼レフスタイル』ではなくとも確立できるのではないかと思います。むしろOVFにできることで、EVFで再現できないことはない方向に向かっていると思います。それとあなたが『一眼レフスタイル』とおっしゃっているからには『ミラーレス一眼スタイル』は、ありえないということですよね。御自分で発信なさっていることなので、そういうことだと理解しております。私はその考えは少々『古い』と思います。おそらくはこのブログの読者でX100やX100S、X-Pro1を使っているユーザーからすれば私の考えに同意してもらえるのでは無いかと思っております。ハイブリットファインダーの倍率やEVF時の高解像度化など改良の余地が有るのも含めて、この機種を選んでいる方が結構いるのではないかと思っています。要するにあなたは、店頭などで触ったことがあるが、所有しておられないわけですよね。持っていない人がいくら詭弁を弄しようとも、実際に撮影や現像、プリントしているには及ばないと思います。

あなたが小原さんのブログのアクセス数アップに貢献しているのは認めますけどね。


投稿: チャールズ | 2014年1月12日 (日) 03時52分

たこ人間さん
 そうですねContaxはカメラ製作から写真文化を考えていましたね。

投稿: 小原玲 | 2014年1月12日 (日) 08時17分

岩野さん
 どうもありがとうございます。
 お気持ち感謝しております。
 なんとか対応考えようと思います。

投稿: 小原玲 | 2014年1月12日 (日) 08時19分

小原さんが露骨に富士フイルムの宣伝マンになってしまったので、私は富士フイルムが嫌いになりました。もちろん、小原さんも嫌いになりました。アザラシの写真は好きだったのですが、地獄谷のサルは小原さんが自画自賛するほど感動的ではありません。もっと、心を打つ写真をハイアマチュアがたくさん撮ってるし、カメラ雑誌のコンテストにも入賞していますよ。小原さんのサル写真はコンテストに入賞しないでしょう。

投稿: アフィリエイト応援団 | 2014年1月12日 (日) 08時19分

FUJIFILMの色大好きさん
 はい、同様にカメラ店の方がXシリーズの愛用者になっているという話は良く聞きます。
 それどころか他メーカーの開発者の中にもXシリーズの愛用者がいます。私の友人に他メーカーで開発をしている者がいるのですが、年賀状にXの愛用者だという記載があって、うれしく思っていました。

投稿: 小原玲 | 2014年1月12日 (日) 08時21分

名乗るほどでは無いさん
 いつもコメントをありがとうございます。
 このブログでは私への批判は、それが個人の意見でしたら、どうぞ書いてください。
 ただし、客観的に見て「荒らし」行為というような状態になった時には、名乗るほどでは無いさんのIPアドレスを書き込み禁止に設定させていただきます。
 この一両日の書き込みはちょっとその段階に入っていますので、このコメントで警告とさせていただきます。
 繰り返しますが、名乗るほどでも無いさんの個人的な感想を拒否する気持はありません。マナーの問題です。

投稿: 小原玲 | 2014年1月12日 (日) 08時27分

謎の発達障害者さん
 どうもありがとうございます。
 フルサイズとの被写界深度をよくそう思われている方が多いのですが、実際の撮影では、被写体への距離も大きく影響します。ボカす撮影の時には近接して撮ることが多いので、最短距離が短いAPS-Cの方がボケで有利なことも多々あります。
 またフルサイズでは周辺画質の劣化が顕著です。現状レンズとセンサーの相性が一番いいのはAPS-Cであって、フルサイズは一体型でないと本来のセンサー性能は出せていないと思っています。

投稿: 小原玲 | 2014年1月12日 (日) 08時32分

透明人間に評論する資格はなしさん
 コメント許可制も検討はしているのですが、私への批判記事がそれこそ、現状の他社のカメラの問題点を一番現していると思っています。つまり、一番触れては欲しくないところに触れてしまっていると、その反応なので、返って批判が増えるほど、私は自分の主張が正しいのだなと思ったりします。

投稿: 小原玲 | 2014年1月12日 (日) 08時34分

初書き込み。さん
 どうもありがとうございます。
 はい、私は多種多様な意見、考えを求めそれを尊重したいという考えです。

投稿: 小原玲 | 2014年1月12日 (日) 08時36分

チャールズ さん
 ありがとうございます。
 閲覧数が多くなるにつれて、色々な問題も出てきました。
 対策を考えますので、今後とも宜しくお願いします。

投稿: 小原玲 | 2014年1月12日 (日) 09時10分

アフィリエイト応援団 さん
 どうもありがとうございます。はい、そのような声は理解しております。
 ただ私は今、このカメラシリーズを応援したいという気持ちが強いのです。勝手連みたいなものです。
 それは私の作品活動のためでもありますので、ご理解いただけましたら幸いです。

投稿: 小原玲 | 2014年1月12日 (日) 09時12分

う~ん。
「周りが五月蝿いカメラで構えてたら意味無い」って発想が「赤信号、皆で渡れば怖くない」的で怖い。

動物に対し優しい気持ちがあれば、周りはどうであれ自分だけは恐怖感を与えないようにしたいです。

自然が好きなら、環境に優しく。
花が好きなら、花壇に踏み入らない。
ストリートフォトなら、不快感を与えない。

私はそのようなマナーを含めて「写真文化」だと思います。


投稿: Norick | 2014年1月12日 (日) 17時31分

Norick さん
 はい。アマチュアカメラマンのおじさん達にその発想が多いです。撮影地でとかく大声を出すのはそんなオジさん達ですね。生きものがいる自然の中で大声はできるだけ出さないでほしいものです。
 そのような写真文化に関して日本のカメラ雑誌はとかく無策でした。

投稿: 小原玲 | 2014年1月12日 (日) 21時18分

小原さんが、ブログの発言を承認制にすると決断した経緯が良くわかりました。

私も、小原さんが過去の発言で特定のメーカーのユーザーを誹謗中傷したような記事を書いたとは思いません。

確かにアクセスがアップしたのは、Dfについての記事だったと思います。私も、実はここを知ったのは、他のパブリックな掲示板でDfが話題になった時に、ここを知ったのです。

私も、特定の機種というよりも、業界をリードしてきたはずの企業が、レトロな外観だけで、デジタルカメラとしての特性を生かしていないフォルムに傾倒しているのは、非常に不可思議に思いました。
一眼レフファインダーというものがそもそも必要のないデジタルカメラに、フィルムのフォーマット(35ミリ)とか、ミラーショックのあるレフレックス構造が、本来必要なのかという本質的な課題を置き去りにして、高くて重いものを、レガシーマウントで売りつけて行こうという姿勢には大いに疑問も持っています。レガシーマウントのくせに、マウント互換に大きな欠陥を持つことについては、さらに疑問ですw。

小原さんの発言を拝見して、そういう観点、本当にUserにとって大事なものは何か、いい写真を撮る道具とは何か、という観点で捉えて、メーカーとユーザーがともに写真文化を作っていこうという方向性が大事だと考えている人が、プロカメラマンにもいるのだなと知り、大変うれしく思いました。
アマチュアが発信するよりも、はるかに、影響力のある小原さんのブログは、心あるアマチュア写真家にとっても、とても大事な情報の発信、交換の場所であると思います。

ところで、アクセスの増加とともに増えたであろう、あらしについてですが、これは、ある意味では、小原さんのブログが、いかに効果的であるかの証明でもあります。

写真も撮らずに、機材だけため込んで、写真家気分に浸っている人たちには、大きくて、重くて、高価で、しかし、撮影現場では何の役に立たない機材がとても大事なんですw。
ライカセットなんて、欲しくもないですがw。銀座の中古屋で見る、フィルムもとおしたことない金属の塊。ゼロ円同時プリントをルーぺで見ながらw、このXXXXクロンは、解像力が…なんてやっているのを現実に見て、こりゃ、ひどすぎると思いましたが、いまだに、そんなのばっかりなんですよ、特に日本は…アメリカしか知りませんが、違いましたよ、あちらは、まじめに撮っている。それに、一般の人にも、プリントベースの写真文化がある。

写真文化とは縁遠い、企業収益と骨董趣味だけの、日本の似非写真文化の信奉者には、小原さんとブログと、そこ集まる本物の写真愛好家が怖いのです。
写真も取れない似非写真愛好家、実は、機材愛好家が、情けない悲鳴を上げているので分かるではないですか。

小原さんと集まる方々は、この、似非写真家の悲鳴に、気分を害されたかも知れませんが、まさに、偽物には、痛烈な一撃を与えているのだという証明だと思い、このブログの成果が出ていると理解したほうが正解でしょう。

投稿: くじら怪人 | 2014年1月14日 (火) 08時15分

くじら怪人さん
 どうもありがとうございます。
 今までにこのブログで一番貶したカメラは、間違いなくX-Pro1なんです。ペケプロ、ペケプロと、でもどんどん進化して、今私にとってかかせない道具になっています。
 富士のカメラに限らず、写真文化にとっていいなあと思うカメラや機材はほめていくつもりです。ただそれが今少ないだけです。
 今後とも宜しくお願いします。

投稿: 小原玲 | 2014年1月14日 (火) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「革命への進化」が始まっています:

« プロ用一眼レフではこれが撮れなかった | トップページ | ブログのPVの閲覧数が更新しました »