« 新しいXシリーズのレンズロードマップが公開されました | トップページ | 富士フイルム本社でトークをさせていただきました »

2014年1月 7日 (火)

新しいレンズロードマップに思う

 昨日発表された新しい富士フイルムXシリーズのレンズロードマップを見て思うのは、広角から中望遠までの明るい大口径レンズが揃うところが魅力だなあと。またすでに販売されているXF23mmF1.4 Rや昨日海外で発表されたXF56mmF1.2Rの値段を見ても、現在のフルサイズ一眼レフの大口径レンズが20万円以上するのに比べ、その半額近い値段で、同じ画角の大口径で撮影できる。

 しかもXF23mmがそうだったように、一眼レフの35mmF1.4レンズの開放描写は甘いものが多いが、XFの大口径レンズは開放から仕事で使えるシャープさと、それを引き出せるセンサー面でのピント合わせの精度を持っている。
 一眼レフでは85mmF1.2のレンズがあっても、実際に位相差AFでそのレンズを開放で使えるピント精度は出せない。特に仕事で使うような場合にはとても怖くて使えない。なので実際には開放ではなく少し絞って使うのがプロの常識になっている。
 しかもそんなレンズが20万円以上し、しかも大きくて重く、3本の大口径ズームレンズを入れたら、カメラバッグにさらに入れる余裕がない。一眼レフの世界ではすでにこのような問題が出て来ている。結局持って行くのは3本のズームだけになってしまい、いつもいつも似たような写真を撮ってしまう。
 Xシリーズならカメラバッグのスペースと、あと予算に余裕が出るので、こういった大口径レンズをバッグに忍ばせることができる。それで撮れる写真に変化や個性が出せる。出来上がった写真には、その個性や変化が現れ、心に訴える力も強くなる。

|

« 新しいXシリーズのレンズロードマップが公開されました | トップページ | 富士フイルム本社でトークをさせていただきました »

コメント

小原さんおはようございます。
今度の56mmF1.2はとても楽しみです。あと16mm、70mmか90mmの中望遠があればXFのラインナップで私の仕事はすべて賄えます。現在X-E1,X-E2を使っていますが、X-E2のレスポンスいいですね。
ただ一つ要望があります。X-E1にあったEVFとLCDの切り替えボタンが無くなったことです。アイセンサーはメガネをかけていると、ファインダーに光が差し込むと反応しないことがあります。EVFオンリーにすると、LCDで画像を確認するのに手間取ります。この機能をどこかのボタンに割り当ててもらえないでしょうか。FUJIさんにお願いして下さい。

X-E2のRAWをlightroomで現像するのですが、X-E1より扱いやすくて、きれいで楽しいです。(私の思い込みかもしれませんが)。X-E2の時は、jpegとRAW両方で保存するのですが、書込が速いので苦にならないですね。
ブログ楽しみにしています。ありがとうございます。

投稿: satedon | 2014年1月 7日 (火) 10時04分

satedon さん
 ありがとうございます。
 はい、そのファインダー切り替えの要望は昨年11月のうちに伝えてあります。なので少し時間はかかるでしょうが、なんらかの方法で検討していただけると思います。
 X-E2になってもろもろのストレスが解消されました。なのでこれより進化するだろう次機種がどんなものになるのか、とても期待しています。

投稿: 小原玲 | 2014年1月 7日 (火) 10時10分

お早うごさいます。
85mmのレンズですが、ニコンには1.4G以外に85mm1.8Gという比較的新しいレンズがあって、実売4万円台の後半で買えてしまいます。開放からコントラストがありシャープなお気軽レンズです。しかも軽量。
今回の富士のレンズは相当良いのだろうと想像しています(^^)
また、バナから換算85mn発表されましたが、こちらのサイズや価格にビックリしてしまいました‼
ともあれ、複数のマウントを使っている私にとって選択肢がふえました。
個人的には富士の超望遠でコスパの良い物を期待しています。

投稿: Zoo | 2014年1月 7日 (火) 10時49分

Zooさん
 そうですね。まずは高性能な魅力あるレンズが欲しいと思うのですが、次にはXF27mmF2.8のような小型軽量の高性能で安価なレンズも欲しいですね。
 今日開発の方にお会いするので伝えておきます。

投稿: 小原玲 | 2014年1月 7日 (火) 11時56分

小さく軽く写りが良く言うことなしですよね!
然し乍ら、売上げシェアが話題にもならないのは大問題です。
都内でも旅先でもミラーレスを持っている人はSONYかOLYMPUSが圧倒的ですし、、、
開発の方にもそうですが、営業トップへの売込み依頼もお願いしたいところです!!

投稿: かーる | 2014年1月 7日 (火) 15時20分

XFレンズとXCレンズがある様ですがどこがどう違うのでしょうか?
初歩的な質問ですみませんが宜しくお願いします。

投稿: すが | 2014年1月 7日 (火) 20時43分

だんだん揃ってきましたね。

Xシリーズですが、私が駐在している上海でも売れ行きはまだみたいですが、一眼レフを買ってアレな人たちの一部が「乗り換えちゃおうかなぁ?」と
思いはじめているのも確かです。

私はレンジファインダーを使っていますが、一年ほど前に一眼レフを手放したことで、身軽にそして自由に写真を撮ることができるようになったと実感しています。

Xシリーズは“一眼レフの呪縛”から解放してくれる数少ないカメラとして、とても魅力的な存在だと思います。

投稿: hironeko | 2014年1月 7日 (火) 23時57分

 レンズロードマップを見ると、ライカ版換算で100mm以上になる単焦点望遠レンズがないのが気になります。広角側はかなり充実しているので、バランスが悪いように感じられます。90mm F2を希望するユーザーは、結構多いかと思います。

投稿: かぼ | 2014年1月 8日 (水) 08時41分

今回の発表でレンズ交換タイプのS-1のようなカメラを期待していました。バッテリーグリップを取付けられるダブルスロット物。
まだ無理のようですね。
出すなら中途半端な物は作らない決意なのか?
Pro-1もそうですが次期機種にかける思いを信じたいです。
ニコンみたいに定期的に出してくるのか?
何年も持ち続けられるフラッグシップを出すつもりなのか?
注目しています。

投稿: うら | 2014年1月 8日 (水) 09時56分

小原様

今年の冬は久しぶりに寒く、あまり外出もしないので、年末年始にネット上のFuji Xの関連フォーラムを、いくつか覗いてみました。

目にとまった発言のひとつに、「Fuji Xのユーザーは、ひとむかし前のMacユーザーみたい。いちど手にすると、のめり込む人が多い。しかし、Fuji Xの良さは、スペックやひとの話を聞くだけでなく、自分で実際に使ってみないと、分からないところがある。」

このほかには、「まだ仕事はN社(C社)のFF一眼レフ、しかし自分勝手に撮りたいときはFuji X。噂のFuji新製品に注目している。」というのが、いろんなフォーラムで目に付きました。各社話題の新製品を、つぎつぎに買いまくる余裕はなく、さりとてFuji Xに乗りかえるにはいまひとつ、という若い写真家たちの、悩ましい心境がうかがわれます。

ところで、噂のSLRスタイルのフジ新製品、いつ出るんでしょうか。Fuji Xのフォーラムなのに、Sony A7が話題になったりしている時期だけに、フジには本当に踏ん張って欲しいですね。
そろそろアザラシの撮影準備などもあり、忙しさ倍増のころかと存じます。本年もますますのご活躍を期待しています。 中原

投稿: 中原英二 | 2014年1月 8日 (水) 11時50分

おはようございます。

高性能で高価なXFレンズじゃなく、XCレンズの超望遠があるとありがたいです。一般のアマチュアカメラマンや鳥好きが、手頃な値段で超望遠撮影を楽しめるXCレンズが欲しいです。

X-A1はまだ設定もしてないのですが、SR+モードとPモードで鳩と鴨の試し撮りをしてきました。
標準ズームの印象は良かったです。
望遠ズームはAFが迷う事が多く、AFが合いやすいスポーツモードで撮ってきました。結局、手ブレ、被写体ブレ、ピンぼけ、白飛びが多かったです。設定と慣れでかなり良くなると思います。

今季初の撮影会でしたのでカメラ慣れしてない個体もいましたが。。。印象的だったのは、フード付き望遠レンズを向けた途端、20羽位いた全員がくるりと向きを変えてヨタヨタ離れて行きました。ニコワン望遠ズームとは比べ物にならないくらいレンズが黒く大きく見えて不気味だったようです(笑)

X-A1の第一印象は、標準ズームで1枚1枚大切に撮るなら、使いやすくていい感じです。
望遠ズームで近距離でヒョコヒョコ動く生き物を狙うのは、設定と慣れと努力でしょうか。少し時間がかかりそうです。
ちなみにニコワンの使い始めはもっと悲惨で、本当にまともに写っていませんでした(笑)

投稿: (^・^) | 2014年1月 8日 (水) 13時22分

かーる さん
 もちろん富士フイルムはシェア拡大に真剣に取り組んでいます。今年はそうとう本腰を入れてくると思います。

投稿: 小原玲 | 2014年1月 8日 (水) 17時05分

すがさん
 XFレンズは世界に誇れる銘レンズ群です。非を見つけることが難しいぐらいいいレンズです。
 XCは入門用のキットレンズです。でも結構良く写ります。しかし、逆光とかではXFとの差が出ます。

投稿: 小原玲 | 2014年1月 8日 (水) 17時07分

hironeko さん
 一眼レフの時代は今年で終わるような”予感”がしています。
 私は要らない一眼レフシステムを今月には手放そうかなと思っています。

投稿: 小原玲 | 2014年1月 8日 (水) 17時09分

かぼさん
 まだまだ来年以降もありますので。もうちょっとお待ちをかなと。
 実は90mm単体は私も要望しています。F2,8ズームとの差別化のためには90mmF1.4でもいいかなと。

投稿: 小原玲 | 2014年1月 8日 (水) 17時11分

うら さん
 間違いなく今年がXシリーズや他社のミラーレスカメラの正念場だと思います。富士フイルムは今年は本気で頑張ると思います。

投稿: 小原玲 | 2014年1月 8日 (水) 17時12分

中原英二 さん
 いただきましたコメントを見て今日の記事を書きました。ぜひご一読を参考になる情報もあるかなと。

投稿: 小原玲 | 2014年1月 8日 (水) 17時14分

(^・^)さん
 X-A1+XC50-230での動体撮影はちょっと厳しいかもしれませんね。さすがにコントラストAFの入門機という位置づけですから、それがX-E2になるとかなり改善します。
 でもX-A1+XC50-230でも写りはすごくいいですが。

投稿: 小原玲 | 2014年1月 8日 (水) 17時16分

ありがとうございます。

近距離で鴨や雁がヨタヨタ歩くのは、移動速度が不規則なのでAFも苦手なのでしょう。しかし、標準ズームでは、(位相差AFより遅いですが)普通に撮れました。望遠ズームも慣れと努力でかなり撮れるようになると思います。

鴨撮影会の帰りに、望遠ズームで中央線も撮ってみました。向かってくる特急列車もAF追従して撮れました。離れていく列車はAFが苦手ですが、喰い付けばちゃんと撮れていました。

X-A1は位相差AF採用とカメラ全体の制御システム最適化で、すごく良くなると思います。XC超望遠レンズと、位相差AFでチルトディスプレイの後継機を楽しみにしたいと思います。
今は慣れることが最優先ですね。先ほどようやく調光補正を見つけたので(笑)

投稿: (^・^) | 2014年1月 8日 (水) 20時31分

ayaGです。
私は、18-70~80mm程度のズームレンズが欲しいです。
18-55mmでは望遠側が不足します。
18-135mmまでは必要ありません。
望遠ズームレンズを持ち歩けば良いのでしょうが、
荷物が増えるし、戸外でのレンズ交換が不安です。

X-E2レンズキットを注文しましたが、
18-55mmで撮影しトリミングで対処する以外に方法は無いように思っています。

各社の標準ズームレンズが18-55mm程度であるのは、
良いレンズの設計のために決められたことなのでしょうが、
小型の18-70~80mm程度のズームレンズでも現在の技術を持ってすれば、
無理な設計にはならないのではないかと、素人考えをしています。

もし、富士フイルムの開発担当にお話しする機会があれば、
そういう声もある事をお伝えいただければ幸いです。

投稿: ayaG | 2014年1月 9日 (木) 11時13分

ayaG さん
 18-135というのが先にでますね。多分それほど大きくないと思いますのでそれが代用になるのでは。
 F2.8通しの方は画質最優先なので、どうしても範囲がせまくなるのでしょう。
 標準ズームで幅の広い要望と、明るい要望との二つを考えたのでしょうね。
 このブログは開発の方も見ていますので、どんどん書き込んでください。

投稿: 小原玲 | 2014年1月10日 (金) 01時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しいレンズロードマップに思う:

« 新しいXシリーズのレンズロードマップが公開されました | トップページ | 富士フイルム本社でトークをさせていただきました »