« 雪のイメージにX-A1ホワイトはよく似合うのだ | トップページ | 小原家の家族旅行 with X-A1(2) »

2014年1月 4日 (土)

小原家の家族旅行 with X-A1

Akb

 東京に行ったらまずココですよね。って、いったい何をまた。
 実は海斗の幼なじみがAKBにドラフトで入りそうなんです。もうグッズとかあるのかなあと思って見に来ましたが、残念ながらまだ正規メンバーではないのね。でも幼稚園・小学校時代にはとても障害のある海斗に優しくしてくれた子です。メンバーになったら劇場に海斗と一緒に見に来たいなあ。
 真斗の同級生はこの前紅白のSKE48の時にステージで歌っていました。名古屋に暮らしていると友達の友達ぐらいには、SKEの子がいる話って多いですね。
1557603_644764845559473_1229618966_
 次は琴子のリクエストで原宿の竹下通り。「ほっぺちゃんショップ」整理券もらって30分待ちでした。
 昔から人通りの多いところではあったけど、今は凄すぎ。また原宿の裏通りの古い家が軒並み、小綺麗なお店に変わっているのにビックリ。東京離れて早19年経つので、変化も大きいです。
Photo_2  そして横浜に移動して、中華街といったらやっぱりラーメンですよね。それもベビースターラーメン。真斗がこれ大好きなんです。作りたてホヤホヤが食べられますが、これがまた美味しい。
Photo_3 そして今日の締めは、やっぱり豚まんです。これはまあ美味しいけど、横浜の中華街ってなんでまた、どこもかしこも豚まんばっかりなんだろう。立ち食いで売っている点心も焼売かせいざい小籠包ぐらい。マンゴープリン3カ所で食べたけど、どれもダメ。自分で作る方がマシ。
 中華街としての味のレベルは、世界の中でもダメな方だと思うのは私だけかなあ。バンクーバーとかトロントとか、NYの方がよっぽど美味しい中華が食べられるような気がするのだけれど。
 私が行くところがだめなのかなあ。
 今日の写真はすべてX-A1とXC16-50ズームです。ほんと良く写ります。色もいいし、シャープなのと、あと立体的な描写がありますね。

|

« 雪のイメージにX-A1ホワイトはよく似合うのだ | トップページ | 小原家の家族旅行 with X-A1(2) »

コメント

こんばんは!横浜中華街ですが、やはり少々高い所でないと駄目かと思いますよ。私もトロントとNYで食べた経験がありますが、もし味を比べるとなりますと、私は交差点の角にある有名なお粥のお店(ここは絶対行きます)か、大きな老舗しか行かないですね。。。ロンドンではまずはペディントン駅に近いインド料理に入ったりしています。ここがおいしいのですよね。そのあとはパブでパイですね。このお正月はX-E1大活躍ですよ!

投稿: もやし | 2014年1月 4日 (土) 23時04分

もやし さん
 ありがとうございます。なんか中華街だとまだ神戸の方が少しマシかなあと思ったりします。それでも神戸も海外の中華街に比べると、大した印象は残っていません。
 Xシリーズのカメラがあると、旅行とか散歩とか、なんでもとても楽しくなりますね。

投稿: 小原玲 | 2014年1月 4日 (土) 23時18分

私も全く同感です。何度も行ってますが、横浜中華街で食事して、美味しかったと思ったことが一度もありません。
XC 16-50mmは、いいレンズですよね。XF 18-55mmもありますが、換算24mmなのと、予想以上にいい写りなのと、小型軽量なので、最近X-E2の常用レンズです。

投稿: Came吉 | 2014年1月 5日 (日) 06時41分

Came吉 さん
 そうなんですよね〜。なんか日本人には「エビチリ」と「麻婆豆腐」と「焼売か小籠包」を食べさせておけばいい、あとおまけに「天使甘栗」といった感じのメニューが多いんですよね。
 中華街ならではの本格的な中華メニューが少なくて、日本的な中華料理が多いのではと思っています。
 どこの国の中華街でも美味しい飲茶をやっているものだけれど、日本の中華街の飲茶って品数が少ないですね。
 XC16-50の弱点は逆光かなと思っています。それ以外はXF18-55に劣らない優秀なレンズですね。

投稿: 小原玲 | 2014年1月 5日 (日) 07時14分

やっぱり華僑の勢力圏でないとダメなんでしょうかね。
今、インドネシアのジャカルタに駐在してますが、周
辺諸国も含めそんな印象です。

昨日までジョグジャカルタというところで遺跡撮りし
てました(家族旅行ではありますが)。X-E2とXF23mm
のコンビは本当にいい仕事をしてくれますね。

投稿: りゅうパパ | 2014年1月 5日 (日) 09時55分

りゅうパパさん
 なんかエビチリと麻婆豆腐をみるとがっかりするのが中華街ですね。
 X-E2とXF23mm/1.4の組み合わせは現在最強じゃないでしょうか。

投稿: 小原玲 | 2014年1月 5日 (日) 13時57分

漫画「美味しんぼ」の原作者も、横浜中華街はダメだという趣旨のことを書いていたような。個人的には「店による」と思っておりますが…中華街にない中華料理店の方が美味しかったりします(笑)

投稿: 細野 真一 | 2014年1月 5日 (日) 18時43分

細野 真一さん
 横浜の中華街は中国人のための中華街ではなく、日本人観光客からお金をとるための観光地の中華街になってしまっていますね。
 たしかに中華街でないお店とか、中華街でも賑やかでない通りとかの方が美味しいですね。

投稿: 小原玲 | 2014年1月 5日 (日) 19時23分

日本で食べる中華は別物だと思えばなんてことはありません。マスコミ、雑誌が変な方向に引っ張るのに付き合う理由はなく、本物を海外で食べるようにしています。
四川省で農家の人たちが出してくれたご馳走がうまかったし、北京ダックは北京で、ヤムチャは香港とシンガポールで、それぞれさいこうです。パナマの中華もうmかったし、でもパタゴニア最南端の中華は。。。さすがに駄目でした。

投稿: ゆきやま | 2014年1月 6日 (月) 08時14分

ゆきやまさん
 そうですね。本物の中華は海外で食べるのが美味しいですね。日本料理も海外のものもだいぶよくなりましたが、一番美味しいのはやはり日本ですものね。
 私がアザラシを撮影する拠点になるカナダの離島にも以前は中華料理があったのですが、あそこもダメでした。

投稿: 小原玲 | 2014年1月 6日 (月) 09時03分

確かに、横浜の中華街ってのは、移民(中国人)同士で街を作って、中国人のためにレストランをやっている、という、いわゆる、普通の中華街とは違ってますね。
明らかに観光名所。

アメリカにいたころ、やはり、移民がやっているチャイニーズにはよくいきましたが、客がアメリカ人なので、アメリカ人向けの料理になってしまっていました。
中国人も自分たちは、こんなものは食べないと。

最近は中国本土に出張がたまにあるのですが、奥地に行くと完全に地元の人のための料理になります。
口に合わないというか、全然違うものになります。

やはり、誰に向けて作っているのか、そして、どれだけ舌が肥えているのか、それによって、出されるものがまるで違ってくるのでしょうね。

書いていても、中華をカメラを置き換えても、成り立ってしまうような気がしてきました。

妙なマスメディアに洗脳されて、美味しくもないものをバカ高い値段で食わされている。

美味しくないなどと本当のことを言おうものなら、袋叩きw。

今年も、安くて美味いカメラを紹介してください。

投稿: くじら怪人 | 2014年1月 9日 (木) 09時47分

くじら怪人さん
 嬉しいお言葉ありがとうございます。
 確かに今のデジカメも中華と同じような状態になっていますね。日本人にはフルサイズと一眼レフ食べさせておけばいい、みたいな。

投稿: 小原玲 | 2014年1月10日 (金) 01時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小原家の家族旅行 with X-A1:

« 雪のイメージにX-A1ホワイトはよく似合うのだ | トップページ | 小原家の家族旅行 with X-A1(2) »