« CP+ 報告(1) X-Photographer talk | トップページ | CP+ 報告(3) 田中雅美さんのオーロラトークの素晴らしさ »

2014年2月17日 (月)

CP+ 報告(2) キャメラびとの人気の凄まじさ

Image12

 今日のCP+で一番人気があったトークショーは「キャメラびと」の3人のトークだったかと思います。とにかく凄い人気でした。また話がとて楽しいのです。ほんとこの方たちは写真をとても楽しんでいて素晴らしいです。
 若い時にこういう楽しい写真をご自身が撮り、それを人に伝えられるのっていいですよね。
Image
 私のおじさんエアリー写真の師匠の山本まりこさんと、うみ写真家のむらいさちさんの間に入って、キャメラびとポーズを撮って1枚。
Image2_2 海といえば、これとてもいいですね。
 XQ1の水中ハウジングに、水中専門メーカーのINONさんが専用アクセサリーを発売されます。
 このドームポートがあれば水中での広角撮影の画質が絶対よくなるはず。こんなの見たらアザラシ撮影に絶対持っていかないわけにはいきません。
 ドライスーツも用意して、アザラシの赤ちゃんが泳ぎ出したら、自分も水に入ったり、手をすぐ突っ込めたりできるようにして、今年はいい水中アザラシ撮ってきたいなあ。
 水中写真家の世界的な大御所の中村宏治さんにもこのハウジングのことで、電話で色々お聞きし「あれアザラシにはかなりいいと思うよ」とのことでした。
 中村さんと私はTシャツのサイズが同じで貸し借りできるアザラシ仲間なのですが、「ワイドポートとハウジングの間に氷粒や空気の泡が入らないように注意する」などの注意をお聞きし、いよいよ撮影イメージが湧いて来ます。
 富士フイルムさん以外では、BORGさんのブースに色々あった新レンズに興味津々で、89ED を発注してきました。今年は氷の条件がいいので、陸地からアザラシが見える可能性がかなりあります。そんなときにこのレンズが活躍してくれるでしょう。
 またシグマさんのブースでDP2mQuatreのタッチ&トライの列にも並んだのですが、さすがに時間がかかりそうで脱落しました。なぜなら私が興味あるのは新しいFoveonセンサーがどれくらい画質が向上したかという1点だけ、それはカメラを触っても判らないことなので、40分以上の待ちはちょっと待てませんでした。
 でもこの新機種にはシグマさんはかなり力を入れているようで、要注目ですね。私から見たら富士のXシリーズは35mm判カメラに変わる存在ですが、シグマDPシリーズは大判カメラに変わるような存在です。富士のXが「画質番長」ならシグマが「解像力番長」といったところですね。

|

« CP+ 報告(1) X-Photographer talk | トップページ | CP+ 報告(3) 田中雅美さんのオーロラトークの素晴らしさ »

コメント

こんばんは!CP+のご報告楽しませて頂きました。丁度用事と出張が重なってしまい、本当に今回は行けずに残念でした。。。山本まりこさんのHPを拝見して、撮影対象によってはエアリーやってみたくなりました。撮り方レシピを買って研究してみます。

投稿: もやし | 2014年2月17日 (月) 22時47分

もやしさん
 山本まりこさんの表現は肯定的に見て、自分も遊んでいくとどんどん楽しくなります。写真が楽しくなるのがエアリー表現ですね。
 今度私のメルマガでも機会を見て、おじさんエアリーの記事やってみようと思います。

投稿: 小原玲/Rei Ohara | 2014年2月18日 (火) 03時12分

初めまして。

このキャメラびとのトークショーを
聞いておりまして、こちらの写真にも写っています^^
この時に、小原先生をお見かけしましたが
声をおかけする勇気がありませんでした。

まり子先生のご紹介で小原先生の
ブログを拝見させて頂くようになりました。

富士フィルムユーザーではないのに
先生の記事を拝見して、私にも手の届く
「魔法レンズ」が欲しくなってしまい
先日購入いたしました。

XーM1のズームレンズキットは中古ですが
好きが綺麗に撮れるように、勉強中です。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: niwa | 2014年2月18日 (火) 13時58分

niwaさん
 この写真の中でだれかを探すのって、もう「○○を探せ」状態ですよね。すさまじい人気でした。
 X-M1にXF35mmというのは、「好き!」なものを写すのには、とてもいい組み合わせだと私は思います。身軽でとにかくよく写ります。AFがトロい時がありますが、そんな時にはAF範囲の面積を広くするのがコツです。

投稿: 小原玲 | 2014年2月20日 (木) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CP+ 報告(2) キャメラびとの人気の凄まじさ:

« CP+ 報告(1) X-Photographer talk | トップページ | CP+ 報告(3) 田中雅美さんのオーロラトークの素晴らしさ »