« CP+ 報告(2) キャメラびとの人気の凄まじさ | トップページ | 昨日のCP+田中雅美さんのトークショーのパノラマです »

2014年2月17日 (月)

CP+ 報告(3) 田中雅美さんのオーロラトークの素晴らしさ

Image5

 そして今日のCP+で私が一番聞きたかったのが、オーロラ写真家の田中雅美さんのトークです。周囲を見回すと集まって聞いている面々に、知っているプロ写真家や写真雑誌関係者が多いこと、多いこと。しかも、その道のプロ中のプロといえる面々の写真家が、田中さんのトークを聞いていました。多分他メーカーも含めこのCP+でプロの聴取者が一番多かったトークじゃないでしょうか。
 田中さんがこのトークのために作製したオーロラの360度パノラマムービーや4Kタイムラプスなどは、もう圧巻でした。Xシリーズみたいな小さなカメラでこんな素晴らしい映像表現ができるのかと。
Image3
 そしてこれが田中雅美さんスペシャルの「X-T1ホワイトプレミアム」です。世界にこれ一つと言っていいぐらい、霜で真っ白に固まったX-T1です。この時の温度は-40℃でこの状態でもX-T1は大活躍だったそうです。この状態で撮影された写真も展示されました。しかも外部電源なしでバッテリーパックでオーロラのタイムラプスムービーの素材を撮ることができたそうです。
 非常に過酷な撮影環境の中、田中さんとX-T1ホワイトは素晴らしいオーロラ写真を収めてきました。ほんと素晴らしいトークと写真&映像でした。
 

|

« CP+ 報告(2) キャメラびとの人気の凄まじさ | トップページ | 昨日のCP+田中雅美さんのトークショーのパノラマです »

コメント

小原さん

こ、これはすごい!
オーロラもですが、凍りついたカメラも!
「X-T1霜降りホワイト仕様」と呼びたいですね(笑)

長春在住中にこのカメラと出会っていたら
回り道することはなかったと思います。

投稿: hironeko | 2014年2月17日 (月) 22時12分

hironeko さん
 機械部分が少ないミラーレスの方が寒いところには有利なはずですね。今まではプロ用一眼レフの方が少しだけ強かったようですが、X-T1で対等か超えているようです。どちらにせよ最後は-40度ぐらいで液晶が見えなくなります。それでも押すと写っていたりするそうです。

投稿: 小原玲/Rei Ohara | 2014年2月18日 (火) 03時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CP+ 報告(3) 田中雅美さんのオーロラトークの素晴らしさ:

« CP+ 報告(2) キャメラびとの人気の凄まじさ | トップページ | 昨日のCP+田中雅美さんのトークショーのパノラマです »