« NDフィルターを購入しました | トップページ | Adobe Camera RAWの高感度検証 »

2014年2月22日 (土)

ADOBE Photoshop Camera RAW がフィルムシミュレーションに対応

20140222_143620_00001

皆さん待ちにまっていた朗報です。Adobe Photoshop CCのCamera RawのRCバージョン(テスト版)が、富士フイルムXシリーズのRAWのフィルムシミレーションに対応しました。X-T1で撮影したRAWカットを上記のように現像できます。赤丸の中にフィルムシミレーションを選ぶ項目があり、各種のフィルムシミュレーションを後から選べます。
 撮影時のものを選んだ場合、ほとんど撮ってだしのJpegと同じ色が出てきます。まだ私も一枚目なので検証はできていませんが、パッと見は違いはなさそうです。
 これはフィルムシミレーションで撮ったカットに変更を加え16bitTIFFに書き出せるということなので、Xユーザーの待望の現像ソフトになるでしょう。
 なんといってもカメラ内RAW現像をやり直さなくても、フィルムシミュレーションを後から変更できるのはとても素晴らしいです。
 このカットも撮影時はVelviaでしたが、今ならAstiaに変更したいです。こんなことがソフト上でできます。
Jr
 左がカメラ撮って出しのJPEGで、右がCamera Raw から撮影時と同じVelviaでの初期設定の現像です。ほぼ違いは判らないかと思います。素晴らしい!!
Dscf01742
 さらに、先ほどのRAWカットをCaemraRawでトリミングとモノクロ化してみました。後からこんなことがどんどんできるようになりますね。楽しいです。
 しかもモノクロ化するのに、Photoshopのモノクロ現像ではなく、富士のフィルムシミレーションのモノクロを使えます。これがとてもいい感じのモノクロを作ってくれます。なんかとっても楽しくなりそうです。

|

« NDフィルターを購入しました | トップページ | Adobe Camera RAWの高感度検証 »

コメント

価格 .comで紹介されていたので使って見ましたが、
近い感じになりますが、
ノイズ処理がフジの方がうますぎて、ISO感度が高いときの違いが大きいです。
それ以外ではかなり近くなったので、これを元に補正するにはかなり良くなりました。
出来れば富士フイルムからカメラ内RAW現像を単体のソフトにして欲しいです。タッチアンドトライで聞いたら考えていると言っていたのは、
このことだったのかなぁ、出来ればカメラ内RAWにプラスアルファの機能を入れて専用RAW現像ソフトを作って欲しいです。

投稿: カメラ小僧 | 2014年2月23日 (日) 09時41分

カメラ小僧さん
 情報ありがとうございます。さっそく検証してみました。高感度では確かに色とノイズに違いが出ますね。でも調整可能な範囲かなとも思います。
 場合によってノイズを目立たせて質感を良くすることもできるので、使えるかなと思います。
 これでXシリーズの使い道がぐっと広がった感があります。

投稿: 小原玲 | 2014年2月23日 (日) 11時30分

シリアルソフトから脱皮したくRAWをとは考えPhotshop Camera RAWを参考にしたいと考えています 良きドバイスを

投稿: 小島 守男 | 2014年12月12日 (金) 14時05分

いつもありがとうございます。
12/15配信のメルマガ(有料)で私のRAW現像のワークフローを簡単にですが書きました。残念ながらメルマガという媒体では、深く説明するのは難しく、詳しく説明するには本1冊ぐらいの文量が必要になってしまいます。
 不明点はなんどでも質問してください。

投稿: 小原玲 | 2014年12月15日 (月) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ADOBE Photoshop Camera RAW がフィルムシミュレーションに対応:

« NDフィルターを購入しました | トップページ | Adobe Camera RAWの高感度検証 »