« 今年の流氷は多すぎるぐらいですね | トップページ | 氷の上の歩き方 »

2014年2月15日 (土)

FUJIFILM CAMERA REMOTE をぜひお試しを

_11

 X-T1が届いた方も多いかと思います。

 ぜひ試してほしいのが「FUJIFILM CAMERA REMOTE」によるリモート撮影です。これはとても便利です。ただリモコンでシャッターを押せるだけではなく、タッチAFが可能になり、さらには絞りやシャッター速度、ISOなどの露出のみならず、フィルムシミレーションとかホワイトバランスまで操作できます。

 正直ここまでできるとは思っていませんでした。さすがにwifi経由なのでちょっとラグはありますが、まあ仕方ないでしょう。これをうまく使えば私のホタル撮影など、カメラの設置位置にいろいろな可能性と自由度が増すと思います。

 リモート撮影だけなら今までもいろいろできたのですが、これだとすぐに撮った画像も転送して確認できます。それが何よりすばらしいです。

 今日はCP+が悪天候で中止になってしまいましたが、富士フイルムブースでの田中雅美さんのトークは明日16日の15:30-16:10に変更になりました。これを私も聞きにいきます。

 そのほかCP+では富士のXQ1の水中ハウジングのINON製アクセサリー、X100Sのテレコンなどに興味津々です。

 他メーカーではSIGMAさんのDP2mQuatroを見てみたいですね。まだ作例などは飾られていないとのことですが、新しいFOVEONセンサーがどれだけの絵を出すのか、楽しみですね。

 今年のCP+はほんと富士のX-T1とSIGMAのAPS-C勢が元気いっぱいなのに対して、一眼レフ勢の元気がないですね。

 あとCP+ではカメラを触ることよりも、展示されているプリントを見ることも大事です。どんなに高画素、大きいセンサーのカメラでも、仕上げのプリントがインクジェットだと、こんなにつまらないプリントになるのか、というのもよく判ります。今年は富士がどんなプリントを展示しているか楽しみです。昨年のM.S.Parkさん撮影のX100sで撮影の畳3畳プリントはそれはそれは見事でしたから。

|

« 今年の流氷は多すぎるぐらいですね | トップページ | 氷の上の歩き方 »

コメント

私も既に何度か使っていますが、富士のは良く出来ています。
露出補正まで出来れば完璧ですが、
ここまで良く出来ているのは他のメーカでもありません。
それとGPSが付いていないのですが、
これもリモートで位置情報が送れてすごく重宝しています。

小原さんはDP2Merrillのユーザーでしたね。
私もDP2mQuuatroは興味があるのですが、
何時もDPシリーズの購入には躊躇しています。

明日のCP+は行きたいのですが、雪のため予定が溜まっていて、
近くにいるのですが、行けるか微妙です。

投稿: カメラ小僧 | 2014年2月15日 (土) 21時53分

カメラ小僧さん
 DP2mはメーカーさんから貸し出しを受けましたが、導入まではいきませんでした。とても面白いカメラだったのですが、いかんせん色がじゃじゃ馬で、とても仕事では使えない。
 モノクロはとがてもよかったのですが、富士のモノクロも決して悪くないので、両方を持つかという点で今ひとつ躊躇していました。
 ただ富士のXが昔ノ35mm判で、SIGMAが大判のような使い分けがしたいですね。そのためには背面液晶をもっともっと大きくしてほしかったです。

投稿: 小原玲 | 2014年2月15日 (土) 22時11分

小原さん

以前、ブログで大変参考になったDP2mの記事は貸し出しの機材だったのですね。私も同じ印象でRAW現像なのは良いとしても色がはまる時はすごく良いようですが、あまりに使いづらいのもどうかと思っていますが、決まった時の画像を見ると興味はあります。

話は違いますが、ソニー(ミノルタ)の135mmSTFをマウントアダプターで使用されていましたよね。私が一番好きなレンズでそのため、αマウントを残しているぐらいですが、X−T1でマウントアダプターで使用するというのも良いかもしれませんね。

趣味が合っているので昔からブログを見ていたのです。
年齢も近くて私が1歳年下で子供の年齢も近いです。

明日、行けるようでしたら、会場でお見かけしたら声をかけます。

投稿: カメラ小僧 | 2014年2月15日 (土) 22時27分

カメラ小僧さん
 ほんと私たちの世代はSTFとかDPとか、主流から外れているけれど頑張って開発された製品Xが好きですよね。Xにもその気はありますね。
 こういうカメラやレンズが実は写真の世界をの幅を広げ、表現を楽しくしていると思っています。
 見かけたら気軽に声かけてくださいね。

投稿: 小原玲 | 2014年2月15日 (土) 22時38分

こんばんは。私もこのリモート撮影は是非試してみたいと思っていまして、今、手元にX−T1があります♪レンズはまだ入手していない単焦点23mmか55-200mmかを一緒に購入しようと考えておりましたが、生憎その店には無く、ネット注文することにしました。(今日は東◯線事故で移動も大変)メルマガ早速拝見しました!期待通りの本来あるべき機材への評価記事と写真への思い等、それに「作品データ!!」十分楽しませて頂いております。私もX−T1が苦手部分をあえてまずは庭のフィーダーに集まる小鳥!で試してみます。X−T1、確かに他のXよりもちょっと威圧感ありますが、一眼レフに比べたら本当にコンパクトに仕上がっていますよね。

投稿: もやし | 2014年2月16日 (日) 00時24分

もやしさん
 ありがとうございます。23mmも55-200mmも名レンズなので悩みますよね。
 メルマガの感想ありがとうございます。はい、結構思うことをそのまま書きました。でも実際にそうなのだから仕方ありません。
 でもX-Tはとてもいいカメラです。ちょうど昔の小さな銀塩カメラぐらいの大きさですね。

投稿: 小原玲 | 2014年2月16日 (日) 01時51分

リモートでタッチAF! Movieで使えるのでしょうか? フジのMovieの画質は他社にないものがあって、密かに注目してるんです。

投稿: 19世紀の男 | 2014年2月16日 (日) 08時26分

19世紀の男さん
 X-T1とiPhone で試しましたが、動画モードの時にはタッチAFは機能しないようです。ただしスチルモードにしてタッチAFを使い、一枚写真を撮ってから、動画モードにして録画オンにすることは可能でした。

投稿: 小原玲/Rei Ohara | 2014年2月18日 (火) 02時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FUJIFILM CAMERA REMOTE をぜひお試しを:

« 今年の流氷は多すぎるぐらいですね | トップページ | 氷の上の歩き方 »