« Adobe Camera RAWの高感度検証 | トップページ | モントリオールに着きました »

2014年2月25日 (火)

やっとパッキングが終わりました

 ようやく今日からのカナダ取材のパッキングが終わりました。

今回は現地滞在は2月26日から3月14日と2週間強なのですが、氷が良いのでかなり撮影条件はいいのではと思えます。
 そんなこんなで選んだカメラは
 X−T1+縦位置バッテリーグリップ X2台
X-E2 1台
X-A1 1台 (ホワイト)
XQ1 2台 + 水中ハウジング1 台
XP70 (水中スナップ)
Go-Pro HERO 3+, HERO2
--------
レンズは
サムヤン7.5mm/3.5Fisheye
XF14mm/2.8R
XF18mm/2 R
XF23mm/1.4R
XF27mm/2.8
XF35mm/1.4R
XF56/1.2R
XF18-55
XF55-200
XC50-230
Apo-Sonnar 200mm/2 X1.4 X2
BORG71FL(400mm/5.6) X0.85
BORG89ED (600mm/6.7) X1.4
こんな感じです。
運ぶだけで一仕事です。
 X-M1やX100sではなくX-A1を入れたのは、X-A1ホワイトは「引きがいい」カメラだからです。あの可愛らしいカメラで撮っていると、こっちの気分も変わるし、被写体にも「撮るぞ」という意識が伝わらない。なぜかいい写真が撮れることが多い、不思議なカメラなんですね。

|

« Adobe Camera RAWの高感度検証 | トップページ | モントリオールに着きました »

コメント

すごい機材ですね〜!
でもきっと富士だからできることで大きな一眼レフでは難しいですよね
私も富士にしてレンズ交換の楽しさを改めて感じました。
さっと取り出せどんなバッグに入れても邪魔にならずいつでも持ち歩けることで快適な写真lifeを送っています。
大きく重くないので躊躇せず持ち出せ諦めるって事がなくなりました。

今年の流氷はいい条件とのことなのできっと素敵な写真が撮れるんでしょうね〜。56mmのとろけるような背景でのアザラシの赤ちゃんを想像するだけで楽しみです。水中写真も富士で撮ったらどんな色になるのかエアリーもあるのか今からワクワクしています。

電子書籍読ませて頂きました写真の撮り方を考えさせられる内容で今後の写真生活に活かしていきたいと思います。

投稿: 楓 | 2014年2月25日 (火) 07時26分

おはようございます。
流石の装備ですね!お疲れ様でした。

>>被写体にも「撮るぞ」という意識が伝わらない。
X-A1、特にホワイトモデルはそうかもしれませんね。
逆にT1はもろにそれが伝わってしまう…そんな感じがしています。

昨日は外せない人撮りがあり、T1を早速使ってみましたが、
レンズが55-200だったせいもあったのか、相手に緊張を与えてしまった…そんな印象を持ちました。
もちろん、フルサイズ機に大三元を使っていた頃よりも威圧感は無かったはずなのですが、今までPro1でずっと撮っていたので、なんというかそのギャップをヒシヒシと感じました。

T1はとても撮りやすく、個人としてはかなり満足ができるカメラですが、同時にシーン、被写体を選ぶカメラだと思いました。
これは買う前からも分かっていた事だったので、撮影時の選定がいかに重要かも分かりました。

しかしよくよく考えると、そういった棲み分けが出来るのは今のところ富士フイルムくらいでしょうか。(しいて言えばオリンパスもですが)
これ、実は凄いことなのかもしれないと思いました。
今後の展開も面白くなっていきそうですね。

投稿: カメラくん | 2014年2月25日 (火) 07時33分

おはようございます。^^

60macroが外れたのはXF56mmの存在が大きかったのでしょうか?

投稿: kou | 2014年2月25日 (火) 08時53分

小原さんへ

私のようなド素人は、小さなカメラバッグ1ケなのでパッキングは簡単でしたがさすがプロは凄い!
では、お気をつけて行ってらっしゃいませ。
私は明日出発です、現地ではよろしくお願いしま~す!

投稿: AYABE | 2014年2月25日 (火) 08時57分

お気をつけて。いってらっしゃいませ。

アザラシたちとたくさん楽しんで、無事に帰ってきて来てくださいね。


>なぜかいい写真が撮れることが多い

これじゃ伝わりませんよ~、マニアも一般の人も、最近は行間を読まない人が多いですから(^^;

投稿: (^・^) | 2014年2月25日 (火) 18時57分

小原さん

私がライカで使っているビリンガムのバッグには35/1.4と23/1.4を
それぞれ付けたボディー2台の他に14/2.8と60/2.4が余裕で入ります。
これが一眼レフだったら……ボディー2台は絶対無理っ!

そして小原さんの装備がどのくらいの大きさ重さになるのか考えてみましたが、
もしも一眼レフだったら……想像するだに恐ろしい!

やはりXシリーズはコンパクトでGood Job!\(⌒▽⌒)/

投稿: hironeko | 2014年2月25日 (火) 21時17分

楓さん
 ありがとうございます。これでも富士になって随分収納が楽になりました。これだけの表現の幅があるレンズ群をよく運べると思います。フルサイズではむずかしいですね。

投稿: 小原玲 | 2014年2月26日 (水) 14時45分

カメラくんさん
 富士がいいのは、カメラ機種によって操作性は変わっても、画質が大きく変わらないことですね。なのでX-T1でもX-A1でも仕事で使える画質が得られます。その点で選択が多くなって助かります。

投稿: 小原玲 | 2014年2月26日 (水) 14時46分

kouさん
 はい、どれかを削る判断をすると60mmマクロを削ることになりました。どうようにXC16-50mmも削りました。この2本は他のレンズで重複できるので。

投稿: 小原玲 | 2014年2月26日 (水) 14時47分

AYABEさん
 マドレーヌ島でお待ちしています。

投稿: 小原玲 | 2014年2月26日 (水) 14時48分

(^・^) さん
 出発前のどさくさで書いたものだったので〜。
 詳しくは別途書きますね。多分X-A1ホワイトでの作例とともにになるかなと。

投稿: 小原玲 | 2014年2月26日 (水) 14時50分

hironekoさん
 はい、これでもXシリーズだから運べます。一眼レフだったら2人必要ですね。魚眼から1200mm相当までカバーしているわけですから。

投稿: 小原玲 | 2014年2月26日 (水) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっとパッキングが終わりました:

« Adobe Camera RAWの高感度検証 | トップページ | モントリオールに着きました »