« 昨日のCP+田中雅美さんのトークショーのパノラマです | トップページ | Xプリントをぜひ試してほしい »

2014年2月18日 (火)

X-E2のEVFの遅延がファームアップでX-T1なみになるようです。

デジカメinfoさんに訳がでていますが、dpreviewとのインタビューに対して富士フイルムの方が以下のように答えています。

ーーー(ファームウェアで現行モデルに機能を追加するのか?) イエスだ。たとえば、近日中にX-E2のEVFのリフレッシュレートをX-T1と同じレベルに改善する新ファームをリリースするつもりだ。ーーー
 これは凄いことですね。私もCP+の会場で担当の方に確認しましたので確かな情報です。まだ「何時?」の部分は判っていませんが、確実にこのようなファームを開発されているようです。
 X-E2とX-T1は仕様を見れば判るのですが、EVFのパーツ自体は同じもののようです。違うのはそれを見る光学系だけ、だから同じEVFの遅延を解決することがファームで可能になるわけです。
 X-E2がこれでさらに素晴らしいカメラに変わります。
 私は以前にも書きましたが、X-T1も素晴らしいカメラですが、用途によってはX-E2の方が向いているジャンルもあると思っています。
 特にX-T1+標準ズームのセットと、X-E2+XF23mmF1.4Rの組み合わせなら、私は後者をお勧めします。後者の方がXならではの写真が撮れるからです。
 またX-A1をすでに持っているお母さんカメラマンには、ボディをアップグレードするよりも、まずはXF35mmF1.4Rとか次に出るXF56mmF1.2Rのようなレンズを増やすことを優先されることをお勧めします。
 理由はそれの方が「好き!」が写るからです。X-T1は「好き!」が早く、確実に写るカメラですが、写った結果はX-M1と変わりません。
・・・・・・・・・・
 ところで、ファインダーの光学系を変えるだけで、APS-CのX-T1がフルサイズのEOS1DxやニコンDf以上に画面が大きく見えるファインダーを得てしまうということは、APS-Cの一眼レフでも、きちんとファインダー光学系を作れば、フルサイズと同等の見え方のファインダーが作れるということではないでしょうか?
 一眼レフカメラメーカー各社はなんでこれを作ってこなかったのでしょう?
 フルサイズ対応のレンズを新規に作って売るためだったのでしょうか?
 真意はさておき、私は一眼レフでもAPS-Cサイズで、きちんとしたボディと明るいレンズを作ったくれた方が、よっぽどユーザーのためになると思っています。ただ現状ではセンサーが今ひとつなのが問題ですね。ローパスを外しただけのAPS-Cカメラは往々にしてモアレが酷いです。
 この点では富士フイルムのX-TransCMOSとSIGMAのFoveonが独自に頑張っていますね。

|

« 昨日のCP+田中雅美さんのトークショーのパノラマです | トップページ | Xプリントをぜひ試してほしい »

コメント

小原様

毎回楽しみに見ています。

E1からE2に買い換えてのT1の発表。う~ん、ちょっと早まったか。

しかし、
>近日中にX-E2のEVFのリフレッシュレートをX-T1と同じレベルに改善する新ファームをリリースするつもりだ。
うぉしゃ
大変嬉しい情報です。T2まで、E2が使えそうです。

投稿: GORO | 2014年2月18日 (火) 10時25分

小原さん

ファームアップでカメラが進化するというのはデジタルならでは……
いや、今のところFujifilmならではといった方がいいかもですね。
他のカメラメーカーもモデルチェンジばかりせずに
ファームアップで対応してくれればいいのですが、
それじゃ新製品が売れないからダメなのかなぁ。

私がXシリーズを「画期的だ!」と思い、導入を決断した理由の一つは
「レンジファインダー風と一眼レフ風という二種類の選択肢」があり、
しかも「素晴らしいレンズが完全に共用できる」ということ。
このようなシステムは過去に例を見ないのではないでしょうか?

ですから、風景写真の撮影や望遠レンズ使用ではX-T1で、
スナップやポートレートの撮影や広角~標準レンズ使用ではX-Pro1やX-E2で、
みたいに撮影目的や使用目的で使い分けることが「大吉」かと思います。


ファインダーの視野ですが、
光学系を工夫すればAPS-Cでも画面が大きく見えるようにするのは可能ですね。
ただ、それをやってしまうとコストが掛るというのもありますが、
フルサイズ・カメラとの差別化ができないから敢えてやらないんだろうなぁ
と私も推測しています。
また、X-Pro1のEVFですが倍率の高さとパララックスの影響を受けないという点では
ライカよりも使いやすいとも言えます。

このような画期的なカメラがシステムとして末長く発展してくれるといいですね。

(長文で失礼しました!)

投稿: hironeko | 2014年2月18日 (火) 18時38分

こんばんは。

毎日のように触るたびに悩み・・・

そして結局X-T1を導入しました。^^;
色々と気になる点はありますが、やはり「良いカメラ」でした。
また、思っていた通りにX-E2とはうまく棲み分けが出来そうな感じです。

私の場合、X-T1はよりタフな風景撮影などに持っていけそうな感じがしています。
雪の中や雨の中での撮影が多いので、これで多少安心して使えます。(ボディ側のみですが・・)
また、ボディの作りが違うせいなのか、カメラを持った時の気持ちの入り方が全然違います。。
大げさかもしれませんが、魂がこもっているようなカメラ。。
撮るぞ!と気合が入ります。(笑)

一方、X-E2はもっと気楽にサクサク撮れるカメラ。
撮り手がそういうノリになるし、カメラの形状もレンジファインダータイプ。
撮られる側にも威圧感を与えません。
ストリートスナップやポートレート撮影。
日常を切り取るには最高なカメラ。(いつも持ち歩いています)

そんな印象を持っています。

両機とも素晴らしいと思います。
次回のファ-アップも期待が持てそうですね。

投稿: カメラくん | 2014年2月18日 (火) 19時49分

こんばんは。XーT1は一眼風とはいえ、日常的なスナップでも十分な程よい大きさと機能であることがわかり、とても満足できるカメラですね。どんなシーンでもX-E2同様、周囲を気にせずに持ち歩けるカメラです。マニュアルでも操作し易い!でも、X-E2が価格の割に現時点でのM型ライカに比肩できる性能を有していて、23mmの名玉と共に導入しようと検討している自分が怖いです。あえて写りの悪い(という赤城さんのユーモアある発表会でのコメントもありましたが)往年の名玉を楽しむにもX−T1、X-E2ともに現時点で最高のカメラと私も思います。。恐るべしXシリーズ!

投稿: もやし | 2014年2月18日 (火) 22時47分

X-T1導入しました。

本当に光学系の工夫というか、取り組みだけでファインダーの見やすさが劇的に変わることを痛感しました。
しかし、こんなところにコストをかけられない、フルサイズを売りたいというメーカーの思惑で、なおざりにされてきたのだと思います。
ユーザーのために、ユーザーの声を聞いて、いろんなメーカーが異口同音に言いますが、ほんとかよ〜って思います。

0.77倍という未知のファインダーを眺めて思うことは、私のように眼鏡野郎は、右端から左端まで鼻が液晶に付くまで接眼しないと見られない。でかすぎるということ。
拡大しなくてもフルサイズなら、MFでジャスピンできるということ。
2分割画面にピーキング表示すると誰でもMFできるということ。
いろいろ画期的でした。

しかし、X-E1からX-T1に至って、若干絵作りが変わっていますね。
これからX-E1での設定をX-T1で出すにはどうするか、試行錯誤ですね。
しばらく使わないと手につかないくらい多機能で、当分遊べそうです。

投稿: じゃいろ | 2014年2月19日 (水) 01時11分

初めまして。

小原様のBlogに影響されXE-1を購入したのですが
発売から1年ほどでXE-2が出てしまいました。

今回もXE-2のEVFをX-T1と同じレベルに改善する新ファームとか・・。

XE-1は何だか見捨てられた気分です。

フジの方はXE-1に対してどう思っておられるのでしょうか。 気になります。

投稿: XE-1購入者です。 | 2014年2月19日 (水) 10時56分

一眼レフカメラメーカーの姿勢としては利益のためという一面もあるかとも思いますが、
EVFとOVFを一緒くたに考えるのは違うように思います。
OVFはあくまでレンズのイメージサークルの大きさに引っ張られる光学的な限界があるように思えます。
EVFは乱暴に言えば液晶画面に表示しているだけなので、例えば超小型センサーであるPENTAX QにX-T1のEVFをくっつけても同じサイズの視野が得られるわけでセンサーサイズに何も影響を受けないのがEVFかと思われます。逆に言えば仕込む液晶を大きくすることでいくらでも大きく出来るかと思います。

投稿: もち | 2014年2月19日 (水) 20時16分

小原さん

先日はどうもありがとうございました。
いろんな話が出来て有意義でした。

センサーはベイヤー方式に限界があるのは分かっていて、
他の方式もやっているようですが、なかなか実用化はされませんね。
富士もシグマも独自の方式で頑張っていますが、
やはり開発途上にあるのかレイアウトなどいろいろ工夫していますね。
ソニーのセンサーもここまで来るのにかなりの歳月と開発費がかかっているので、富士やシグマのセンサーもまだまだ、改善される可能性があります。
富士とパナの共同の有機センサーが性能的にも耐久性についても問題なくなると、楽しそうなカメラが更に出来そうで楽しみはまだまだ続きます。
それまで、豆にファームウェアアップデートをしてもらえるとありがたいですね。

投稿: カメラ小僧 | 2014年2月19日 (水) 21時43分

GOROさん
 今でもプロの方の中には、あえてX-E2をえらばられる方もいます。
 それぐらいX-E2はまじめによく作られたカメラだと思います。私はXシリーズはボディよりもレンズ優先で購入するべきシステムかなと思っています。なのでボディをX-E2にして、単体レンズを加えるというのも、いい考えだと思っています。

投稿: 小原玲 | 2014年2月20日 (木) 10時26分

hironeko さん
 さすがライカをはじめ色々なカメラを実際に使われてきているhironeko さんのご指摘はあたっていると思います。
 光学ファインダーは拡大すると暗くなるという面もありますが、APS-Cになると同じ大きさで、ほぼ1段明るいレンズが使えます。それを含めて考えれば、よりよいシステムを構築できたのにと思います。
 最近X-Pro1を見直している私です。

投稿: 小原玲 | 2014年2月20日 (木) 10時29分

カメラくんさん
 実はX-Pro1のころから雨や吹雪で使っているのですが、ボデイの表面積が小さいので、意外と水にはこまらず隠せました。大きなボディの一眼レフにこそ防塵防滴が必要なのだなと思ったぐらいです。
 でもX-T1になると、その「雨から隠すこと」も大雑把でよくなるので、こういう機能アップはうれしいですね。
 当面はレンズに何かかけておくということだけで、けっこう簡単に水や雪を防げますね。私もそんな感じで吹雪撮影にX-T1使っています。望遠レンズのフードが長いのがすごく助かっています。

投稿: 小原玲 | 2014年2月20日 (木) 10時34分

もやし さん
 そうですね。赤城さんが好きそうなレンズを使うには、X-T1は最高ですね。MFレンズを使うことに関しては、まちがいなく一眼レフよりも撮りやすいと思います。
 私はレンズ性能はライカを超えているのではと思っています。少なくことも価格比では間違いなくですね。

投稿: 小原玲 | 2014年2月20日 (木) 10時36分

じゃいろさん
 絵作りの違いに気づきましたか。
 ほんのわずかですが、たしかに違いがあるようです。私はそれを改善と思って歓迎しています。
 それはおいおいこのブログでも紹介していきますね。

投稿: 小原玲 | 2014年2月20日 (木) 10時39分

XE-1購入者ですさん
 富士フイルムさんはX100でも昨年ファームアップしたぐらいですから、X-E1を見捨てることはないと思いますよ。ただ物理的に可能なことかどうかはあるかと思います。X-E2はX-T1とセンサー自体が同じなので、変更が可能なのかと思います。
 実はX-E1とX-E2の間の進歩は目立たないが、ものすごく大きいものがあったと思っています。X-E2とX-T1の間の進歩は、すごく目立ちますが、意外と小さな進歩だったりするのかも知れません。

投稿: 小原玲 | 2014年2月20日 (木) 10時43分

もちさん
 たしかに一緒に比較するには、条件が色々異なります。
 同様のコメントを「掲載不要」で書かれてこられた方もおります。
 ただ小型で安価で使いやすくて、高性能なカメラを考えたときに、一眼レフだったら、APS-Cにして、レンズは標準から広角系では明るいAPS-C用単玉を作り、ファインダー光学系の拡大率を改めれば、現在のフルサイズ一眼レフよりも、よっぽど使いやすいカメラが作れるということは、私は確信しています。

投稿: 小原玲 | 2014年2月20日 (木) 10時48分

カメラ小僧さん
 こちらこそお会いできてうれしかったです。とても楽しくお話しできました。
 センサーはこれからが面白くなりそうですね。すでに頭打ちになっているベイヤー軍団と、新しい技術が次々でてくるAPS-C軍団の追い上げと、見ている方はとても楽しいですが、作っている方は気が気じゃないでしょうね。
 機能では富士のファームアップはほんとすごいですから、期待できますね。

投稿: 小原玲 | 2014年2月20日 (木) 10時52分

今日の日付のファームウェアがダウンロードできるようです。使えるメモリカードがなくて今すぐは無理で残念。

wiredのインタビュー記事で富士フイルムに惚れて、このブログを読んだり、店で富士の社員さんに話を聞いたりして、X-E2とズームレンズを買いました。三脚やらなにやら初期費用がかかりますね。

今週末、子供のイベントで初めて実践投入です。動画を取る予定ですが、暗所なのでどうなることやら。

投稿: DS4 | 2014年2月20日 (木) 19時44分

ayaGです。いつも楽しく読ませていただいております。

ファームアップでX-T1なみになるというX-E2のEVFですが、具体的にはどういうことなのでしょう。
フォーカスモードを「C」にして、進行してくる電車がファインダーを覗いていてちょうど良い位置に来た時にシャッターを押すと、ほぼその位置で記録される、というものでしょうか。
同じく「C」にして、チョコチョコと動くリスなどにAFを合わせていて、その動きに追従する、というものでしょうか。
いままでは、前者の場合は電車の頭が通り過ぎていて、後者の場合は、シャッターは落ちるのですがボケ写真になる、ということが多かったのですが、これが改善されるとすれば私のような未熟な者にとって大変嬉しいことであります。

投稿: ayaG | 2014年2月21日 (金) 11時50分

X-E2本体とキットレンズ、XF55-200のファームウェアを更新したところ、AFがかなり速くなっている気がします。
EVFは残念ながら違いがよくわかりませんでした。メガネでは見にくいので普段は液晶モニターを見ています。

投稿: DS4 | 2014年2月21日 (金) 23時35分

DS4さん
 実はX-E2の動画の暗所性能はまだあまり良くないのです。静止画の高感度性能は一番なのに、とても残念なんです。
 でも撮れる範囲ではとても綺麗な動画が撮れます。

投稿: 小原玲 | 2014年2月21日 (金) 23時41分

ayaGさん
 実際のものの動きに対して、以前のX-E2の液晶表示は約0.05秒ぐらい遅延があったのが、X-T1ではその遅延が0.005秒になりました。この先のファームアップで同様に0.005秒になるということです。
 AF-Cの場合の遅延の問題は、AF性能の問題もありますので一緒ではありません。私はまだAF-Cはできるだけ使わないようにしています。

投稿: 小原玲 | 2014年2月21日 (金) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: X-E2のEVFの遅延がファームアップでX-T1なみになるようです。:

« 昨日のCP+田中雅美さんのトークショーのパノラマです | トップページ | Xプリントをぜひ試してほしい »