« 電子書籍「好き!」を美しく写したい(玄光社) | トップページ | 「好き!」を美しく写したい 無料配信始まっています »

2014年2月13日 (木)

メルマガ予告:X-T1のファーストインプレッション

Merumaga1

第1回の配信は2月15日です。この回の内容ですが、以下を予定しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■目次
1. プロを目指そうとした頃
2. 報道写真家時代
3. 動物写真家に転身
4.「好き!」が伝わった
5.「好き!」を美しく撮るためのカメラ選び
6. 富士フイルムX-T1のファーストインプレッション
7..作品データプレゼント
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はい。お分かりのように目玉記事は
「6. 富士フイルムX-T1のファーストインプレッション」になるかと思います。私が富士フイルムの新製品X-T1を使用したファーストインプレッションをまとめたものです。

ーーー意外かも知れませんが、私にとって、今まで使って来たXシリーズのカメラの中で一番「ペケ」が多いのがこのカメラです。私が「ペケプロワン」と呼び続けたX-Pro1以上に、このX-T1には「ペケ」があります。しかし、私はこのX-T1を2台発注し、自分のライフワークでもある大事な今年のアザラシ取材のメインにします。それはいくつかの「ペケ」以上に多くの「花丸」があるからです。
 ではどんな「花丸」と「ペケ」があるかについて書いていきましょう。ーーー

 こんな感じの記事です。ぜひ私がX-T1のどんな部分に「花丸」をつけ、どんな部分に「ペケ」をつけたかご覧いただければと思います。
 また作品データは私の代表作の「回転」を予定しています。プリントアウトしてぜひ壁やデスク前にお飾りください。

|

« 電子書籍「好き!」を美しく写したい(玄光社) | トップページ | 「好き!」を美しく写したい 無料配信始まっています »

コメント

はじめまして。

ジャンルは違いますが写真関係の仕事をしてまして
元々フジ好きでしたが業務に使えるカメラがなく
ニコンD4やD800を使ってました。
ここのブログに出会えX-E2を購入して使ってみたところ
目からウロコで^^;
まさに色が抜群、ニコンが悪い訳でなく
用途ではまだまだ使用頻度が高いのですが
個人的には全てフジにしたいみたいな感じです。
そして今日X-T1届きました。
早速テストしてみたいと思います。
久々にワクワクするカメラです。
確かにペケありますが
それ以上に花丸の方がの気持ちわかる気がします。

これからもブログ楽しみしています
ありがとうございました。

投稿: かめ | 2014年2月13日 (木) 14時20分

かめさん
 ありがとうございます。宜しくお願いします。
 はい、プロの方ならX-T1でちょっと実写すれば、ペケの部分には気付くかと思います。でも機能が増えるということはペケの可能性も増えるということで、致し方ない面でもあります。1DxやD4も私からみればペケがいっぱいのカメラです。
 ペケを少なくすることを考えればライカM6みたいなカメラになってしまいますし。
 でも花丸がとっても多いカメラでもあります。なのでペケの機能が撮影に影響しないよう、機能の使う使わないの見極めが大事かなと思っています。

投稿: 小原玲/Rei Ohara | 2014年2月13日 (木) 14時50分

先生、冷静に考えたんですが、月2回で1000円は高いと思います。
私自身、ちょっと厳しいです。
月4回で500円とかは難しいのですか?

投稿: fivemini | 2014年2月13日 (木) 20時07分

こんばんは。メルマガ楽しみです。X−T1を受け取る日でもありますので更に楽しみにしております。六本木で触った限りでは、大きさは私の理想(フィルム時代の一眼で一番使い易かった大きさ)でした。長年愛用のライカM型だけは手放せませんが、それを初めて銀座で手にした時のようにワクワクしています。レンジファインダーでも一眼レフでもないけれど、両方の良さを兼ね備えたカメラかなとの第一印象。プロである小原さんのペケの部分を理解して、素人なりに使いこなせればと思っていますし、それも楽しみですね。X-E1がなぜか良い一瞬を思った以上に撮影してくれるので、広角での相性が良いと思いますので、まずは望遠用にもX−T1ですね。

投稿: もやし | 2014年2月13日 (木) 20時16分

fiveminさん
 はい、たしかに1,000円は安くないかと思います。他の写真家さんのメルマガとの兼ね合いもあるのと、プリントができるオリジナル写真データーにその価値があると思っていただければと思います。
 このブログも今まで通り続けます。

投稿: 小原玲/Rei Ohara | 2014年2月14日 (金) 01時22分

もやしさん
 すでに15日配信のメルマガの原稿は書き上がっているのですが、ここのブログでは書かないような、思い切ったペケを書いています。
 ただし、それでもX-T1は素晴らしいカメラであることは変わりません。ペケの部分をどう使いこなすかというのがコツかなと。
 それもおいおい書いていきます。
 宜しくお願いします。

投稿: 小原玲/Rei Ohara | 2014年2月14日 (金) 01時25分

X-T1私も予約購入しました。

まだ受け取っておりませんが、末永く付き合いたい!と思ってます。
今まで愛用のX-E1は、X-E2を知らない身にはストレスを感じることもないので、大好きな18mm付けっぱなし機へと変貌させます。

メルマガの原稿を書くのは大変だと思いますが、期待してますので頑張って下さい。ろくなことを書いていないカメラ雑誌は購入はおろか、もう立ち読みすらしませんので、メルマガを知識の源泉として写真ライフを満喫したいと思います。

投稿: じゃいろ | 2014年2月14日 (金) 11時02分

小原さん

先ほど申し込みました。
X-T1のインプレにも興味深々ではありますが、
一番のお楽しみは毎月一回の作品データです♡
中身より“おまけ”の方が目的で買ったスナック菓子みたいな(笑)
いやいや、もちろん本文も楽しみにしてます。

投稿: hironeko | 2014年2月14日 (金) 14時05分

じゃいろ さん
 メルマガでは私も色々新しいことを試してみたいと思っています。月1,000円という額はけっして安くはないので、2回で薄い本1冊に匹敵するぐらいの内容にしたいと思っています。
 妻との合作なども発表していきたいです。

投稿: 小原玲/Rei Ohara | 2014年2月15日 (土) 00時16分

hironeko さん
 そう思っていただけると光栄です。
 はい、写真データーというのはポジに相当するものですので、とても貴重なのですが、このメルマガ読者限定で配布しようと思います。
 インクジェットプリンターやカメラ店でプリントしていただければ、オリジナルプリントに匹敵するようなものが作れるはずです。
 宜しくお願いします。

投稿: 小原玲/Rei Ohara | 2014年2月15日 (土) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メルマガ予告:X-T1のファーストインプレッション:

« 電子書籍「好き!」を美しく写したい(玄光社) | トップページ | 「好き!」を美しく写したい 無料配信始まっています »