« 砂細工のチェス | トップページ | X-A1ホワイトはアザラシの赤ちゃんによく似合うのです »

2014年3月 3日 (月)

オーロラが見れました

Dscf1100

  マドレーヌ島の海岸で低緯度オーロラを見ることができました。
 オーロラ写真家の田中雅美さんと海岸に行き、星の写真を撮りだしたのですが、なぜか下の方が赤い。「あっちの方向には何もないから光害などないのになあ?」と語っていたのですが、田中さんが「もしからしたら低緯度オーロラかも」と言い出します。
 この緯度なら見えて不思議ではなく、またオーロラの活動も活発な日です。
 写真にしてみたら、しっかり写っていました。残念ながら肉眼ではここまで見えません。うっすら色づいて見えるだけです。でもオーロラの光をよく拾うXシリーズで撮るとこれが、このように写ります。
 X-T1 XF14mmF2.8R F2.8 15sec ISO6400
 

|

« 砂細工のチェス | トップページ | X-A1ホワイトはアザラシの赤ちゃんによく似合うのです »

コメント

こんばわ。オーロラ綺麗ですね。流氷と星とオーロラなんかとても静寂とした極寒の凛とした空気感が伝わってきます。
マドレーヌ島良い所ですね。

投稿: すが | 2014年3月 3日 (月) 21時34分

小原さん

おお~っ!
オーロラ、見たいです。
死ぬまでに一度でいいから見たいです。

投稿: hironeko | 2014年3月 3日 (月) 21時46分

こんばんは!楽しいお便りをいつも楽しく拝見させて頂いております。ありがとうございます!流氷上に輝く星と低緯度オーロラがとても美しく、すっかり魅了されてしまいました。高い高度の赤色以外に低い緑色の発色への微妙な階調や天の川まで写っていますね。地平線が白く輝いて見えるのがとても神秘的ですね。なぜ輝いて見えるのでしょう?わずかな光の反射を捉えているのでしょうか?2月の記事のフィルム時代の長時間露光の低緯度オーロラもすごかったですが、こちらはXならではの高感度での美しさですね!

投稿: もやし | 2014年3月 3日 (月) 23時26分

すがさん、hironekoさん、もやしさん
 コメント返信遅れてすみません。
 25年間でこの島でオーロラを見たのは2回目です。地元の人もほとんど知りません。でもオーロラ写真家の田中さんがいたので見つけることができました。
 Xはオーロラの赤い色がとても良く出てくれます。

投稿: 小原玲 | 2014年3月10日 (月) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーロラが見れました:

« 砂細工のチェス | トップページ | X-A1ホワイトはアザラシの赤ちゃんによく似合うのです »