« マナティがいない | トップページ | スイマーズイッチ »

2014年3月21日 (金)

ミラーレスと超望遠レンズ

Dscf2548_2
 マナティの撮影に来ると寄るのが近くにあるホモサッサ州立自然公園です。この時期にいくとたいていペリカンの赤ちゃんがいます。生後6週間の子だそうです。X-T1 BORG89ED+BU-1(600mmF6.7)

Dscf2481

 怪我して飛べなくなったハクトウワシです。だから近くに寄って撮れたりします。X-T1 BORG89ED+BU-1(600mmF6.7)
 未だ超望遠レンズがない富士フイルムの Xシリーズでは、私はBORGのレンズのお世話になることが多いです。これらの2点はBORG89ED+BU-1のセットで撮影しています。600mmF6.7のレンズなので、35mm換算で900mmF6.7のレンズですが、分割することでデイパックに入ってしまいます。
Dscf0060  
 この日に私が持って行った機材ですが、X-T1+バッテリーグリップに、サムヤン7.5mmF3.5Fisheye, XF18-55, XF55-200, そしてBORG89ED+U-1と一脚です。つまり、魚眼から、360°パノラマから超望遠までが撮れるセットが、こんなデイパックに入ってしまうということです。
 こんな芸当は一眼レフ時代には絶対できませんでした。その理由は。
1)ミラーレスではファインダーを明るくするために大口径超望遠レンズを使う必要がないので、暗いが軽くて高性能な超望遠レンズが使いものになる。分割できるレンズが使用できる。
2)ミラーレスではシャッターショックがないので、超望遠撮影が有利。
3)超望遠撮影のピントを画面拡大しながら、ピントを合わせることができる。
などがあるからです。
 なので私はミラーレスの一眼レフに対する最大のメリットは超望遠撮影にあると思っています。
 考えてもみてください。このセットにX0.85レデューサーとX1.4のテレコンでも加えたら、北海道の丹頂鶴の撮影なんてばっちりのセットです。陸からのアザラシの撮影でもそうです。それが、こんなデイパック一つで行って来られるわけです。一眼レフでの超望遠撮影を考えたら、とんでもなく身軽です。
 案外ミラーレスを作っている各社はこの最大のメリットに気づいていないような気がします。超望遠撮影が身軽になれば、一番お金持ちの層がいっぱい買ってくれるのですが。
 あとはこれがAF撮影できたら文句ないですねえ。
 世の中にはBORGを自前でAF化している人たちが結構いて、「アクロマートAF」とか「AFボーグ」で検索すると出て来ます。それらの方法でAF化してみようかなあ。XC16-50mmあたりをレンズ抜いて、AF用に使えるかもしれないですね。誰か作ってくれないかなあ。
 

|

« マナティがいない | トップページ | スイマーズイッチ »

コメント

小原さんこんにちは(こんばんは)!私もX−T1とBORG71FLでのMF撮影で鳥の飛翔等でも満足いく写真を目指しているところです。BORG沼の方々のブログを拝見しますと、その素晴らしさがわかりますよね。AFもNikonV2等で試しましたが、写りはMFの方が満足な写真が得られる感じです。歩留まり悪いですが、あまり気にしなくて良いのがデジタルの良い所ですね。XF23mmの購入を考えていましたが、先にBORGの絞りを導入する(ちと高いかなと思って、手作りの絞りを試したりして躊躇していました)ことにしました。(まだ手元に届いていませんが)私にはもうちょっと探求が必要な様です。「マナティがいない」の記事名と寂しそうな小原さんの写真、最高でした!!大変なのですね。。一人水中で泳いでいる小原さんのお写真も見たかったです。(すみません)

投稿: もやし | 2014年3月21日 (金) 12時25分

フジが超望遠作ったらどうなるのでしょうね。

X-T1を手に入れた今、やっぱり欲しくなります。超望遠の単焦点。ゴーヨン位の。

XFレンズにハズレ無し。

投稿: kou | 2014年3月21日 (金) 18時21分

こんばんは、小原様
いつも楽しみにブログを拝見しています。
私もBORG製品を愛用して、超望遠撮影を楽しんでおります。
ひとつ質問したいのですが、BORG BU-1の左側接眼部に接続しているアダプターは何でしょうか?教えて下さい。
BORGフジX-PRO用カメラアダプターは、判るのですが黒色とシルバー色のアダプタが初めて見るものですから教えて下さい。
宜しくお願い致します。
印牧

投稿: 印牧 | 2014年3月21日 (金) 18時45分

もやしさん、 kouさん、  印牧さん
 レスが遅れてすみません。
 BORGも富士のXに通じる写真会の良心のような製品だと思っています。
 
印牧さん 左のアダプターは「αレンズーXFのkipon製マウントアダプター」です。Xマウントにするのに一度一眼レフのαのマウントアダプターを経由して使っていました。特に意味はありません。たまたまそれがあっただけです。

投稿: 小原玲 | 2014年3月23日 (日) 06時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミラーレスと超望遠レンズ:

« マナティがいない | トップページ | スイマーズイッチ »