« XFレンズの組み合わせ | トップページ | 雑誌カメラマン時代の写真です »

2014年5月 8日 (木)

写真セレクトにはPhoto Mechanic5を使っています

Mechanic

 カメラはご存知のように、富士フイルムのXシリーズを使っていますが、写真のセレクトにはPnoto Mechanic5を使っています。
 Xシリーズを使う前はAdobeのLightroomをセレクトにも用いていたのですが、画像んのピントチェックだけでも、表示に時間がかかるので、大量処理にはむかず困っていました。
 特にXシリーズになってからは、Jpeg撮ってだしでいい場合も多いので、RAW現像を前提としたソフトである必要がないわけです。Jpegをさくさくチェックできる閲覧ソフトが便利なのです。
 Windowsには色々ありそうですが、Macだとこれが非常に少なく困っていたのですが、欧米のジャーナリストの定番が、このPhoto Mechanicということで試してみたら、とても良かったわけです。
 英語表示なので不便な点もありますが、まあ多機能なソフトではないので、使えています。Windows版もあるようです。 

|

« XFレンズの組み合わせ | トップページ | 雑誌カメラマン時代の写真です »

コメント

Macといえば、純正のApertureやiPhotoがありますが、
プロカメラマンさんにとって使えるソフトなんでしょうか。

投稿: You | 2014年5月 8日 (木) 23時46分

Youさん
 Apertureはまだ富士フイルムのXシリーズのフィルムシミュレーションに対応していないです。
 それ以外にもApartureやiPhotoは独自のフォルダ階層に画像をコピーしてしまうため、他のソフトでファイルを探すのが困難になります。これで一番困るのがHDが壊れる時で、画像の抽出などが非常に大変です。
 私は当初Apertureを使っていたのですが、この理由で止めました。

投稿: 小原玲 | 2014年5月 8日 (木) 23時52分

なるほど。参考になります。
ぶしつけな質問に丁寧に答えていただいてありがとうございます。

先日、テレビを見ていたら、小学生の女の子が
「アザラシの子どもを温暖化から守りたい」
と言っている場面を見ました。
もしかして、小原さんの活動をテレビ等で知って、
影響を受けたのかもしれないな、と思いながら聞いていました。

地道な活動が確実に人々に届いていると思います。
写真の力で自然を守れるなんて素晴らしいと思います。
応援しています。

投稿: You | 2014年5月 9日 (金) 00時31分

Youさん
 どうもありがとうございます。
 子ども達に流氷の変化を伝えるのが自分の役目だと思っています。

投稿: 小原玲 | 2014年5月 9日 (金) 00時35分

私も同じ理由でiPhotoやApartureは使っていません。
JpgオンリーでもLightroomを使ってきましたが、最近Lightroomがフィルムシミュレーションに対応したので、RAWで撮影することも増え、重宝しています。(同じ色は出ませんがまあ納得出来るかな)

今のMacならさほどスピードも遅くないのではと思いますが、
ご紹介のソフトはさらに快適なのでしょうね。
でもビューワーとして150ドルは高いですねえ・・

投稿: まる | 2014年5月 9日 (金) 06時52分

まるさん
 ピント確認のための拡大が早いのがいいです。ほとんどこの確認を手早くしたいのが一番の用途でしょうから。

投稿: 小原玲 | 2014年5月 9日 (金) 16時27分

はじめまして。ベトナムでカメラマンをしています。Xシリーズとニコンを使っているのですが、大量に撮影したときのピントチェック、Lightroomだと遅くて困っていましたが、このソフト速いですね。
試しに使ってみたのですが、レーティングやカラーラベルをLightroomに反映させることが出来るんですね。とても便利です。
ありがとうございました。

投稿: Ohike | 2014年5月10日 (土) 20時24分

Ohikeさん
 はい、ピントチェックとレーティングだけをこなすソフトとして使っています。それだけに150ドルは高いと感じるかも知れませんが、とにかく仕事の効率が良くなるので、私は愛用しています。

投稿: 小原玲 | 2014年5月11日 (日) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写真セレクトにはPhoto Mechanic5を使っています:

« XFレンズの組み合わせ | トップページ | 雑誌カメラマン時代の写真です »