« 大草原(プレーリー)です | トップページ | ビクセンの星空雲台ポラリエを試してみました »

2014年6月21日 (土)

BORG89ED最短での撮影です

_dsf4730_2

 BORG89ED+BU-1 X1.4テレコンのセットのほぼ最短での撮影です。
 毛並みがとても細く繊細に写っています。1,200mm相当の撮影でこんな描写が味わえるのって、インナーフォーカスでAF化された一眼レフのレンズでは無理ではないでしょうか。
 超望遠レンズはたしかにインナーフォーカスとAFでとても便利になりました。でも代わりに失ったものが、この繊細な描写なのかなと。とてもシンプルなレンズ構成のBORGの描写を見ながら思っていたりします。
 このプレちゃん、巣穴のすぐ近くに私の車があって、覗いたら人間がいたものだから、警戒でキャンキャン鳴いているところです。見つかってしまったので、仕方なくこの場を離れました。
 可愛いプレちゃんの写真も色々あるのですが、ちょっとメルマガ用に取っておきますね。
(X-T1 BORG89ED X1.4)

足しG

|

« 大草原(プレーリー)です | トップページ | ビクセンの星空雲台ポラリエを試してみました »

コメント

小原様

以前テリート400mmでご縁のあったタケダです。お久しぶりです。
はじめてコメントしますが、ブログとメルマガはいつも楽しみに読ませていただいています。
レンズの線の細やかさのお話し、私も思い当たる節があります。テリート400mm&560mmですが、シャープさではボーグや最新の大砲レンズに劣るものの、これが細やかな描写をするんですよね。この古いレンズが高画素化にどれだけ耐えられるか以前は心配し、保険に定評ある某500mmも入手したのですが、カメラが高画素になるほど、細やかさに磨きがかかります。結局某500mmは売却しました。

話は変わりますが、私も良く車をブラインド代わりにするのですが、長玉の安定化にいつも悩んでいました。最近手に入れたのが Eckla Eagle Car Door Camera Lens Support というもの。日本には入っていないようで、米amazonから取り寄せました。
こんな単純な構造のくせに結構高いのですが、これで悩みは一気に解消しました。参考までにご紹介します。

投稿: タケダ | 2014年6月21日 (土) 22時58分

タケダさん
 ご無沙汰しております。その節はありがとうございました。
 テリートは少し残った色収差が見た目の被写界深度を増やしてくれて、いい感じの写真にしあがりますね。ただテリートの560mmをさらにテレコンを使うとなると、さすがにキツくなります。
 その点専用テレコンのBORGはX1.4での劣化が少ないのでいいかなと思っています。
 車内のカメラ保持はほんと悩みどころですが、BORGのように長いレンズだと、案外この三脚を置く方法がレンズの位置が車内に収まって一番いいかなと思っています。
 もうちょっと短いレンズだとご指摘のようなタイプがいいかなと。以前はKIRKが同じような物を作っていましたが、こちらの方がより進化していますね。ひとつあってもいいかなと思います。

投稿: 小原玲 | 2014年6月23日 (月) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BORG89ED最短での撮影です:

« 大草原(プレーリー)です | トップページ | ビクセンの星空雲台ポラリエを試してみました »