« 今回の取材で役立った小物です | トップページ | 新しいカメラが届いていました »

2014年6月24日 (火)

星空撮影にはこれらが欠かせません

_dsf6157a

 今回のような大自然の中の撮影では星空撮影が楽しいのですが、そんな撮影に欠かせないと思ったのが、星空雲台「ポラリエ」とポーラメーターです。これらはほんと気に入りました。
 とにかく出来上がった写真の星の綺麗さが全然違いますし、現場での設定がとても簡単です。初めて使う私でも3分もあれば設定できてしまいました。
(X-T1 XF10-24mmF4R F4 30秒 ISO6400)
_dsf8431a
 また星空やホタルの撮影では、やはりルミノックスが便利ですね。夜光や蓄光と違って、自ら発光していますので、いつまでも光ってくれます。放射性物質といいますが、ガイガーカウンターを付けても反応はしません。
(X-T1 XF18mmF2R)

|

« 今回の取材で役立った小物です | トップページ | 新しいカメラが届いていました »

コメント

大気光ってのもオーロラみたいで綺麗です。この天の川の作品も最高です!それにしても凄い星空ですね。大気光がしっかり写るくらいですから、光害まみれの日本では考えられません。
これは10mmf4での撮影でしょうか。周辺まで綺麗な星像です。XF10-24f4rはとても良いレンズのようですね。
また、何度もお聞きしてすみませんですが、もう一点だけお聞かせください。10mmのズーム位置において背面液晶で明るい星が確認できるのかどうか教えてください。まだ、XF14mmf2.8rと迷っているもので、どうかよろしくお願いいたします。
両方ほしくなっちゃってますが・・・。

投稿: alpscob | 2014年6月25日 (水) 10時40分

alpscob さん
 はい10mmで明るい星は視認できます。AFでピントがあったりします。ただいかんせん、電源のオンオフとか画像確認の度に、ピント合わせをし直さないといけなかったりします。これは他社のAFレンズも同じようなものですが、それが難点です。でもそれでも使いたい写りの良さがあります。
 その点14mmはMFレンズと同等になりますので、こういう撮影には使い易かったりします。
 

投稿: 小原玲 | 2014年6月25日 (水) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星空撮影にはこれらが欠かせません:

« 今回の取材で役立った小物です | トップページ | 新しいカメラが届いていました »