« X-T1の一番の弱点 | トップページ | 大分県豊後大野市のパノラマホタルです »

2014年6月10日 (火)

ゲンジボタルのメスのアップと近寄って来たオス

Bunngoono_upjpg

 なかなか撮れないホタルのアップです。
 自然光でギリギリ撮れる時間に光りだしたメスのゲンジボタルと、それを狙って近寄ってくるオスの光の軌跡。このあと交尾が始まりました。
X-T1 EF100mmF2.8Macro

|

« X-T1の一番の弱点 | トップページ | 大分県豊後大野市のパノラマホタルです »

コメント

小原様
こんばんは!とても神秘的で美しい一瞬ですね!これは長時間露出での写真なのでしょうか。夜露の葉もゲンジボタルの色彩も美しい光の軌跡も、ずっと眺めていたいです。

投稿: もやし | 2014年6月11日 (水) 23時37分

もやしさん
 これはISO1600 F2.8開放2秒露出を2カット連続して撮ったものを、レイヤー比較(明)です。2つの軌跡が2カットに分かれてしまったので、レイヤーを使いました。
 4秒露光だとホタルが明るくなりすぎてしまいますし、難しい撮影です。

投稿: 小原玲 | 2014年6月12日 (木) 10時59分

小原さん
幻想的ですね。
フジの発色ですが、日没後の空や夜景でブルーの色が深くてクリアなところが良いです。

投稿: Hironeko | 2014年6月12日 (木) 21時24分

HIronekoさん
 はい。この写真の場合は色温度をタングステンにして、ブルーを強調していますが、そうした場合も他社のカメラに比べて綺麗なブルーになります。

投稿: 小原玲 | 2014年6月14日 (土) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲンジボタルのメスのアップと近寄って来たオス:

« X-T1の一番の弱点 | トップページ | 大分県豊後大野市のパノラマホタルです »