« 星空撮影にはこれらが欠かせません | トップページ | 速報:X-T1 vs α7s 高感度対決 »

2014年6月25日 (水)

新しいカメラが届いていました

_dsf8441

 名古屋に戻ってきました。
 新しいカメラが届いていました。別に他意はないのですが、ブラックボディが好きなので白や銀が目立つところには黒テープを貼りました。
 レンズはカールツアィスプラナー50mmF1.4をメタボーンズのSpeed Boosterを使ってAPS-Cのレンズとして用います。F1.0相当になるからです。
 フルサイズセンサーのカメラなのですが、APS-Cの動画カメラとして使うつもりなのです。HDで撮る分には別に画素を損している訳ではないですよね?
 名古屋に戻ってきたばっかりなのに、明日の朝は市役所に行って河村たかし市長にホタル関連の要望書を提出。建設中の道路をNYのハイラインのような都市公園に変える提案です。
 その後はそのまま機材もって、石川県にホタルの撮影。急遽依頼が入った撮影です。ヘイケボタルとゲンジボタルがいるその現場がこの黒カメラの初テストになりそうです。
 それにしてもこのカメラのインターフェィスは最悪です。どこを動かしたらISOが変えられるのか、動画のシャッター速度が変えられるのか、さらには動画録画ができるのか、説明書を見て悪戦苦闘しました。これだけダイヤルやボタンがいっぱい付いていて、このインタフェースの使い勝手の悪さは、逆にどうしたらここまで使いにくくできるの?というレベルです。
 しかも私はこの会社の前のカメラを使ったことがあるのに、これだけ悩むのですから。1時間以上かかって、ようやく撮る方法が判りました。
 それでも他社のカメラで写らないものが写るというのであれば、それはそれできちんと評価したいと思います。
 それには小さくて暗い、ヘイケボタルは格好のテスト素材です。今までの動画カメラで唯一撮影が無理だったのが、飛んでいるヘイケボタルだったのです。NHKの超高感度カメラのアイアイカメラでも飛んでいるヘイケは困難でした。
 さてこのカメラで写るかなあ?
追記:室内で今まで使っていた高感度カメラと比較しましたが、「実行感度に偽りなし」といった感じです。ただし、動画できれいなのはISO10万ぐらいまで、20万、40万は非常用といった感じです。それでも今までのレベルはISO2万〜2.5万ぐらいだったので、すごい高感度性能の予感はします。アイアイカメラと同程度かなと思われますが、いかんせん値段が大違い。

|

« 星空撮影にはこれらが欠かせません | トップページ | 速報:X-T1 vs α7s 高感度対決 »

コメント

マウント部分の色でバレバレですねw
動画屋としてはこのカメラに色々期待はしています

投稿: | 2014年6月26日 (木) 10時46分

小原先生、お疲れ様です。

 待ってました。

 7sの高感度性能以外にも、暗闇での、EVFのEV調整、見え方、AF性能などもレポートして頂けたら嬉しいです。

ドンドン、プロの方に実証比較して頂いて、日本のメーカー同志、切磋琢磨して欲しいですね。

投稿: 湖のそばで」 | 2014年6月26日 (木) 15時59分

湖のそばでさん
 はい、おいおいそういうところも見て行きますが、いかんせん純正レンズが古いものしかありません。
 印象では動画での使用感は水準器が出ていないこと以外はかなり良し。静止画での使用感はとてもよくない、といった感じです。

投稿: 小原玲 | 2014年6月29日 (日) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しいカメラが届いていました:

« 星空撮影にはこれらが欠かせません | トップページ | 速報:X-T1 vs α7s 高感度対決 »