« XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの逆光耐性 | トップページ | XFf50-140mmF2.8 R LM OIS WRでリスを撮る »

2014年11月21日 (金)

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの三脚座

_dsf6513

 今朝の日の出撮影中のカメラとレンズです。
 XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRには大きめの三脚座が付いています。最初はレンズがコンパクトなのになぜこの大きさ(高さ)の三脚座なのかなと思っていたのですが、使ってみるととても操作性がいいです。
 低い三脚座だと指をレンズと雲台の間に滑り込ませてネジを回すような操作感のものもありますが、手袋を使っていたりするとうまく回せなかったりします。しかし、この高さがあることで操作性はとても向上し、とても快適でした。むしろ、今まで使ったことのある望遠レンズの三脚座で一番操作感はいいです。
 三脚の上での安定性もとても良い感じです。振動にも強い形状と思われます。安心して長秒露光が行えます。
 この操作性と安定性のためにこの形状にしたのでしょうね。
 三脚座は2本のネジで簡単に外すこともできますので、収納時にはコンパクトにできます。

|

« XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの逆光耐性 | トップページ | XFf50-140mmF2.8 R LM OIS WRでリスを撮る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの三脚座:

« XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの逆光耐性 | トップページ | XFf50-140mmF2.8 R LM OIS WRでリスを撮る »