« アザラシ・ウォッチング2015 | トップページ | 相生山の道路建設廃止についての中日新聞の記事がおかしい »

2015年1月 9日 (金)

XF56mmF1.2R APDで撮るスイーツ

Img_0390

 XF56mmF1.2R APDですが、クローズアップレンズNo.1ぐらいを持っておくと、撮影できるものがぐっと増えます。ちょうどスイーツや料理の写真に使い易い画角、ボケ味になります。
 APDでないF1.2で撮った方がもっとボケ量は大きくなるのですが、ピントのあった範囲も狭くなり、何を撮ったのか判りにくくなりますので、ちょうどAPDのF1.2(T1.7)ぐらいが、このような写真で使い易いところだと思います。
 同じような写真をXF35mmF1.4Rで撮る時にくらべて、背景が入る範囲が狭くなるので絵作りしやすくもあります。
 ダイエット中なので海斗を連れて行って代わりに食べてもらっています。
X-T1 XF56mmF1.2R APD 絞りF1.2(T1.7)開放 クローズアップレンズNo.1

|

« アザラシ・ウォッチング2015 | トップページ | 相生山の道路建設廃止についての中日新聞の記事がおかしい »

コメント

APDの作例にイチゴショートケーキですか! てっきりマンゴープリンかと思いました。

56mm f/1.7だと背景ボケが作りにくいですよね。新緑の季節なら公園でバストアップのポートレートで良いと思うんですが、冬なのでイルミネーションをバックに名駅通で夜景ポートレートなんてどうでしょうか。

投稿: 花火1番 | 2015年1月 9日 (金) 23時41分

花火一番さん
 マンゴープリンはそれだけ食べにいけず、広東料理も一緒に食べないといけない店が多く、手軽じゃないんです。
 F1.7相当のボケは実は一番美味しいところで、それよりもボケが多いのが好みならF1.2のAPDなしがいいと思います。
 私たちプロはちょっと絞って、なだらかなボケを求めるところがありますので、それには一番向いているレンズです。

投稿: 小原玲 | 2015年1月 9日 (金) 23時50分

小原先生に質問です。
APDレンズの絞り値について教えて下さい。
絞り F1.2のときにF1.7というのは、被写界深度(ボケ)はF1.2と同じだけれども、APDフィルターが入って入る分減光してF1.7の明るさになるという意味でしょうか。
それとも、明るさも被写界深度(ボケ)もF1.7相当になるという意味でしょうか。
素人なのでよろしくお願い致します。

投稿: TAKAcan | 2015年1月30日 (金) 18時20分

TAKAcanさん
 「明るさも被写界深度(ボケ)もF1.7相当になるという意味」です。ただしボケの境界が美しいというレンズです。

投稿: 小原玲 | 2015年1月31日 (土) 12時52分

ありがとうございました。

投稿: TAKAcan | 2015年1月31日 (土) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: XF56mmF1.2R APDで撮るスイーツ:

« アザラシ・ウォッチング2015 | トップページ | 相生山の道路建設廃止についての中日新聞の記事がおかしい »