« TBSテレビ「テレビ未来遺産」で紹介されました | トップページ | XF35mmF2R WRで柔らかく撮る »

2015年11月24日 (火)

XF35mmF2R WRとXF35mmF1.4Rの使い分け

XF35mmF2R WRを開放F2で使うのと、XF35mmF1.4Rを一段絞ってF2で使うのとどちらがいいのか?という質問を良く受けます。

結論からいいますと、個性がまったく違う描写になり、「好み」の問題かなと思います。参考になりそうなカットを二つ並べます。
Adscf4303
(X-T10 XF35mmF2R WR F2 1/550 ISO2500)
 XF35mmF2R WRの方ですが、開放からとてもシャープで解像力は多分こちらの方があるかと思います。またコントラストが強めの描写になり、背景のボケの中の色とかをしっかり出してくれます。
 レンズのデザインもそうなのですが、絞るとライカのズミクロン50mmF2に似た描写です。絞った時の先鋭度はまた凄いものがあります。
 新しいレンズだけあって、操作性は格段の良くなっていて、AFは静かで早く、絞りバネの動きも気になったりしません。
Dscf5947
 こちらはXF35mmF1.4RをF2に絞って撮ったものです。こちらはシャープですが硬くならない柔らかさを残した描写です。「優しさ」とか「柔らかさ」を表現するにはこちらもいいかと思います。ゆるふわ系の描写にはこちらが向いているかも知れません。
 ただしAFや絞りリングの操作性は新しいXF35mmF2R WRの方が使い易いです。
 私は両者を使いわけようと思っています。
 描写自体はXF35mmF1.4Rの柔らかさの方が好きなのですが、なんといってもXF35mmF2R WRのコンパクトさと操作性はとても魅力で、常用レンズとしての使い勝手は上だと思います。動物写真家はこういう小さくて高性能な標準レンズと、もう一つ小さめのXF18mmF2Rのような広角レンズをポケットに入れておくと、手に持った望遠レンズ付きのカメラと、それらだけで仕事が出来てしまいます。
 なので普段使いとしてはXF35mmF2R WRで、狙いによってXF35mmF1.4Rに使い分けるという感じかと。ホタルシーズンはF1.4Rの方ですね。

|

« TBSテレビ「テレビ未来遺産」で紹介されました | トップページ | XF35mmF2R WRで柔らかく撮る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: XF35mmF2R WRとXF35mmF1.4Rの使い分け:

« TBSテレビ「テレビ未来遺産」で紹介されました | トップページ | XF35mmF2R WRで柔らかく撮る »