« アザラシの赤ちゃんのテレビ | トップページ | シマエナガ団子撮影できました »

2016年5月24日 (火)

シマエナガの子育て、CASE RELAYの電源が大活躍

Adscf7848_5 ブラインドに入っての撮影が続いています。狙っているのはもちろん、この数ヶ月の小原の取材内容を見ればお判りだと思います。はい、シマエナガです。

 この時期シマエナガは子育ての時期です。小原は取材協力者の助けもあって、5カ所の巣を確認しています。しかし、すでにそのうちの2カ所がカラスに襲われたりして育雛が失敗しています。あと残りは3つ。なんとか雛が巣立つところを見届けたいものです。
 この撮影で大活躍してくれているのが、CASE RELAYの外部電源です。USB電源からデジタルカメラに電源を供給するためのアダプラーで、富士フイルムXシリーズ用もあります(近日発売開始のものを特別に使わせていただきました)。
 長時間の張り込み撮影になるのと、時にはブラインドから離れ、少し離れた車から双眼鏡で除きながらリモートシャッターを押したるするのに、外部電源は必須になります。カメラから離れるため。バッテリー交換やカメラのオンオフができないからです。
Adscf7857_2
 こんな風にGOAL ZEROの電源から繋いで使っています。GOAL ZEROはソーラーパネルからも充電できるので、この組み合わせでアウトドアで延々と撮影が可能になります。
 さて、肝心のシマエナガの子育てです。Adscf0521
 親たちはこんな風に虫を捕まえては巣に運んでいます。つがいの雌雄以外にももう一匹ヘルパーが加わって3匹が巣に運んでいます。エナガの子育てではこのヘルパーの存在が良く知られていますが、私の見ている巣でもその通りでした。
Adscf0551
 シマエナガの巣と顔をだしている雛たちです。まさに本日撮影したばかりのカットです。
(X-Pro2 XF100-400mm X1.4)
 申し訳ありませんが現段階ではまだ、小さいサイズの画像だけの公開にさせていただきます。よりはっきりするカットなどは、今後メルマガや印刷物などで発表したいと思っています。
 この雛たちが何時巣立つのか。ご期待ください。連日早朝から日没までの取材で日の長い時期なのでほとんど休む間もないぐらいですが、頑張って取材続けます。
*なお私と同様にシマエナガの巣を見つけている方で、カラスや蛇の攻撃があった時のために、他の巣も知っておきたい方は、情報をバーターすることには応じています。ご連絡ください。ただしバーターできる巣はこの巣ではなく、他の二つで所在は道東地域になります。そちらはまだ雛の姿は見えていません。

|

« アザラシの赤ちゃんのテレビ | トップページ | シマエナガ団子撮影できました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シマエナガの子育て、CASE RELAYの電源が大活躍:

« アザラシの赤ちゃんのテレビ | トップページ | シマエナガ団子撮影できました »