« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月27日 (火)

雪の中のシマエナガ

15697302_1280727251963226_738995171

雪の中のシマエナガのいいのが撮れました。
なかなか雪って写真には写らないのですが、この時はものすごく降っていたので、こんな風に写りました。
たまたま広めの構図にしていた時に、枝に止まってすぐに飛んでいってしまったのですが、運良く撮れました。元絵は横位置カットですが縦にトリミングしたら、とてもいい感じに。2400万画素あると、こういうトリミングもできますね。
動画撮影用にX2のテレコンを使用していますが、テレコンがなくても撮れるワイド側です。
(X-T2 XF100-400 X2)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

霧氷とシマエナガ2

Adscf3400

鳥の写真というとやたら大砲レンズで「狙いました」という写真が多いのですが、私はむしろこういう広い絵が好きです。そのために高性能ズームレンズを使います。
(X-T2 XF100-400mm)
15697761_1279857885383496_564298324
もちろん引いた写真だけではなく、テレコン付けてこういう寄った絵も狙います。フジフイルムのXF100-400mmはテレコンを付けても高性能で作品が撮れます。
一眼レフの100−400mmがテレコンをつけると画質の劣化がやや大きいく、ファインダーも暗くて操作性が悪く、作品撮りに向かないのに比べて、ここが大きな利点です。
むしろ私の方が一眼レフの人より、長いレンズをつけていることが多いです。一眼レフの人が鳥を撮るときのデフォルトが500mmX1.4でフルサイズで700mmなのに対して、私は100−400X1.4でAPS-CなのでX1.5で840mm相当なのです。さらにX2で1,200mm相当でも手持ちで使えます。このあたりの焦点距離が手持ちで身軽に使える高性能な組み合わせって、意外と一眼レフにはないんですよね。
(X-T2 XF100-400mm X1.4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

霧氷とシマエナガ

Adscf3162

今朝はとても寒かったです。−20度を下回っていました。
そんな中じっとしているので、シマエナガの早朝撮影はとっても寒いので大変です。
でもそんな寒さに耐えて頑張ったご褒美なのか、シマエナガ・サンタからとても素晴らしいプレゼントをいただきました。
「霧氷とシマエナガ」
これは北海道でもなかなかチャンスがありません。霧氷が出ている時間帯にシマエナガが来てくれないといけませんから。なんか今年はシーズン最初からすごく撮れ高がいいです。
(X-T2 XF100-400mmX1.4 4Kからの切り出し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

シマエナガちゃんたちからのクリスマスプレゼント

Adscf3149a

今日はシマエナガちゃん達よく働いてくれました。ほんと何度も来てくれて。それこそ4K切り出しでも、本の表紙にしてもいいようなカットがいくつか撮れています。ホワイトクリスマスのシマエナガ・グリーティングです。
Adscf3133b
そして、こちらは一足早くお正月用バージョン。
どちらも4K動画なので、降っている雪はよく撮れています。しかも他のカメラマンがいなかったので、音もバッチリ。なかなかこんなチャンスはありません。
シマエナガちゃんたちからのクリスマスプレンゼントかな。
みなさんメリークリスマス。
(X-T2 XF100-400x1.4 4Kからの切り出し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

文化放送の生放送おわりました

15542386_1273703655998919_905221676

15665427_1273703662665585_704925379
文化放送の生放送終了しました。1週間はradicoのタイムフリー視聴で聞くことができるそうですので、ぜひよろしくお願いします。
放送が終わってから、この文化放送効果と、レイザーラモンRGさん効果もあって、再びAmazonの順位が上昇中です。現在総合の205位。コミックや小説、一般書も含んだ中での順位ですので、とてもすごいことです。
しばらく在庫切れでご迷惑おかけしましたが、今ならAmazonにも大手書店さんにも在庫ありますので、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイザーラモンRGさんがあるある tweet を

Rg

レイザーラモンRGさんが、またまた「あるある tweet」してくださいました。
とても嬉しいです。鳥好きなRGさんありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のお昼の文化放送のラジオにでます

Aimage

今日の文化放送の「くにまるジャパン」の中の「本屋さんへ行こう!」のコーナーで小原登場します。昼12時7分〜25分ぐらいの予定です。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

東直子さんに褒めていただきました

歌人で作家の東直子さんにtweeterでとても嬉しいお褒め言葉をいただきました。こちらです。
https://twitter.com/higashin/status/808109401068310528

15107247_1264923303543621_2002878_4
それにしてもさすが歌人です。
「雪でつくったおにぎりみたい」って表現は素晴らしいなあ。さすが歌人だと思います。可愛いし、食べるわけじゃないけど、なんか美味しそうな幸せ感がします。
 そして言葉で可愛さを表現するって、こういうことなんだなあと、しみじみ思いました。視覚の情報が、味覚や、おにぎりにぎる触覚に繋がってきます。五感に繋がるような表現力を言葉ってもっているのですね。
とてもいい褒め言葉をいただきました。
 東さんどうもありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

心斎橋鳥フェス

15492298_1262865020416116_753186414
 大阪の皆様

 今日11日(日曜日)は大阪心斎橋の鳥フェスで、「シマエナガちゃん」のサイン会を開催します。当初は17時からの予定でしたが、変更して11時の開始時から行います。
 鳥フェスは最初の11時入場の回以外は当日参加も可能なようですので、シマエナガちゃんのサイン本ご希望の方はぜひお越しください。ポストカード3枚つけています。Amazonや多くの書店では在庫切れになっていますが、ここではサイン本で入手できます。
 また「シマエナガちゃんフォトフレーム」も3,000円で販売中です。簡易的なオリジナルプリントですが、この値段での販売はそうそうできません。
心斎橋鳥フェス (入場料かかります)
12月11日 11:00-18:00
場所:アロハアミーゴ南船場
大阪府大阪市中央区南船場4丁目10-5南船場SOHO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

麻美ゆまさんと対談してきました

15337401_1259869384049013_208236939

麻美ゆまさんと週刊大衆の企画で対談させていただきました。
とっても綺麗な方で嬉しかったです。
記事は年明けに掲載の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 8日 (木)

ブル中野さんのブログで取り上げられました

ブル中野さんのブログで、ご紹介いただきました。とても人気のある方にとりあげていただき嬉しいです。どうもありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

不肖宮嶋さんと対談しました

15380354_1258331480869470_159256145

売れっ子報道写真家の「不肖宮嶋」こと宮嶋茂樹さんとツーショット。日刊ゲンダイの年末年始号で対談が掲載されまーす。二人ともFRIDAYの創刊時に活躍したカメラマンです。
15356712_1258365247532760_159297813
モノクロライカで撮りました。
宮嶋茂樹さんの写真展9日から大阪のフジフイルムフォトサロンで始まります。
http://www.fushou-miyajima.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 6日 (火)

北海道文化放送「みんなのテレビ」シマエナガを探せ

15327815_1141514759295876_453664424

15310268_1141514659295886_114739069
15328259_1141514679295884_206263267 15328391_1141514765962542_139016023 15328392_1141514675962551_173177457
こんな感じの放送だったそうです。
キャスターさん自ら2冊購入とのこととても嬉しいです。
本の在庫切れで多くの書店さん、購入希望者の方々にご迷惑をかけていてすみません。札幌の紀伊国屋さんには今日入荷したはずと聞いております。ポストカードもつけて販売しています。
宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

北海道文化放送 12/6火曜15時50分~19時 「みんなのテレビ」

北海道文化放送 
12/6火曜15時50分~19時 「みんなのテレビ」でシマエナガを探せ!

のロケ含めた約10分、小原電話インタビュー、動画提供、写真集表紙と写真何枚か…放送されます
北海道のみなさん宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おとなスタイル」のWEBで紹介されました

1_2

“おとな”のハートをわしづかみ♡「白くて小さいもふもふちゃん」の正体とは?
「おとなスタイル」のWEBで紹介されました。 私たちの狙いの一つは「おとなの働く女性を癒す本」だったので、こういう評価はとても嬉しいです。
http://otona-stylemag.com/posts/today/17992.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

アザラシウォチングについての講演を行います

A3168_074

1月14日にアザラシの赤ちゃん(ハープシール)に出会う旅についての講演を行います。一般参加可能ですので宜しくお願いします。著書の販売も行います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「シマエナガちゃん」の構成の草案です

Dscf9787_new

配信が遅れて今日配信したメルマガ(有料)のタイトルと目次です。
ー動物写真家 小原玲のメルマガ 「好き!」を美しく撮りたい Vol.71「シマエナガちゃん」の構成案
■目次
【1】第1楽章「雪の妖精」
【2】第2楽章「軽快に遊ぶ妖精たち」
【3】第3楽章「春のおとずれ」
【4】第4楽章「子育てと巣立ち」
【5】Q&Aコーナ
ーーー
「シマエナガちゃん」は撮影中から写真集に仕上げることと、どんな構成にするかを大雑把に考えて撮影していました。その内容を記しました。音楽の交響曲をイメージしています。
これらは編集者やデザイナーにも伝えていない、あくまでも撮影時の草案です。だからこそ写真を撮る方、写真集を作ってみたい方にはとても貴重な情報になると思います。
そしてとっても重要な第一楽章の撮影地情報も入れてあります。
シマエナガの写真を撮って見たい方、写真集作りを学んでみたいかた、にお薦めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 2日 (金)

ブル中野さんに「シマエナガちゃん」お届けしました

Aimage1111
そしてこちらは講談社森専務への3刷報告の後に、担当編集者の行きつけの店の「中野のぶるちゃん」です。「GIRL'S 婆BAR」というジャンルのお店だそうですが、そんなことありません、スタッフのみなさん自然体でお綺麗でした。

はい、「シマエナガちゃん」持ってご一緒に写っていただいたのは、あのブル中野さんです。先日「しくじり先生」にも登場したばかりです。
「わー、この本可愛い」とお褒めいただき、私もとても嬉しかったです。
実は私の妻の小説家の堀田あけみ(代表作「1980アイコ16歳」)は、隠れた女子プロレスファン、「ブル中野さんに会ったよ」と伝えたら、
「いいなあ、大好きです。
きちんと戦えるヒールで、何より綺麗だったもん。」
とスマホでメッセージを送ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講談社の森専務に3刷を報告しました

15319527_917222525045827_1608290404

 講談社の森専務と「シマエナガちゃん」の担当編集者仙波久幸さんと会食しました。実は森専務がFRIDAYの鬼デスクだった頃に、仙波氏が新入社員でFRIDAY配属、私がカメラマンとして参加していました。
 かつての鬼デスクに3刷を報告、「よし、もっと頑張れ。次は○万部行ったらまた飲もう」という感じでした。
ほぼ30年経って、こうしてまた新しい別のジャンルの仕事でご一緒できたのはとても嬉しいです。
「シマエナガちゃん」の怒涛の広報活動は、この仙波氏によるものが大きいです。仙波氏はFRIDAYから週刊現代を経て、FRIDAY編集長となり、その後現職にいますが、根っからの報道畑。なのに自ら書店回りまでしてくださる熱の入れかたです。
 ほんとこの人と本を作ってよかったと思います。
「あっ、本の中身はこんな親父だけで作っていません。」
仙波さんもそれはちゃんと判っていて、若くて可愛らしい女性編集者の熊木千裕さんと、実はとっても美人な仙波夫人の御意見を生かし(これが見事にツボを得ていた)、さらに解説には♪鳥くんに参加してもらい、売れっ子ADの三村漢さんにオシャレに仕上げてもらいました。そうやってFRIDAY親父臭を抜いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »