« CP+を干された代わりにこれが撮れた | トップページ | HBC「今日ドキッ!」でシマエナガ動画が »

2017年2月25日 (土)

ニコン頑張れ!

 ニコンが本格的にミラーレスに参戦するというニュースが流れてきましたね。本当はこれをDfのころにやっていたら、人員削減なんてしなくて済んだかと思いますが、これでまだ起死回生のチャンスになるでしょう。
 私は東京オリンピックでもっとも使われたミラーレスメーカーが、その後のカメラメーカーの中心になると思っています。キヤノンは史上最高のフルサイズ一眼レフでのぞむでしょうが、それはほおっておいて、数は少ないでしょうがオリンピックで使えるミラーレスをどのメーカーが完成させるか、オリンピックはテレビでカメラがいっぱい映る広報の場でもあります。
 で現行のミラーレスメーカーはどれも超望遠レンズが1本ぐらいしかありません。しかも明らかになっている開発計画ももう1本ぐらいです。とても数が少ないです。
 それに比べてニコンは現行のFマウントの望遠レンズがいっぱいあります。もしミラーレス(APS-C)のボディを作り、高性能のAFアダプターを作れば、一気に一番望遠レンズが多いミラーレスメーカーになります。とくに300mmや500mmのような小型のレンズは、そのままミラーレス用としても成り立つでしょう。
 なのでオリンピックミラーレスに一番近いのは、今ならニコンの逆転がありえるのです。
 ミラーレス勢はオリンピックという大チャンスに、ニコンを抜かさないといけないのに、肝心の望遠レンズの開発はゆっくりしすぎです。ここが将来の明暗をわけるかと思います。
 でキヤノンの究極のフルサイズ一眼レフと、これらのオリンピックミラーレスは価格差で4倍ぐらい違うことになるでしょう。これが一眼レフの終焉の姿です。
 もう一つニコンにはフルサイズミラーレスなんて中途半端ものは作らないで、一気にフジと同じ中判とAPS-Cで勝負するのが得でしょう。これが現行のFマウント資産を一番生かすと私は思っています。
 中判センサーは何も全面で使うばかりが能ではありません。正方形クロップでFマウントセンサーのイメージサークルいっぱい使えば、それだけも面白いです。
 そして中判全面にはFマウントのシフトレンズをアダプターで使えば、イメージサークルをカバーするでしょう。こちらの方がミラーレスの魅力を、フルサイズミラーレスよりも享受していると思います。
 それにしてもこれから面白くなってきそうですね。
 ニコン頑張れ!

|

« CP+を干された代わりにこれが撮れた | トップページ | HBC「今日ドキッ!」でシマエナガ動画が »

コメント

こんばんは。
ニコンの一番の問題点は、エンドユーザー軽視の姿勢ですね。まずD600のダスト問題でひんしゅくを買い、DLはカタログまで作りながら結局販売中止。実は、一眼レフDfの開発に当たった後藤氏を経営中枢から外した頃から、ほころび始めていたのではないでしょうか。福岡と札幌のSCを閉鎖したので、プロ登録されてる方々は困っておられます。ニコンの復活は並大抵ではないと思います。

投稿: 花火1番 | 2017年2月26日 (日) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147491/64940265

この記事へのトラックバック一覧です: ニコン頑張れ!:

« CP+を干された代わりにこれが撮れた | トップページ | HBC「今日ドキッ!」でシマエナガ動画が »