« シマエナガとその暮らす環境:樹液のツララ(2月) | トップページ | 動物写真が撮れるカメラの価格差 »

2017年9月16日 (土)

ソニーRX10M4が動物写真を変えるでしょう

RX10M4というカメラは、今まで最低でも40万円から100万円は機材に必要だった動物写真を、19万円で撮れるものにしてしまったカメラです。
しかも今まで大きな三脚と大砲レンズを抱えていたような、超望遠撮影もこれ一つで可能にします。
そして秒24コマのAF連写は、なまじのプロ機よりもシャッターチャンスに有利でしょう。
正直私が動物写真家志望の若者なら、一眼レフとか600ミリとか買わないで、このカメラで、残りの予算を取材費にかけてデビュー作を作ります。身近にいいテーマがあれば、この身軽さから必ず良い作品ができます。
B全ポスターの仕事なんて、ほんとしばらくご無沙汰です。1インチのセンサーでもその特徴を理解して上手く使えば、写真集なら問題ありません。

RX10M4の作成が掲載されています。カワセミの写真の解像力みてみてください。

|

« シマエナガとその暮らす環境:樹液のツララ(2月) | トップページ | 動物写真が撮れるカメラの価格差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソニーRX10M4が動物写真を変えるでしょう:

« シマエナガとその暮らす環境:樹液のツララ(2月) | トップページ | 動物写真が撮れるカメラの価格差 »