« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月28日 (水)

アザラシウォッチング参加者の様子です。

Chateau Madelinotのアザラシウォッチングのツアー参加者の様子です。
可愛らしい赤ちゃんを見ると、ついつい触ってしまいがちなのですが、そこを我慢すると、とても自然な仕草を色々と見せてくれます。
Adsc02774
なのでアザラシの赤ちゃんはこちらから触るよりも、向こうから触ってもらう方が嬉しいですね。
Adsc03611_2
そしてアザラシの赤ちゃんだけでなく、この広大な流氷の上にいることも、存分に楽しんでください。ここは360度が白い水平線で、地球で見ることができる一番広い大自然です。
Adsc04258
今年はこの10年で一番の氷です。氷がいいと晴天が続きます。シーズン始まってから、1日だけ雪で欠航しましたが、5日ヘリが飛んでいて、そのうちの4日がこんな晴天です。なので今年は久々の当たり年といっていいかと思います。
ツアーは3月8日まで開催されています。その気になれば今からでもくることが可能です。Chateau Madelinotには期間中は日本人スタッフも滞在されていますので、日本語で予約も可能です。あとは空港名Iles-de-la-Madeleine (YGR)まで来るだけです。行程によってはトロントかモントリオールで行き帰りに1泊ずつする必要があります。
 撮影にご協力いただきました、ツアー参加者の皆様ありがとうございます。
(SONY α7R3 FE24-70/2.8GM)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

SONY α7R3の描写性能がいいから、ついつい

Adsc09462

カメラの描写性能がとても良いから、ついついこういうワイドな写真を撮ってしまいます。アザラシの赤ちゃんは広角から望遠まで色々なレンズを使って楽しめる被写体です。
(SONY α7R3 FE24-70mm/2.8GM F11 1/320sec ISO100)

Adsc05046
こちらは標準レンズでの撮影です。このツアイスレンズも好きですねー。ISO50があるので、快晴の流氷の上でもなんとかF1.8まで開けられました。カナダアマゾンでNDフィルター取り寄せ中。
(SONY α7R3 FE50mmF1.4ZA F1.8 1/8000 ISO50)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月26日 (月)

SONY α7R3を持って来て良かったー

Adsc03186

 今日の流氷とアザラシの赤ちゃんです。朝は快晴でした。
 写真は画素数で良し悪しが決まるわけでは、決してないですが、こういう光景を目にすると、ほんと4,240万画素のソニーα7R3を持って来た本当に良かったと思います。
Adsc03153
 白の世界の階調は画素が多いほうが、もちろん階調情報が多くなるわけです。
今回の撮影は3年越しの撮影です。地球温暖化で次にいつ撮影が可能かも判りません。どうせ撮るのなら今の最高画質のカメラで撮っておきたいわけです。
 この場所には世界中からプロカメラマンが集まるのですが、今年のトレンドはα7R3かニコンD850のようです。みんな高いお金払っていくのなら、最高画質で撮りたいのですね。
 そんな中、EOS 5DMark4のユーザーが「3,000万画素でもまあ大丈夫ですよ」となぐさめられています。平昌五輪ではEOSが大活躍だったのに、アザラシではこんな立場になっているのが面白いです。
(SONY α7R3 FE24−70GM)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年2月25日 (日)

これから来られる日本人旅行者のみなさま

Adsc02139
 アザラシの赤ちゃんが首を長くしてお待ちしております。
 今年は10年に1度ぐらいの当たり年になりそうです。
 ロストバッゲージが私を含めて2名すでに発生しています。仮に荷物が着かなくてもアザラシウォッチングができるような配慮をして、機内持ち込み手荷物を厳選してきてください。私が必ず入れておくのが愛用の手袋とカメラの充電器です。
 私の荷物は2日遅れで今日の夜に届きましたが、3泊の人だったら明日出発ですので、半日しか荷物が使えないことになります。
(SONY α7R3 100-400)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

アザラシの赤ちゃん 2018年

今日撮影のアザラシの赤ちゃんです。 Adsc09968_2

さすがにα7R3の4240万画素の描写は凄いです。今まで色々なカメラでアザラシの赤ちゃんを撮ってきましたが、解像はダントツです。
(α7R3 FE100-400GM)
Adsc01370
そしてシマエナガと違って、小さくないし、飛んでいかないので、撮りやすいこと撮りやすいこと。お母さんと間違えて寄って来るので、標準ズームでも写真が撮れます。匂いをかいだら、「違う、加齢臭がする」とすぐに行ってしまいますが。
α7R3の4240万画素センサーも凄いが、ソニーのGMレンズもまた凄いです。これだけ毛の一本一本まで描写できる解像は、凄すぎます。
(α7R3 FE24-70/2.8GM)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

エアカナダさんやってくれます

Img_20180221_194717

Lost_2
 エアカナダさんやってくれます。
 いきなりロストバゲージです。名古屋ー成田ーカルガリ経由ートロントの乗り継ぎの便だったので、心配はしていたのですが、カルガリの入国審査時までは荷物は着いてきました。でも最後のカルガリートロント間でロストバッゲージ。
 ほんとこの航空会社ではよくあります。国内の2社が一つになって、現在のエアカナダになってからは、アザラシ取材では毎回、ロストバッゲージ、フライトキャンセル、オーバーブッキングのどれかに当たります。
 天候でのフライトキャンセルは致し方ないのと、オーバーブッキングは謝金目当てで席譲りの常連の私はむしろ歓迎なのですが、ロストバーゲージは痛い。
 撮影用の予備機材なのですが、予備とはいえカメラやレンズですから、ないと困ります。
 いつ出てきてくれるかなあ?今までの経験では、翌日なんていうのは滅多になく、普通は数日なんですよねー、滞在が短い人だと荷物なしで滞在続けざるを得なかった人も何人も見ています。
PS.荷物見つかったようです。カルガリのX線検査で引っかかって、遅延したようです。連絡が滞在予定先のホテルに来ていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

第3回朝日中学生高校生フォトコン」の表彰式壇上でパチリ

A_dsc00409

 本日群馬県高崎市で表彰式があった「第3回朝日中学生高校生フォトコン」の表彰式で、審査員特別賞小原玲賞を受賞した藤岡北高校2年岩切咲蘭さんの壇上の写真です。
 この学校の生徒たちは上位入賞の常連なのですが、いつでもどこでも写真を撮る子達で、賞状の文面を読む私も壇上でしっかり彼女に撮られました。
 でも百戦錬磨の元報道カメラマンの私は、負けていられません。撮られた後に、賞状を持った彼女をソニーRX0でこちらもパチリ。いい笑顔が撮れました。
 写真のアップを了解してくれた岩切さんありがとう。あなたはとても写真センスがありますので、今後にもとても期待しています。リンク先には昨年最優秀の朝日新聞社賞を撮った彼女の作品が載っています。今年は次点でしたが、2年連続上位はすごいことです。
http://www.asahigunma.com/photocon.html#photocon_j
 また彼女に限らず今回、いろいろな写真を見せてくれた高校生・中学生たちありがとう。こちらもとても刺激になる写真がいっぱいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

小原玲撮影シーン(雪男バージョン)

A40_dsc00395_3

 昨日に続き、ビックカメラ有楽町店でトークをします。それぞれ14時、15時半、17時の3回です。宜しくお願いします。
 こんな「雪男」みたいな格好で何を狙っているかも、撮れた写真とともにトークでお話します。
 報道写真界で伝説のカメラマンと言われている、某通信社のベテランカメラマンのHさんもRX10M4を手にトークにご来場いただき、RX10M4で新聞の1面を飾った話などをお聞きしました。
(RX0 で撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

2/10.11にビックカメラ有楽町店でソニートーク

Ev_180210_014_2
今度の土日2/10.11にビックカメラ有楽町店でトークをします。それぞれ14時、15時半、17時の3回です。
今回はソニーのα9, α7R3の話を中心に、RX10M4にも少し触れます。
新作のシマエナガの写真をいっぱいお見せしますので、カメラファンならず、シマエナガちゃんファンの方にもお勧めできます。
小原はその時に撮りたい被写体に、一番適したカメラを選び使用します。1年に1度しかない貴重なチャンスを撮らないといけない野生動物の写真では必須です。そうして選んだカメラでのシマエナガちゃんの新作、乞うご期待ください。
よろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »