« 今年の小原のアザラシ写真は何か違う | トップページ | 霧が出始めました »

2018年3月 2日 (金)

ソニーPlanar T*FE50mmF1.4ZAでの絞り開放撮影

Adsc08503
(α7R3 FE50mmF1.4ZA F1.4 1/5000 ISO50)
今年はまっているのがソニーPlanar T*FE50mmF1.4ZAでの絞り開放撮影です。このプラナーは開放からとてもシャープです。コンタックス時代のプラナーは開放ではとても甘くて、こんな撮影には使えませんでしたが、このソニープラナーは問題なくこれが撮れます。

Adsc08862

(SONY α7R3 FE50mmF1.4ZA F1.4 1/8000 ISO50 ND)
 別に絞り開放で撮るのは変わった技法というわけではないのですが、それが可能なレンズやAF性能自体が今までなかったと言っても過言ではありません。一眼レフだとF1.4開放のピント精度はなかなか出ません。
 ソニー+ツァイスのこの素晴らし描写のレンズと、センサー面でピントを合わせるα7R3のような高解像ミラーレスカメラがあってこその技法です。

|

« 今年の小原のアザラシ写真は何か違う | トップページ | 霧が出始めました »

コメント

F1.4での描写、シャープさとボケの美しさ、すごいですね!アザラシの赤ちゃんに触ってもらったら、きっと愛おしさで一生記憶から離れることはないのでしょう。実感することが理解すること。とある大統領にもゴルフの時間を少し削っていただいて、是非一族でツアーに参加してもらいたいものです。。。。

投稿: もやし | 2018年3月22日 (木) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147491/66452438

この記事へのトラックバック一覧です: ソニーPlanar T*FE50mmF1.4ZAでの絞り開放撮影:

« 今年の小原のアザラシ写真は何か違う | トップページ | 霧が出始めました »